サムシング

ここでは、サムシング に関する情報を紹介しています。
一発寒波くんがやってきた。
日本中がべらぼうな冷え方だ。
あちこちで寒さ自慢のエピソードが花盛りになっている。
我が地方も雪の心配が期待されたが、なんとかギリギリ降らずに済んでいる。

雪はなくとも寒いのは寒い。
これは今までと同じ装いでは『寒波パンチ』にやられてしまいそうだ。
衣替えをしなくてはならない。
私の中での最も厚着バージョンだ。

これまでは、ヒートテック、トレーナー、ベスト、作業服の4枚で、
徒歩で出勤するときだけヤッケを着た。
ヤッケは風を通さない能力はバツグンだが、決して暖かくはない。
何か変わりのものが必要だ。

先日、夜飲みに出るときにクローゼットを探したら、
お出かけ用上着とともに、作業用防寒ジャンパーを見つけた。
あるなら使わねば、と思っていたのだ。
首のまわりのモフモフが暖かそうだ。


こうして厚手のジャンパーを着て出勤した私。
足元もホームセンターで買った防寒靴になっている。
だいたい歩いていると公園辺りで暑くなってきてヤッケを脱いでいたが、
この寒さだとジャンパーを着ていても暑くならない。
会社手前でフリースの帽子を取り、ジャンパーの前を開けたぐらいだ。

会社に到着した時は体はホカホカだ。
だからジャンパーは脱いで仕事をする。
動いているからそんなに寒くはならない。

昼休みにジャンパーを着る。
食後にウトウトしていたりすると体が冷えるからだ。
暖房は電気ストーブのみ。
これを厚手の紙で囲って、コタツ風にして暖を取っている。

やはり厚みが違うと暖かい。
おかげでなんとか寒波を乗り切れた。
エリのモフモフが裏返しについていることにもお昼に気が付いて、
帰りはちゃんとモフモフしながら歩けた。


が、家にたどり着いてえらいことに気が付いた。
玄関のカギを持っていない。
そうだ、土曜に飲みに出た時、お出かけ用上着に入れたままだ。
徒歩出勤だから車のキーも持っていない。

ジャンパーを着ていても、玄関前でただ立っているのはとても寒い。
しかも歩いてきて汗ばんでいるのでそれが冷えてしまう。
それに、見慣れぬ衣装の男がずっと立っていたらご近所にも恥ずかしい。
歩き出すことにした。

ちづるに連絡を取ったら会社を出るところだという。
なのでちづるの帰り道をずっと歩いていく。
10分ぐらい歩いたところでちづるの車と出会えた。
助手席に乗り込むと、まだ暖房は効いていないはずなのに暖かい。
余分に歩いたからじゃ。





↑雪かきすんだらクリックしてね。






ビールで冷やしたい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大事にならなくてよかったですねぇ
どうなることかとハラハラしましたわ。
2016/01/26(火) 06:56 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
somethig a little hair or there is onry a little hair

somethigは、「何かあるもの」という意味だが、
こみさんのsomethigは、「モフモフのついた防寒ジャンバー」だったのだ。

こみさんの「何かないもの」は何だろうか。
「何かないもの」は英語で「somethig a little」とでも言うのだろうか。
こみさんの「何かないもの」は「かみの毛」とした場合、
「somethig a little hair」と言うのか、それとも
「there is onry a little hair」と、言うのだろうか。

F室にいぢわるされて、文字の強調と色付けが出来なかった。
2016/01/26(火) 10:38 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
予想された大事ってなんだったんだろう。
カギが行方不明になるとか?
あ、私が行き倒れになるとか?
とりあえず私は無事です。

chan.na.oさん>
やーいやーい、
F室にいじわるされろー
2016/01/26(火) 22:26 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
はっっ!


一発貫太くん!やったんか!!


2016/01/27(水) 12:41 | URL | マルボーズ隊員(タカダカズヤ) #.Oqi5Drk[ 編集]
マルボーズ隊員さん>
ふふふ、見破られたか。
って、今か。
2016/01/28(木) 20:06 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3672-83a0bcd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック