深夜の非常食

ここでは、深夜の非常食 に関する情報を紹介しています。
飲みに行って二軒目に行って店を出ると、ちょうど雨がやんでいた。
一軒目から二軒目に移動するときはザンザン降りだったからこれはチャンスだ。
次に振り出すまでに家に帰ろう。

そう思って歩き出したのだが、私の歩みを阻むのは風だった。
まるで台風並みの暴風が私を後押してくれるならいいが、
横へ後ろへ明後日の方向へと翻弄する。
お日様と賭けをした北風が私の国防色ベストを脱がそうとピープーしているようだ。

なんとか信号まで歩き、国道を超えるとそこから先は田園地帯。
極端に明かりが少なくなるのだが、白く暖かく浮かび上がっているのはコンビニだ。
とりあえず休憩のために入ることにした。

店に入ると店員さんが、
「いらっしゃいませ、すごい風ですね」
とあいさつしながら、入口対策に追われていた。
電線の風切音が店内まで大きく聞こえている。

なんだか一安心な気持ちになったが問題は何も解決していない。
ここにいる間は一歩も家に近づいていないのだ。
本当はなにも買うものはなかったのだが、とりあえず炭酸飲料と、
どんな状態でも買うことに遠慮がいらないカレーパンとゆで卵を買った。
入口の店員さんに「店を出たくないね」と言って店を出た。


国道まわりの家のある地域を抜け、まさに田んぼと畑ばかりのところに出た。
ジャマになる建物がないから格段に風の強さが増した。
私はムッシュメラメラと足に力を込めて歩き続ける。

腹が減ってきた。
コンビニで買い物をしたからだ。
食べ物を持っていると体はそのことを知って食べたがるようになる。
だがもう深夜だ。
カレーパンなんか食べていてはいけない。

となると答えはひとつ、ゆで卵を食べるしかない。
私は歩きながらカバンの中でごそごそやってゆで卵を取り出した。
ちゃんとプラスティックカバーも取ることができた。
こんな時、まずはどこで卵を割るか。
デコチンに決まっている。

思いのほか痛いのは最初の一撃だけ。
クルクルと回しながら三か所くらいにひびを入れた。
当たりは暗いので手探りで殻をむいていく。
むいた殻はそのまま吹き飛ばしてもらう。
ゴミをしちゃいかん、と言われるかもしれないが田畑にカルシウムだ。

余りに暗いので目は道を見ていなくてはならない。
卵をむくのは手探りだ。
カラをどんどんはがしていくが、どうやら薄皮が残っているようだ。
卵底の空気層辺りを手探りでつねり、薄皮の突破口を作る。
うまくいけば皮と殻が一気にベロンとむけるはずだ。

しまった、白身がポコンとはずれた。
こうなるとゆで卵は途端にむきにくくなる。
薄皮と白身の癒着が、白身と黄身の密着度より強くなるからだ。
私は部分的取れた白身を口に入れ、その後の作業を慎重に進めた。
卵の先端部はひびが入っていないから、爪でぺリぺリはがすしかない。

なんとか殻を全部はずすことができたようだ。
だが、薄皮が残っていないか確認だ。
かぶりついた時に薄皮が残っていると、ゆで卵の食感は台無しになる。
まるで鑑定士が仏像の品定めをするように全体を確認する。

よし、これならOKだ。
と思った頃には田園地帯を通り越していた。
狭い路地に入って風が弱まったところでゆで卵にかぶりついた。
三口で食べ終わる。
うー、炭酸炭酸。





↑カレーパンは次の日二回に分けて食べたのでクリックしてね。






輪郭のみ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつ卵を落とすのかとハラハラドキドキ
無事口に収まってヨカッタわぁ。
2015/11/15(日) 06:59 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ウチもドキドキしたー
2015/11/15(日) 20:55 | URL | かめ #-[ 編集]
きれいに剥げかすと、つるっとした……が顕われ

わたしもゆで卵は好きだ。
きれいに剥げかして、顕われた
つるっとした
スキンヘッドのような形と滑らかな感触がいいのだ。

それにしても、こみさん、
風の強い暗い夜道で、
ゆで卵の殻を手探りできれいに剥げかすことが出来たのは見事というしかない。

きれいに剥げかすと、つるっとした……が顕われ
2015/11/15(日) 21:38 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
ホントは落としたんだけど、ここに書いてないだけだったりしてね。
食べたことは間違いないです。

かめさん>
3秒以内だったのかもしれないね。
食べたことは間違いないです。

chan.na.oさん>
ほかのことはいいから、
『剥く』と言いなさい。
2015/11/16(月) 18:45 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3600-4d1506ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック