音とカラダがつながって

ここでは、音とカラダがつながって に関する情報を紹介しています。
きゃりーぱみゅぱみゅという人が擬音の入った歌をたくさん歌っているようだ。
「♪にんじゃりばんばん」とか……他いろいろだ。
まあ名前自体が擬音のようだと思っていたら、
この「ぱみゅ」はお笑いコンビ『サバンナ』の八木のギャグだったらしい。
もはや名前も歌もほぼ“音”のみという感じだ。

こういう擬音の多い歌と言えば、私はタイムボカンシリーズを思い出す。
音楽を一手に引き受けていた山本正之氏の独壇場だと思っていた。
でも実際は昔から歌に擬音はつきものなのだ。
学校で習う曲からNHKのみんなのうた、
いやいや、そもそも、民謡はそんなのばっかりではないか。


なぜこのような擬音をいっぱい使いたがるのか。
それはもう、音楽の楽しさ、盛り上がりを表現したいのだろう。
だから陽気な歌に擬音が多い。
マイナーコードの歌で覚えがある擬音なんて「ざわわ」しか思いつかない。
では、どの擬音が一番ご陽気なのだろうか。

恥ずかしながら、一番に思い出したのがハレンチ学園の「♪ふんばかぱっぱ」だった。
しかし、これは陽気なんだかどうだか、そもそも意味があるのかわからない。
もうちょっとなんらかの方向性が見えてほしい。

「♪ばばばばばびゅーん」は高速エスパーだ。
これは勢いやスピード感は感じるが楽しさは感じない。
『高速』を表しただけなのだろう。

「♪スイスイスーダララッタ」は植木等のスーダラ節。
無責任の象徴だけあってのん気感はたっぷりだが、孤独を感じてしまう。
自分一人がスーダラしているようなのだ。

仲間がいるとしたら「♪ラリホーラリホーラリルレロ」
スーパースリーのいかにも楽しそうな雰囲気が出ている。
しかし、後半に「ラリルレロ」と付けたことでちょっとしたトリップ感があって怖い。

例が古すぎて批判をあびそうなので新しいのを考えてみた。
松田聖子の「♪ちゅるりらちゅるりら~」はどうだろう。
歯磨きチューブに穴が開いて楽しいって感じはする。


ここまでいろいろ挙げてきたが、実は昔から楽しそうだなあと思う歌がある。
「♪森の木陰でどんじゃらほい」だ。
森の木陰ってとこが陰気だが、「どんじゃらほい」は何とも楽しい。
これは、今までの例とは全然違う。
ともかく内容が複雑なのだ。

「ドン」は太鼓だろう。
「じゃら」は鈴っぽい。
「ほい」は人の掛け声だ。
「ちゃんちき」と「やっとこどっこいほいさっさ」が合わさったようなにぎやかさだ。
だから、「今日の居酒屋はどんじゃらほいだったなあ」とかいいたいのだ。


で、このネタを書くにあたり「どんじゃらほい」って何かちづるに訊いた。
『森のこびと』というタイトルらしいが全然聞き覚えがない。
試しに歌ってみたら、
♪森の木陰でどんじゃらほい、さんさん手拍子足拍子
までしか知らない。

本当に楽しい歌なのかどうかはわからず仕舞いだ。
逆にタイトルを聞いてちょっと怖くなってしまったわ。
あ~あ。





↑若い歌ももっと知っているはずなのにクリックしてね。






おっ





なんじゃそりゃ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぱみゅってナニ?何のスイッチ押したの?
つるつる~。
するする~。

ダメだ、
「どんどんぱんぱんどんぱんぱん、どんどんぱんぱんどんぱんぱん、どんどぱっぱどんどぱっぱどんぱんぱん。」
が頭の中をぐるぐる~。
2015/11/23(月) 09:44 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
しゃんしゃん手拍子足拍子
太鼓叩いて笛吹いてーて、続きますのや

猫団子はんはドンパン節でっか
ウチはさっきから、ソーラン節が

ヤーレンソーラン、ソーランソーラン…
沖のカモメに生え時聞けばぁ、わたしゃ立つ鳥、チャックにー聞け
2015/11/23(月) 12:37 | URL | かめ #-[ 編集]
ぬけたら、どんどこしょ

擬音のある唄として、

猫団子さんは「ドンパン節」、
かめさんは「ソーラン節」を推奨しているが、

わたしは、以前このブログヘのコメントで紹介した、
わらべうたの「ズイズイズッコロバシ」を推奨する。

歌詞の至るところに
「ズイズイズッコロバシ」「ドっピンシャン」「ドンドコショ」と、擬音が散りばめられている。

わたしの覚えているわらべうたの「ずいずいずっころばし」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

 わたしの覚えているわらべうたの「ずいずいずっころばし」

 ずいずいずっころばし
 ごまみそずい
 ちゃつぼにおわれてどっびんしゃん
 ぬけたら、 どんどこしよ
  ………
  ………
  ………
 おっとさんがよんでも
 おっかさんがよんでも
 ぬきっこなしよ
 いどのまわりで、
 かみのけぬいたのだぁれ

ぬけたら、どんどこしょ
2015/11/23(月) 15:13 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
こんばんは。
トケ井さんって、つつくとそんな音がするんですね(笑)
意外と柔らかい?結構空気がたまっていそうです。
2015/11/23(月) 22:29 | URL | 野津征亨 #-[ 編集]
猫団子さん>
ぱみゅってなったのは熱でプラスティックが柔らかくなってたのね。
つるつるするするってのはなにを表していたのだろう。
「どんどんぱんぱん」はとてもいいけど長すぎるのよね。

かめさん>
シャンシャン手拍子なのね。
出だし以外は全く覚えてないのよ。
逆になんで出だしは覚えてるんだろ。
ソーラン節はシメがいいでしょ。
♪ヤサ、えんやーあさーあのどっこいしょ
2015/11/24(火) 20:40 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
chan.na.oさん>
それがあったか。
ずいずいずっころばしは擬音の宝庫だもんね。
っていうか、トータルで意味がわからんぐらいだもんね。
ま、最後はそうくるだろうね。

野津征亨さん>
「ぺこっ」って言うよりやわらかそうでしょ。
プラスティック製かと思ってたけど、シリコン製かもしれません。
ひょっとして、風船…?
2015/11/24(火) 20:45 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3608-86fd4eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック