はさみは使いよう

ここでは、はさみは使いよう に関する情報を紹介しています。
さあ一歩踏み出そう、という時には、何者かに足を引っ張られるものだ。
それは他人とは限らない。
自分の身内だったり仲間だったり、自分自身の健康だったりもする。
体は確実に昨日より今日の方が衰え、思ったことができなくなりつつある。

ウチの職場の大半は倉庫だ。
背の高い棚に埋め尽くされていて、在庫が出たり入ったりする。
あちこちに脚立が用意されていて高い所の荷物の出し入れに使っているが、
重いものや取りにくいところにあるものは女子には無理だ。
なので、そういう場合は私の仕事となっている。

これに不都合が出てきた。
荷物を持って脚立に乗るとき、勢いが足りなくて戻ってきてしまうのだ。
カベに向かって逆立ちするとき、最初の蹴りが足りなくて戻ってくるような感じだ。
脚立なんてせいぜい3~4段、今までならホイホイと上っていた。
それが、1段2段さ~~ん2段1段地べた、と戻ってしまう。

このことをちづるに話したら、こういう返事が返ってきた。

「♪ちゃんちゃん!ちゃかちゃかちゃん! う~~~、あっ!
 ちゃっちゃちゃらっちゃ、ちゃっちゃちゃちゃっちゃ
 ちゃっちゃちゃらっちゃ、ちゃっちゃちゃちゃっちゃ…」

オモシロVTRの繰り返し再現か!


これは荷物と階段という大きな負荷のあっての話だ。
最近、家で普通に生活していて足が前に出なくなることが起こり始めた。
新聞を取ろうとして一歩踏み出す、ができない。
照明のスイッチを押そうとして一歩、が踏み出せない。

脳は一歩前に進めと命令しているのに、足が動かない。
しばらく棒立ちになってしまう。
転んでしまうようなことにならないのが幸いだが、
自分の体が思うように動かないというのは気持ち悪く、悲しいものだ。
いったい私はどうなってしまったのだろう。

私と同年代だと同じような症状を感じている人もいるかもしれない。
そんな人へ一つだけアドバイスがある。
メガネを取ろう、リンゴを取ろうと思って足が動かないときは、
ついあせってしまい、メガネやリンゴにばかり意識が集中してしまう。
前へ前へと気持ちが行ってしまうのだ。

そんな時は動かない足元を見てみよう。
こんなことになっている可能性がある。

ひも付き

スリッパのなんらかの部分がほどけてきているのだ。
それをもう片一方の足が踏んでしまうから足が前に出ないのだ。

この文章の最初の1行を読んでもらいたい。
人の足を引っ張るのは、他人や仲間や健康ばかりではない。
右足の一歩を左足が引っ張ることだってあるのだ。

♪ちゃんちゃん!






↑財政的には足が出てるけどクリックしてね。





足が出なかった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
文章の最初の一行が謎解きどころか
解決方法が題名になってた。
2015/11/25(水) 07:02 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
世界に一つだけのハラ
…を抱えて笑う時計
2015/11/25(水) 11:15 | URL | かめ@お気をつけて #-[ 編集]
う~~~ん
何者かに足を引っ張られる
それが他人とは限らない。
答えは足元にある場合がある。

深いっ!!
実に深い真理だっ!!

マイケル・ジャクソンの
身体を斜め45度に傾けるダンスも
そういう事だったとは・・。
2015/11/25(水) 14:16 | URL | べち #50jynCW6[ 編集]
あっ い けない!
こみさん、居眠りしていたのかな。
トケ井にしてやられて、
こみさんが思わず発した言葉が、“やりおったなv-359

こみさんが、荷物を持って脚立を上ろうとして、
1段、2段と上って、3段目に上れず、地べたにに戻った時に発している言葉を考察してみた。

考察の結果は、こうだ。

“あっ い け ない!”
という言葉を発しているのだろうか。

あっ い けない!
2015/11/25(水) 21:46 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
フフフ、なかなかやるでしょう。
また最後の最後に思いついたんだけど。

かめさん>
笑うトケ井は描きにくい~
っていうか、わかってもらえて幸いです。
2015/11/27(金) 18:39 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
べちさん>
真理と弱点は足元にあるものですよ。
気をつけていないと、相手は手ぐすねを引いて待ってますよ。
まさに手vs足。
マイケルももちろん……そうだったの?

chan.na.oさん>
一番の驚きは、トケ井があの手でどうやってひもを縛ったかってことです。
それを放っておいて、いらんことを考察しなくてよろしい。
ほうら、そうなった。
2015/11/27(金) 18:45 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3610-d38ea539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック