人の手による機械的作業

ここでは、人の手による機械的作業 に関する情報を紹介しています。
この日が来てしまったか。
と思うのは会社で使っている機械を拭くタオルのことだ。
商品を乗せる部分はメッキ加工されているが、汚れは少しずつ溜まっている。
だから毎朝機械を拭くたびに、少しずつタオルが汚れていく。

タオルは家庭の古物を八つ折りにして使っている。
汚れたら次の面、そこも汚れたら折り直して裏を使う。
こうして8面すべてが汚れてしまった。
となると洗濯だ。
明日から雨、という予報が出ているからまさに洗濯日和だ。

洗濯自体はそんなに苦にならない。
だいたい出勤して30分は機械を起動させて暖める。
ラジオ体操を終えてコーヒーを飲んでから、
店ののぼりや百円ワゴンを出すまでにはフリーな時間がある。
この時間に洗濯をすることは可能だ。

ただ、問題なのは私の体だ。
先日の寒波の折り、ついにアカギレが「ピチッ」っと切れてしまったのだ。
思わず声が出てしまうほどのあの痛み。
現在は右手親指と、左手人差し指の先端が割れている。

ビニール手袋もあるのだが、手首部が短い使い捨てタイプだ。
これではザブザブ洗うことはできない。
なるべく手を使わない方法を考えねば。
とはいえ足で踏んだり棒でたたくわけにはいかない。

そこでひらめいたのが『浸け置き洗い・イン・お湯』だ。
私はバケツにタオルと洗剤を入れ、お湯で浸し、
いつも洗濯をしている外の流し台に置いた。
あっ、運送屋さんが普段より早く来た。
受け取りをしなくては。


トイレに行ったとき、外の流し台のバケツから湯気が出ているのを発見した。
のぼりやワゴンを出した後だ。
運送屋さんと健康についてひとしきり話したら忘れていたのだ。
幸いトイレが近くて、まだお湯は冷めていない。

いよいよ洗濯だ。
洗濯機があればこんなことしなくてもいいのに。
そういえば洗濯機ってごしごしこすったりもんだりしない。
水の中で右回り左回りを繰り返すだけだ。
あれで汚れが落ちるならその方法でいいのではないか。

私のアカギレは左手人差し指の方が新鮮で痛い。
右手親指はもう固くなっていてダメージが少なそうだ。
私は右手だけを使い、タオルを右へ左へ泳がせた。
けっこう汚れは落ちている気がする。
汚れたお湯を流して、あとは水ですすぎだ。

少々汚れが残っていようが洗剤臭かろうが、どうせ機械を拭くだけだ。
すすぎなんか二回でOKだ。
が、さすがに“絞り”はしなくてはなるまい。
ううむ、ここはどうしても左手さんに出てもらわないわけにはいかない。

なるべくそ~っと、でもぎゅ~っと絞る。
人差し指がピチッとなりませんように。
ピチッとなりませんように。
なりませんように。

ピチッ。

ギャー!






↑次回はタオルを交換するのでクリックしてね。





涙が出ちゃう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うぉ~
ご愁傷さまです。
ホンにお気の毒。
2016/01/29(金) 06:53 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
休みの間にケアしてます。
今、モノを買わないようにしてるのでゴム手袋も買わずにいるのよ。
それは買えばいいか。
2016/01/31(日) 09:27 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3675-8c91cfe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック