ジス・イズ・自主トレ

ここでは、ジス・イズ・自主トレ に関する情報を紹介しています。
筋トレのやり方を変えてみた。
まずは腕を肩の高さに上げ、上体を100回ひねる。
次に万歳をしてタオルを肩幅で持ち、左右に曲げる横腹筋を100回。
ここまでは今までと同じだ。

以前は、やり方としてはサーキットトレーニングだった。
腕立て伏せをしたら次はスクワット、チューブによるカール。
あと腹筋や二の腕のプルプルを取る運動。
これらを一通り終わったらそれを一セットとして、数セット繰り返す方法だ。

このやり方だと、腕の次は足、腹筋、また腕と筋肉を順番に使うので疲れない。
ただ、トレーニングを疲れないようにやっていていいのかということだ。
自分で決めたメニューをこなすことも大切だが、
もっとはーどに肉体をいじめたい。


そこで考えたのがインターバル方式だ。
これはジムに通っていたころ、そこそこ理屈をわかっている人たちがやっていた。
ひとつの種目を1分間隔で集中的にやる方式だ。
これは確かに体にこたえる。

まずは腕立て伏せ。
普通の腕立て伏せより手のひら一つ分、腕を開き前方に手を着く。
これで息を吸いながらゆっくり体をおろし、吐きながらゆっくりあげる。
これを10回、1分間隔で5セットやる。

次は屈伸。
かかとを上げ膝が90度になるまで曲げ、伸ばし切らないところまで体を上げる。
ゆっくりやることとのばさないことで負荷をかける方式だ。

チューブを持って腕を曲げる上腕二頭筋の運動。
ダンベルを上げるのと同じ運動だ。
続いて真上に腕を上げる運動。
チューブを踏む足の広さによって、負荷の強さを調節する。

寝転がるところがないので、腹筋は机の上でする。
腰かけた姿勢から足を上げ、前に伸ばすのと胸にくっつけるのを交互にやる。
これも一分間隔で5セットだ。

鉄アレイ代わりにラップを持ち、上に上げた腕を後ろに曲げる運動。
これは左右10回ずつやったら1分休んで3セットだ。
チューブを持って気をつけの姿勢から左右に腕を上げる運動も3セット。
鍛える筋肉の大きさによってやる回数を変えているのだ。


ふと思いついて計算してみた。
間に入れる休憩が1分×5回。
この時間は全く何もしてない時間だ。
これを合計したら31分になった。

社長すいません。
まったく何もしてない時間が31分もあって。
もちろん筋肉を鍛えている時間も仕事中ではあるのだが。





↑広背筋を駆使してクリックしてね。






体を痛めたね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大丈夫でしょうか?
いろいろと。
2015/06/18(木) 06:52 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
もちろん筋肉を鍛えている時間も仕事中ではあるのだが・・・
その理屈を通してくれる社長さんの心の豊さを称賛します
2015/06/18(木) 07:51 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
いろいろと大丈夫でないのです。
とりあえず一番困っているのは筋肉痛。
朝来て「まだまだ若いな」と思っていたら、それがピークじゃなかったの。
今、しゃがめない状態です。

りらさん>
えーと、許してくれているわけではないんですよ。
先日、筋トレ中に見つかって「なにしてるの?」って言われたので、
「腰を伸ばす運動を」ってごまかしました。
2015/06/18(木) 18:24 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3448-1d0450f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック