命無き厄介者

ここでは、命無き厄介者 に関する情報を紹介しています。
私の職場は大きなシャッターの奥にある。
店舗を中心に考えれば、このシャッターは搬入口になるだろう。
入って右側にはフォークリフトで積み上げたパレットの在庫。
左側には大きな棚があって、その下には台車を入れられるようになっている。

台車は大小合わせて6台ほどあり、そのすべてが活躍している。
運送屋さんが荷物を持って来たら台車で受け取り仕分けて片づける。
お客さんが商品を取りに来るといえばすぐ車に運べるよう台車に用意しておく。
なのでこの台車置き場の台車はともかく出入りが激しい。


ある日、私が棚の下の台車を使おうと引っぱり出すと、その奥にいやなものがあった。
命のない蜘モの姿だ。
一見して命がないとわかったので「だーーー!」と悲鳴を上げることはなかった。
ただ、台車をもとの位置に戻し、無かったことにしただけだ。

これがいつまでもある。
頻繁に台車が出入りするのだからみんな存在は知っているはずだ。
なのにどうして誰も片づけないかと言えば、台車があるからだ。
わが社の掃除はどうしてもお客さんの来るところが中心になる。
搬入口の掃除は二の次、台車の奥なんて暮れの大掃除まで待つ可能性もある。

となると、自分で片づけなければならなくなるかもしれない。
先ほど『命がない』という表現をしたが、これには二種類ある。
まずは、これがヌケガラであった場合。
だとしてもとても嫌なのだが、やつの衣服だったと思えばなんとか掃除できる。

これが遺体だったとしたら、なんといったらいいのだろう、身が入っている。
できることなら間にちりとりを介していたとしても接触はしたくない。
ただし、物事は大局的に見なくてはいけない。
これが遺体なら、とりあえずここにいた個体はその存在が消滅したことになる。
ヌケガラだったなら、そいつまだ生きて、いや成長して存在するのだ。


ある日、命のない蜘モは無くなっていた。
台車をすべて出して確認したのだから間違いない。
誰かが片づけてくれたのだろうか。
だとしたらヌケガラだったか遺体だったか教えてくれないだろうか。
それによって仕事中の緊張感が変わってくる。

一つ気になるのは、その辺のほこりがそのままだったということだ。
誰かが片づけてくれたのだとしたら、掃除をしたのではなくソレを始末したのだ。
一番ありがたいのは、それが遺体で、誰かが片づけてくれたパターンだ。
それなら職場に平和が訪れる。

ヌケガラを片づけてくれたのだとしたら、やつの存在が気にかかる。
しかし、ほこりが残っていたことで更に心配なパターンが思いついた。
やつがよみがえってどこかに行った可能性だ。
だとしたら、やつはまた現れる。

もっといやなのが、仲間がやってきて遺体を片づけた場合だ。

もっといやなのが、仲間がやってきて介抱した結果、やつが復活した場合だ。

もっといやなのが、蜘モより恐ろしい生物がきて、それをサクサク食べていった場合だ。

もっといやなのが、店長の奥さんがそれをサクサク食べていった場合だ。

もっといやなのが、なぜか意識を失った私がそれをサクサク……

うわーうわーうわー!





↑なんで自分のいやなことを掘り下げなくてはならないのかクリックしてね。






全て葬りたい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
誰かがひょいとつまんで片付けた
…棚の上に。

うわ~うわ~うわ~。
2015/10/22(木) 06:58 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ぎゃーーーーーー!!!
こわすぎるーーーー(´Д⊂。・゜・。
2015/10/22(木) 17:44 | URL | かじぺた #-[ 編集]
そして、○なくなった

ミステリーだ!
蜘蛛の亡骸はなくなったのに、埃だけ残っている!

色々なことが考えられるが、
蜘蛛より大きな生き物が蜘蛛の亡骸をムシャムシャ食べてしまった可能性が強い。

蜘蛛より大きな生き物→ゴキブリが蜘蛛の亡骸をムシャムシャ食べてしまったのだろうか。
ゴキブリは、人間の食べるものの他、
紙や髪、タン、埃、唾液、動物の糞、排泄物、汚水、汚泥、動物の死骸など何でも食べる。

こみさんの職場は、紙も髪も蜘蛛の亡骸もあり、
ゴキブリにとっては美味しいものがイッパイ、ヨリドリミドリ、食べ物天国なのだ。

こみさんのヨンホンゲも狙われてるかもしれない。
お昼寝の間にヨンホンゲを食べられてしまい、
目が醒めたら、毛がなくなっていたことにならないように用心した方がいい。


http://www.kincho.co.jp/gaichu/goki.html
2015/10/22(木) 19:42 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
わたしね、子どもの頃に、夜中に顔のモゾモゾ感で目が覚めたことあるよ。
そしたら、私の顔を乗り越えて、布団から畳に降りようとしている大きな家グモが見えたよ。
なーあんだあ、クモかあ。
って、またスヤスヤ寝たよ。

これ、前にも一度、こみさんに自慢した気もするなあ。
2015/10/22(木) 20:20 | URL | Lily姫 #-[ 編集]
猫団子さん>
こらー、誰かー、こらー!

かじぺたさん>
うぎゃー!
自分で書いたんだけど、こわいーこわいー
2015/10/22(木) 21:26 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
そういやあラファティの短編で、

「むかしアラネアで」

というものをSFマガジンで読んだことがあります。

「つぎの岩につづく」

という短編集に入ってます。

きっぱりいいます。

面白いけど近寄らないほうが無難です。
2015/10/22(木) 21:33 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
chan.na.oさん>
もうほぼ『G』の話題やんけ!
なんや最後のリンクは。
で、やつらは生えてるのも食うの?
うわー、いろいろうえー

Lily姫さん>
うわー、言うなぁーやめろー
それはともかく、
寝ているときに顔にもぞもぞ感があったらまずビックリせんかい!
もっと怖いものやったらどうするの!
2015/10/22(木) 21:41 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
ラファティの…
「つぎの岩につづく」の中の…
「むかしアラネアで」か…
近寄らないようにします。
2015/10/22(木) 21:49 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ショックやね〜
どっかに、もげた脚の一本でも落っとったら、それはもう…
2015/10/24(土) 02:36 | URL | かめ #-[ 編集]
うっとこの倉庫にもおった!
ベルコンの前で、ピクリともせーへん
人も通る、荷物も積み上げられるとこやから
潰れたらイラン思て、突いたら歩き出しましてん
向かった先は、伊勢方面への路線トラック…?
2015/10/24(土) 10:49 | URL | かめ #-[ 編集]
かめさん>
おえーやめれー。
ウチの店は9時開店なので、その頃になるとのぼりを立てるのよ。
そのうちの一つの穴にのぼりを差したら中型のが出てきてビックリ。
どこにでもおるのかい。
2015/10/24(土) 17:51 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3575-2ead2454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック