ニュー問題

ここでは、ニュー問題 に関する情報を紹介しています。
我が家では、牛乳を牛乳屋さんにビンで配達してもらっている。
以前はスーパーでパック牛乳を買っていたのだが、
パックは溜まってくるし、欲しいときに中身がないってことが続いたので、
専門の業者に頼むことにしたのだ。

どんどん配達されてくると思うと「飲まねばならない」という意識も働く。
骨を強くし、体を作り、お肌を白くしそうな牛乳はなるべく摂取すべきだ。
平日はネタの更新をした後、台所で飲む。
休日は朝がパン食になるので食卓で飲む。
大して変わらないようだが、実はこの差が大きい。


ビン牛乳はフタが紙でできている。
紙なのに接着剤も使わず水分を密閉できるなんてすばらしい技術だ。
紙に関わる職業のものとしては鼻が高い。
たぶんあの上にかかっているビニール業者の人たちも鼻高々だろう。

このふたの開け方は大まかに4種類ある。
まずは栓抜きを使う方法だ。
最近は観なくなったが、千枚通しのような先のとがったビン牛乳専門の栓抜きがあり、
紙ブタに突き刺して使用する。

この方法はとても楽なのだが、この栓抜きが洗い物になる。
私が子供のころは、駄菓子屋なんかだとその辺にぶら下げてあって、
使いたい人が勝手に使えるようになっていた。
こんなアバウトなやり方が通用していたのだが、現代ではそうはいくまい。
今の日本人は目に見えないところに“菌”というものが存在するのを知っている。


第2の方法は爪で紙フタの端っこをホジホジして、
めくれ上がった部分をつまんで取るやり方だ。
これはまず、爪がある程度伸びていなくてはいけない。
しかも、その爪が美しくなくてはいけない。
爪の中が黒いと、牛乳の白さと対比されて余計に汚らしく思えてしまうのだ。

3番目は親指の力で紙ブタを中にめり込ます方法だ。
丸いふたの中心からそれた部分を中に押し込むと、反対側が浮き上がる。
そこをつまんでとるのだ。
ただし、この方法には危険がつきまとう。
想像したらわかると思うが「びしゃっ!」ってなりやすいのだ。

そしてちょっと特異な4番目の方法をお教えしよう。
まず、ビニールをとった牛乳ビンの口をくわえ込む。
つまり牛乳ビンの直径より大きな口が必要だ。
そして思い切り吸う。
この吸引力で開封するのだ。

なぜこんな方法が生み出されたのか。
小学生のころ、この牛乳のフタを集めてメンコをしたり賭け事のチップにするのが流行った。
もちろん使われるのは無傷のふたに限られる。
そのために小学生男子は知恵と技術を結集してこの技を習得した。
現在の給食の牛乳が紙パックなのは、彼らの影響もあるのだろう。


さて、現在の私はというと、主に3番目の方法を採用している。
道具も爪も要らないし、親指が太短いからだ。
ただ、この方法は先ほども述べたように危険と隣り合わせだ。
台所でこれをやるときは、いつでも手が洗えるから構わない。
食卓でこれを失敗すると、手を洗いに立たなくてはならないのだ。

と、初めの方で提示された『台所と食卓で飲む牛乳の違い』を説明したのだが、
第4の方法のインパクトの方が強かったような気がする。
アレを主題にすればよかったか。






↑カフェオーレが飲みたい人もクリックしてね。





この描き方は楽だ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビン牛乳はフタが紙でできている…とは限らないみたい
こみさんちは山村牛乳?
ビン牛乳の紙のキャップをあの専用針で開けるのが憧れですわ。

大内山牛乳を検索したらポリキャップですってよ。
明治も森永も雪印もポリみたいですわ。
2015/08/30(日) 09:51 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
同感!
こんな方法もあるぜ!
と書こうとしたら4番だった!!
やったなぁ。小学校の頃。

それでねぇそれでねぇ。
よく牛乳を振ってから逆さにするのよ。
そうすると牛乳瓶の底に、丸く
牛乳のお月様ができるのよ。
どっちが早くできるのか?って
競争せんかった?

そういえば、紙のみで栓になってる
んだなぁと改めて感心したです。
2015/08/30(日) 13:43 | URL | マルボーズ隊員(タカダカズヤ) #.Oqi5Drk[ 編集]
針で開ける時の音が好きですが、フタを集めていたこともあったので、爪できれいに開けられました、私。
それよりも親指や口の吸引力で開けられる人がいたなんて、知りませんでした。
すごいワザだなあ。
そういえば北の国に住んでいた頃、配達の牛乳瓶のフタは、全部きれいに開いていたっけ。
(冬の朝は、牛乳が凍って膨張するのです)
(妖精のしわざではありません)
2015/08/30(日) 18:09 | URL | 葉牡丹 #-[ 編集]
ビンの牛乳か。懐かしいね。

開け方だけど、外で飲むならともかく家の中だから、やっぱり①でしょう。

栓抜きで“グサッ”、そのまま“パカッ”で終わり。

とは言っても子供のころは②のホジホジでした。栓抜きをすぐなくしてましたからね。
2015/08/30(日) 19:44 | URL | ミドリノマッキー #-[ 編集]
うちは関東住まいだったせいか、ふたに指でつまめる出っ張りの部分がデフォでありまして……。

http://search.myjcom.jp/cgi-bin/image/search?q=%E7%89%9B%E4%B9%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97+%E8%88%8C&o_sf=0&o_sz=all&o_cr=all&o_ft=all
2015/08/30(日) 20:37 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
猫団子さん>
はい、山村さんです。
実家の牛乳はポリキャップです。
あちらが主流になっているのかなあ。
専用針、最初にもらったけどどこかにあるかな?
あの「すぴっ」って音がいいのよね。

マルボーズ隊員さん>
おおー、さすが元男子小学生!
でもそのお月様は知らんなあ。
よく振るってのは開封前?
よし、試してみよう。
紙の栓、よくできてるよねえ。
瓶詰加工を見てみたい。

葉牡丹さん>
爪で跡をつけずに抜くって、それも技術だなあ。
北国の牛乳、栓が開いてるってむき出し?
あっ、持ち上げられているのね。
その光景を見てみたい~
頑丈な蓋だったらビンが割れるかもね。
2015/08/31(月) 18:08 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ミドリノマッキーさん>
あの栓抜きも針がむき出しのと、丸い輪っかで保護されてるのがありました。
絶対牛乳に触れているはずだけど、洗ったりはしなかったなあ。
ビニールのカバーごと抜く人もいましたね。
で、そのまま放置とか。
んで、無くなるのよね。

ポール・ブリッツさん>
んなにぃ~
なんたる過保護。
そんなでっぱり、アイスクリームのふたにしかなかったよう。
これは東西の差なのだろうか。
それにしても「高額落札」って言葉が気にかかる…
2015/08/31(月) 18:15 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3521-f4243ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック