深夜の緊急事態

ここでは、深夜の緊急事態 に関する情報を紹介しています。
いつもの居酒屋に行くといつも飲み過ぎてしまう。
それはダラダラといつまでも居てしまうからだ。
つまり、滞在時間が長いのだ。

その対応策を考えた。
行く時間を遅くすればいい。
そうすれば閉店までいてしまったとしても、飲む量が少なくて済む。
翌日もダウンする確率が減るということだ。

そこで昨日はまず、ひとりでカラオケに行った。
一度経験済みだからもうそんなに緊張しない。
1時間歌ってビールを一杯飲んで831円だった。
その後スーパーへ買い物に行ってから居酒屋に入った。

いつも通りワイワイ過ごし、結局閉店近くまでいてしまった。
メンバーは私とスキンヘッド3号と突き飛ばし屋のFPだ。
そろそろ帰ろうじゃないか、でも寒いから店を出たくない、
なんて感じでウジウジしていたら、若い兄さんがやって来た。

「すいません、上に住むものですが何か焦げてませんか」

この居酒屋は1階がテナントになっていて2階はアパートだ。
そこの住人の一人で、この居酒屋にもよく来る人らしい。
何も焦げてない旨を告げると「すいません」と言って出ていった。
が、じきに戻って来た。

「すいません、誰かいっしょに確認に来てもらえませんか」

なんとも不審なことを言う。
FPが名乗り出て見に行った。
なんだか話が不穏なので、他のメンバーも外に出てみる。

すると出た途端に何かが焼け焦げる匂いがした。
2階の端っこの部屋からうっすら煙が出ている。
若い兄さんとFPが上に行き、部屋のドアをノックした。

住んでいたのは若い女性のようだ。
私は下で、いつでも通報できるようにスマホを持って待機していた。
なにか押し問答をしているようだ。
どうやら吸い殻の不始末でボヤを起こしたらしい。

部屋の中はもうもうと煙っているのに住人はドアを閉めようとする。
もう消えたと言って我々を追っ払おうとしているのだ。
火は消えたとしても、このまま換気もしないでいたら燻製になってしまう。
中はまるでゴミ屋敷のようにモノであふれかえっているらしい。

FPから通報はしなくていいという合図が来た。
とりあえず火は出ていないらしいが、あまりに危険な話だ。
隣人になる兄さんとFPが近所迷惑についてコンコンと説教した。
一応あとで大家さんに連絡することになった。

で、その騒動にけりがついたのが2時前。
眠い。






↑おねしょしなかったのでクリックしてね。





どういう仕組みだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です
大事になってなくってヨカッタですねぇ。
報酬はネタが出来たことでしょうか。
2016/01/28(木) 06:53 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
もし火事になっていつもの居酒屋が無くなったら大事です。
でも、まだその後を確認してないから、無事沈下したかどうかわかりません。
確認に行かなくては。
新しいネタも落ちてるかもしれないし。
2016/01/28(木) 20:23 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
なんか怖い話ですね。
この話に続きがあったら大変だ。
2016/01/28(木) 21:59 | URL | ミドリノマッキー #-[ 編集]
宇宙忍者ゴームズなんて誰も知りません。

ファンタスティック・フォーなんて余計知りません。

ムッシュムラムラというのはファイヤーボーイじゃありません。

以上ちょっと気になったこと。
2016/01/28(木) 23:04 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ミドリノマッキーさん>
鎮火ってわかりにくいですからね。
↑のコメントでは『沈下』って書いちゃったけど。
集合住宅の怖さですね~
まだ居酒屋は燃えてないようでよかった。

ポール・ブリッツさん>
知っとるやないか!
以外の言葉が見つかりません。
ちなみに「メラメラ」で自動的にこれを思い出すようになっています。
2016/01/31(日) 09:24 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3674-25272644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック