fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

探検隊県大会

去年ぐらいからか、自転車でうろうろするようになって、
知らない道に突入、なんて素敵な探検をするようになったが、
街中では探検どころか、お散歩程度だ。

それでも知らない路地に入っていって、
思いもかけないところに出ると、
なんつーか、「やったぞ!」というか、
知識を得たというか、グレードが上がったというか、
ともかくちょっとうれしかったりする。

子供のころは、もっともっと探検欲が旺盛だった。
私の住んでいた町は、山を切り崩してできた住宅だった。
海沿いを国道が走り、山に向かって町が広がっていた。
ぐるりは山と海ばかりだ。

中でも特に魅力的だったのは「商船学校」だ。
町と同じぐらいの広さがある全寮制の高専だ。
この敷地内に山が残っていた。
周囲はグラウンドや学生寮、校舎、職員宿舎などで、
まるで離れ島のように、松とシダの森が残っていた。

その中心あたりにぼろぼろの建物があった。
2階建て+屋上の小さな建物だ。
これがわが町の「オバケ屋敷」だった。
その上、いろんなグループの秘密基地でもあった。

そこを中心にけもの道が張り巡らされ、
探検しまくっていた。
傷だらけになったり、服を破ったり、かぶれたり、
まあ、今となっては思い出の遊び場ってとこだ。
探検家度って、成長にしたがって磨り減っていくものなのだ。

その森は今でもある。
実家から徒歩で2分。
玄関から見えている。

先日、実家に帰ったとき、そんな昔話に花を咲かせた。
そのとき、山育ちのオヤジが一言、
「あそこにはマツタケがあるに違いないがのう」
磨り減っていたはずの探検心が、ムラムラムラムラ・・・






スポンサーサイト



[ 2006/07/13 00:43 ] 懐かしの話題 | TB(0) | CM(5)
「探検隊県大会探検隊県大会探検隊県大会」
早口言葉では言えないね。
[ 2006/07/13 21:07 ] [ 編集 ]
>知識を得たというか、グレードが上がったというか

え?そうなの?
じゃあ、私はいつもいつも「あれ?ここって初めての道?」って思ってるから、毎日グレードアップしまくり?

すごい!私ってすごい!

・・・言ってる自分がけっこう悲しかったりします。

こみ探検隊神奈川支部員、sayoko。
ちなみに県大会では「日々是冒険賞」を2年連続で受賞中。
[ 2006/07/13 23:00 ] [ 編集 ]
あさだあめ
のん太さん>
まったく内容に関係ないのに、
ついタイトルに入れてしまいました。
こういうことを言わずにおれない年頃なのです。
がっくり・・・


sayokoさん>
毎日グレードアップしながら、
トータルでレベルを上げないという荒業。
sayokoスペシャルと名付けましょう。
しかし、「こみ探検隊」といわれると、私が探検されるみたいではずかしいなあ。
来年の全国大会では期待してますよ。
[ 2006/07/13 23:29 ] [ 編集 ]
ってことは・・・
「藤岡弘探検隊」は藤岡弘を探検する人の集まり?
「川口浩探検隊」もまた然り。
・・・知らなかった。

ところで、探検隊がこみさんを探検する際には、探検対象であるこみさんが守らなければならないことがありますので十分ご注意ください。

それは。
発する言葉は「あはん」「いやん」「うふん」のみとする、ってこと。
近々探検にお伺いしますわ。

すいません。くだらない妄想コメントなんかして^^;
[ 2006/07/13 23:47 ] [ 編集 ]
確かにそのとおりです
sayokoさん>

  いやん。
[ 2006/07/14 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム