そういえばウソをついた

ここでは、そういえばウソをついた に関する情報を紹介しています。
家を出るとすぐにT字路だ。
私はTの字の縦棒を下から横棒に向かい、左折する。
その交わる点に近づいた時、横棒道の左右からけたたましい声が聞こえてきた。

「うがあああー」

「ちゅいいいいん」

女子中学生だった。
やつらはお互いの姿が見えた段階からけたたましい大声で会話を始める。
そしてTの字の交点でいっしょになり、左へ歩いていく。
だったら左から来たやつは、そっちで待っていればいいではないか。
ちょうどそこに出くわした私が気まずいわ。

もし、我々をGPSで観察しているグループがあったとしたら、
三方から点が集まり、一緒になって左に行ったように見えるはずだ。

「隊長、こみが女子中学生たちと一緒になり移動を始めました」

「なにっ、それは危険だ。実動部隊を派遣しろっ」

なんてことになったらどうするのだ。
実際は無視されているのだが。

そこから十分ほど歩いて、はた、と気が付いた。
そうだ4月になったのだ。
やつらは新中学生、だから今年から通学路が変わったのだ。
なるほど行動が幼稚だし、何を言っているかわからないわけだ。


それでもう一つわかったことがある。
会社に近づいた辺りのとある駐車場にいつも母子が立っていた。
幼稚園の送迎バスを待っているのだ。
この二人がまだいると時間が早め、もういないとちょっと遅いということだ。
ちょうどバスが来て乗っていくところを目撃したこともある。

この親子をしばらく見なかったので、自分が遅いのだと思っていた。
確かに徒歩通勤に慣れてきて、家を出る時間がゆっくりになりつつある。
でも、そうではなかった。
あの子は小学生になったのだ。

ところが、あの幼稚園のバスはときどき見かけている。
この幼稚園はなかなかの大所帯で、バスも3台所有しているのだ。
汽車の形のや、動物の顏をしたバスが町中をあっちこっちと走っている。
ああ、今度はあちらにお迎えに行く子供がいるのだな。

考えてみればバスの運転手さんは大変だ。
毎年お迎えコースが変わることになる。
一年通り慣れた道なのに、4月ごとにまったく新しい道を覚えなくてはならない。
私の記憶力だったら、ようやく覚えたころだろう。

その近所に住んでいる人もびっくりだ。
ある4月から突然ライオン顏のバスがやってくるようになる。
初めは何事かと思っていたご近所も、徐々になじんでくるだろう。
で、あのバスが来たからこの時間、と生活に溶け込んだころ、
また4月がやってくるのだ。





↑あのお母さんにももう会えないけどクリックしてね。






ご不審なものはエプロンですから
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う~ん、開けた時から考えているんですけど
でもってじっくり読み返したんですけど、お題の「そういえばウソをついた」ってどういうこと?

今日の記事に関係ないけど嘘はついていない話。
先日たまたま付けたテレビで昭和の曲だったかやっていましたの。
その時映っていたのが「松山千春」
そこで猫団子と飼育係の会話
猫団子「これ、若い時やんな」
飼育係「そやな、髪ふさふさやもん」
猫団子「そこ?歌とる曲じゃなくて?(^▽^;)」
2016/04/12(火) 07:07 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
今日の記事を読んで以前の記事を
思い出し一人で笑ってしまいました

こみさんのその時の記事以下抜粋

あいつらは 友達 百人作るから油断出来ない・・・・

のような 内容の記事でした

猫団子さんなら 何時の時か知っているかもしれませんね

2016/04/12(火) 19:31 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
りら姫様すみませんそのものずばりコレという記事が思い浮かびません
2016/04/12(火) 20:14 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
うふふうふふ、猫団子さんを翻弄すると気分がいいなあ。
そういえばウソをついたってのは、
そういえば4月1日を過ぎてた、ってことですよ。
こういうタイトルつけるから、あとでわからなくなるんだけど。
ちょうど昨日、北海道の増毛駅の話題をテレビで見ました。
そのBGMが松山千春でした。
確かに北海道の人だけど…
2016/04/12(火) 21:14 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
りらさん>
昔の記事を覚えてくれてるなんてうれしいなあ。
どうも子供とはウマが合わないようです。
きっと猫団子さんなら教えてくれるでしょう。
私は覚えてないけど。

猫団子さん>
そのものずばりやと思いますぞ。
ああ、こんなことを考えていたのね、ワシ。
2016/04/12(火) 21:18 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3752-57cac65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック