ミドリーズ

ここでは、ミドリーズ に関する情報を紹介しています。
会社の裏口を出ると2メートルぐらい下をドブが流れている。
畑一つ分下ったところで、大きな川に合流する。
その川には、カメと鯉がたくさんいて、水位が上がるとドブにもカメが入ってくる。
事務所のSちゃんは、そのカメが見たくて仕方ないらしいのだが、
よほどそーっと覗かないと、危険を察知してチャぷんと潜ってしまうのだ。


さて、ある日、職場に何か這うものを発見した。
小さなミドリガメだ。
まさか2メートルのドブを上ったはずはないし、
裏の畑からでも段があるから超えられないだろう。
川べりの土手をのぼり、畑とアスファルトの駐車場を通ってきたのだろうか。

ともかくそいつを捕まえて、Sちゃんに見せてやった。
Sちゃんは大喜びで、事務所の全員がなんやなんやと集まってきて大盛り上がりだ。
さんざん遊んだあと、さてこれをどうするかとなり、結局ドブに逃がしてやった。
あとになってSちゃんは「飼えばよかったかな~」と後悔していた。

数日後、私が掃除をしていると、棚の下にうずくまるものを発見。
小さなミドリガメだ。
私は、机の上でゴミ箱として使っている容器にカメと水を入れた。
水を得て活発になったカメをSちゃんに見せてやると大喜び。
今度こそ飼うと、家に持ち帰った。


そしてさらに数日後、雨降り後だし、仕事がヒマだったので裏の雑草を抜いていた。
その流れで会社の畑側を覗いてみると、そこの草が大変なことになっていた。
めったに行かないところなので、知らないうちに草が大株に育っていたのだ。
こいつはとりあえず大物だけでも抜いておこうと軍手を付けて抜き始めた。
特に大きいやつを両手を使って踏ん張って抜くと、なにやらポロンと出てきた。

小さなミドリガメだ。
しかも2匹いる。
冬眠していたのだろうか。
踏んでしまうといけないので、横にどけて草抜きを続ける。

またいた。
草の根元にうずくまっているのやら、土にうずまっているのやら、
まるでカメの鉱脈のように、次から次へと見つかる。
こうなるとカメだけに集中して草取りをすることになる。
抜き終わった後も、丁寧にカメ点検だ。

結局、8匹捕まえた。
Sちゃんが、こういっていたのを思い出した。
「最初のカメを飼っていたら、二匹になってトモダチできたのに」
さあ、これで野球チームができるだけになったぞ。

例のゴミ箱に水と8匹のカメを入れてSちゃんに見せたら、
「うひゃー」と声をあげてビックリしていた。
その中の一匹を、お友達として持って帰ったそうだ。
一匹かい。

翌日、カメが登れるように石が入れてあった。
その午後、下に砂利が敷かれていた。
横には『カメのエサ』という箱が置いてあった。
事務所で飼うのか。

そんなわけで、ゴミ箱が無くて困っている。



カメら






↑店長が自分で見つけたくてカメ探しばっかりしてるけどクリックしてね。





グズでノロマだけど
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ミドリーズでトケ井が一杯かと思ったら
ホントにミドリ(複数形)だった。

以前にも事務所のカメ話あったなぁ、どんな話の運びになってたかしらと「カメ」でブログ内検索掛けたらカメはもちろん
「ツル・ハゲ・じっとり靴下・ヤスデ」がどっさり出てきた…そうそう、隊員が写真希望してましたね、お知らせしときますわ。
2016/05/13(金) 07:20 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
2016/05/13(金) 22:04 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
うああああ!飼いきれずに捨てられて繁殖したミドリガメがすでにに800万匹野生化しているという記事が新聞に載っていましたが、そんなに簡単に何匹もみつかるなんて、ホントのことなんですね。2020年には輸入禁止になるそうです。
うちに20年くらい前に息子が知り合いのおじさんにお祭りで買ってもらっちゃったミドリガメがいますが、正直言って、飼育は・・。
ホントのカメ好きならいいけど、大変よ。小さくてミドリで可愛いのは最初だけで、でかくなるし。臭いし。
私は触らないし、見ないです・・。
息子はいつも大汗流して水槽とカメを洗っています。
2016/05/13(金) 22:58 | URL | 宝香 #CpM.Emfc[ 編集]
こみさん
今日の写真とイラスト
コラボ 凄くいいね
2016/05/14(土) 07:38 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
宝香様のおっしゃる通り
臭いし、おっきなるし、長生きします
妙齢のSちゃんがウチくらいのおばはんになるまで…

内緒やで

経てから
意外と知られてないのは
甲羅が腹まで続いてて、着脱式ちゃうということです
2016/05/14(土) 10:44 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
残念ながら、トケ井ではなくミドリガメのことでした。
でもミドリガメって、ミシシッピアカミミガメなのよね。
赤じゃん。
懐かしいなあ。
今年はヤスデが出なくて安心してます~

ポール・ブリッツさん>
開発されたのか……
忍者タートルズの発端かも。
一部カブトガニみたいな写真もありましたが。
素材はなんなんだろう?

宝香さん>
でしょうね。
徒歩通勤で川を覗いてみると、大人のミドリガメがウヨウヨいますよ。
みんな祭りのカメすくいで取ったやつを逃がしたんだろうなあ。
それでもやっぱり小さいうちはかわいいのよね。
2016/05/14(土) 20:57 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
りらさん>
久しぶりの写真です。
ミドリガメにオレンジの容器ってのがいいでしょ。
どうやらこの入れ物は返してもらえないようです。

かめさん>
大きいやつはかなりの重量がありそうですよね~
何年物やろ?
ええっ!
甲羅は脱げないの?
2016/05/14(土) 21:01 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
鉄製です。アメリカ軍の上陸作戦が多発するにしたがって開発されたもので、これをかぶってはいずりながら敵の銃弾を跳ね返して肉薄し攻撃するのであります!

問題は足がむき出しのうえ敵の機銃弾やライフル弾はこのくらいの鉄板など軽く貫通してくるし、だいいち戦車といわずとも装甲車に踏まれたら命がないことですが、そんなことなど忠勇無双の大日本帝国陸軍の軍人には大したことではないのであります! とほほ。
2016/05/15(日) 21:09 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
ってことは、
重い上に身は守れず、格好悪くて動きにくく、
しかも磁石にはくっついちゃうのね。
渋谷辺りにいそう。
2016/05/16(月) 22:39 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3783-daa074ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック