外に出なさい

ここでは、外に出なさい に関する情報を紹介しています。
いつもの居酒屋の常連でただ一人、Sやんだけが私のことを「たぬちゃん」と呼ぶ。
これは75歳のSやんの一人伝達ゲームによる伝達ミスが原因だ。

何度もここに登場したが、この店の常連にはスキンヘッドが多い。
少なくとも4人が週に2回以上は来ている。
私はバリカンで刈った坊主頭だから本来はこの仲間ではないが、
どうしても見てくれ上同一グループとみられることが多い。

その状況を見て、Sやんは私を『小坊主』と言い出した。
スキンヘッドじゃないから4人の僧侶の下っ端扱いだ。
自分で言いだしたのだが、これをある日『子だぬき』と言い間違えた。
もちろん酔っぱらっていたのだ。
なのになぜかこちらがSやんの記憶中枢に刷り込まれてしまった。


水曜日、いつもの居酒屋に行くとちょうど店の前でSやんに会った。
私が先に入るとまだ誰もいない。
カウンターの一番奥に座る。
多分Sやんが隣に来るはずだ。

ところがなにやらゴソゴソしていてなかなか席に着かない。
厚着をしている下からなにやら包みを取り出した。

「今日はこいつを持ってきた」

いったいなんだろう。
すると突然、

「タヌは外!」

と叫んで私に豆を投げるではないか。
そうだ、今日は節分だ。
厨房から出てきた女将さんは大喜びで「この店の豆まきは任せた」と言っている。

Sやんは店内に「福は内」をし、玄関から外に向かって「鬼は外」をした。
そしてまだ残っている豆を包み直す。

「これはコウジが来たらぶつけたるんや」

コウジとはSやんの甥っ子で、この店の常連の一人だ。
彼が来るとは決まっていないのだが、カウンターの真ん中に座って待っている。
待っている、と書いたが、待って居る間もなく、ちょうどコウジ氏がやって来た。
「おう」と言ってSやんの横を素通りし、私の横の席に座った。

Sやんは懐からまた豆の包みを取り出そうとしている。
手元に置いておけばいいではないか。
私は奥からコウジ氏の方を向いているからSやんが準備しているのが見える。
でもコウジ氏は私の方を向いてしゃべっているのでSやんに気付かない。

準備が整ってSやんが立ち上がった。
コウジ氏は気付いていない。
Sやんが豆を投げた。

「タヌは外!」

タヌはワシやないか!

「あ、まちがえた。『コウジは外』やった」

こうして私は初めて自分が『タヌ』であることを認めてしまったのだ。





↑恵方巻食べてなかったからイワシを食べましたクリックしてね。






風の季節だからね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
な毛無しのイッポンが危うい
変換がお約束だわ。
そうやって認めていくんですね。
2016/02/05(金) 06:53 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
○げ武者をつくればいい!

こみさんは「タヌ」なのか?
こみさんはよく「筋斗雲」に乗るから「孫悟空」ならぬ「こみ悟空」だと思っていた。

ヘンシン用の葉っぱが飛んで行って、変身できなくたっていいじゃないか。
こみさんは、かみの毛を使って分身の術が使えるのだから…

おり良く、ヨンホンゲのイッポンがぬけた。
このぬけたイッポンを使って、分身の術で、
こみさんの○げ武者をつくればいいのだ!

※○の箇所にはお好きな文字を入れてお読みください。(例えば「は」)

○げ武者をつくればいい!

2016/02/05(金) 09:52 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
『な毛無し』って『毛無し』よりない毛が、いや、気がする~
あっ、それは認めませんよ。

chan.na.oさん>
タヌじゃないですよ。
悟空でもないですよ。
もちろん、○ゲ武者でもないからな。
おり良くってなんや。
2016/02/07(日) 21:42 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3682-11dcc017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック