シッポまで愛して

ここでは、シッポまで愛して に関する情報を紹介しています。
魚売り場を見ていてときどき欲しくなるのがイワシの丸干しだ。
『スボシ』とも呼ぶ、ただイワシを丸ごと干したものだ。
干物なのだから炙って食べそうなものだが、焼くとすごく脂が出てくる。
だからうちではフライパンで焼いて食べる。
魚を売りに来る漁師のおばちゃんに教えてもらったやり方だ。

この丸干しの食べ方が人に寄ってレベルが違う。
まず、一番お上品なのが背中の身だけ箸でほじって食べる方法だ。
他人の食べ方なんかどうでもいいのだが、私はこの食べ方が気に入らない。
食べ終わった残りが『惨殺』って感じだからだ。
もっと食ってやらんかい、と思う。

レベルが上がるとおなか側の身も食べる。
もう一つ上は内臓も食べる。
ただ、この2レベルの間がきっちりとは別れない。
内臓の苦みが嫌いでシッポの方だけ食べる人やハラミの外側だけ食べる人、
あばらまで食べちゃうけど肝は残す人など様々なのだ。

できればやっぱり内臓も食べてもらいたい。
残骸が骨だけになっていると、なんとなく納得できる。
頭としっぽが骨だけでつながってる光景は、
いかにもマンガチックで魚の基本のように思えるのだ。
いつ思っているのか、ワシ。

ちづるはもう一つ上のレベルだ。
つまり、頭をもじいてしまって骨ごと食べる。
骨は食べたほうがいい。
摂取できる栄養がカルシウムだとわかるからだ。
それが理解できていると気持ち的に骨が丈夫になるのではないだろうか。

さて、私は頭も食っちゃう。
けっこうな大きさのものでも頭からかぶりつく。
ちづるがもじいた頭も食べてしまう。
ということは全部食べてしまうのか、と言われるとちょっと違う。
シッポだけは残すのだ。

シッポと言っても残す部分はほんのわずかだ。
なぜなら、ヒラヒラした部分は焼いているうちにほとんどなくなってしまう。
むしろシッポというより“足首”みたいなところが残るだけだ。

この件に関して弟に質問をされたことがある。
なぜそんなささやかな部分を残すのか。
あのごつごつの頭を食べて、それを食べないのか、と。

私はこう答えた。
肝臓を食べれば肝臓にいい。
骨は骨、目は目のためになる。
ただ、人間にはシッポはないからだ。

うまくこたえたつもりだったが、弟は全く感心していなかった。
それはたぶん、私の回答がウソだからだろう。
そんな事ぜんぜん思っていない。
本当の答えは「焦げているから」なのだ。






↑だから骨折はしたことないのよクリックしてね。





恐竜ブームじゃないの
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お焦げがおいしいのに
あの、カリカリのシャリシャリのところがいいんじゃない。

というワタシはここ何年か丸干しを食べてないなぁ。
水分奪われる気がしてちょっと苦手です。
2016/01/19(火) 06:52 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
唐揚げや干したのはまだいいけど・・
煮付けとか食べるときにパーツをじっと見てると
まさに「惨殺」

苦手なんですよね〜。さかな
美味しいのに。
お刺身が好き。

頭としっぽだけが骨でつながってる光景
うん、ペンダントにしたいくらいグッドデザインw
2016/01/20(水) 00:15 | URL | ゆうP子 #-[ 編集]
猫団子さん>
カリカリのところは食べて、サリサリって砂になるとこを残すのです。
ええー、何年も?
カルシウム足りてます?

ユウP子さん>
こちらでは煮魚食べ終わったあとお湯を掛けてダシを飲んじゃう人がいます。
『医者いらず』あるいは『医者殺し』っていうのよ。
私は魚派なので、居酒屋でサバとイワシを食ってたりします。
刺身はいいよねえ~、美味&ヘルシーで。
魚骨ペンダント、かわいいお顔にしてね。
2016/01/20(水) 00:49 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ヘルシーやね
小さな魚は出来れば丸ごとがエエ、とはゆうものの
特に丸干し苦手

こみさんの元気の素は魚食やね
2016/01/20(水) 23:07 | URL | かめ@お魚アカン #-[ 編集]
かめさん>
あら、苦手なのね。
鳥羽という魚に縁のある土地に育ったので好きになったのかもしれません。
鳥羽という地名のところに育ったので鳥も好きなのかもしれません。
2016/01/21(木) 23:22 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3665-fae0b318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック