FC2ブログ

夏が来る

ここでは、夏が来る に関する情報を紹介しています。
昨日はなんという日だったのだろう。
この四月は記録的日照不足と言われるほど雨が多かったが、
あの雨風はまるで台風ではないか。

会社は大騒動だった。
店の入り口自動ドアの上には張り出しの屋根があるのだが、
雨がしけ込み百円ワゴンは出せない状態だった。
一旦開けた倉庫のシャッターも閉めた。
外に出してあった観葉植物が倒れたので倉庫に入れた。

そのうち女子スタッフの動きが慌ただしくなってきた。
入口自動ドアの溝に雨水がたまり、店舗内に水があふれてきたのだ。
雑巾に水を吸わせ、バケツに絞って捨てに行くの繰り返し。
この天気に紙を買いにくるお客さんも少ない。
自動ドアは閉鎖して、シャッター横のドアから入ってもらうことにした。


この店がオープンしたのが去年の十月。
考えてみれば、まだ台風は経験していないのだ。
一年経ってみないとわからないことがある。
まだ経験値は半分ということだ。

この半年の経験値でわかったこともいくつかある。
ともかく風が強いということ。
何時ごろどの辺に日が差すか。
周りの道の人通り。

冬のことは大体分かった。
予想外だったのはあまり寒くないことだ。
前の職場の方が冬の冷たさが辛かった。
設備が新しいことも関係しているのかもしれない。


おそろしいのは夏だ。
いくつか予想は立てている。
まず、この建物の構造上、暑いのは間違いない。
なにしろ、日陰のないところに置いた金属の箱なのだ。
これは最初から言われていた。

あと、どうも蚊が多そうな気がする。
すでに初蚊は登場している。
裏に流れの悪いドブがあるので、ボウフラ湧き放題だ。
ただ、満潮になるとこのドブまで水位が上がるので、塩分があるかもしれない。
むしろ、臭いの方が心配だ。


先日、店長の奥さんがとてもいや~なことを言った。

「ここ、夏になったら蜘モが出るかな~」

奥さんも蜘モが大嫌いなのだ。
もし、現れたらこの棚だらけの倉庫はホラー映画並みの緊張感を強いられる。

私は断言した。

「蜘モのエサになるGブリがいないから大丈夫!」

そう言いながら、私も心の中ではブルブル震えていた。
だから、あんなにおやつを食べてはいるが、食べこぼしには細心の注意を払っているのだ。





↑気温が上がる前にクリックしてね。






このぐらいできそうな気がする
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こみさん
今日のイラスト凄くいいね
とけ丼の言い分が特にいい
だからあんなにおやつを食べてはいるが食べこぼしには細心の注意を払っているのだ・・・
こみさんの注意は仕事よりそれでしょう

2015/04/21(火) 06:46 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
エサはGだけとは限らないんじゃない?
たとえば蚊なんかもそうじゃない?
ちがったっけ?
2015/04/21(火) 07:10 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
エライ雨やったねー
これからも浸水するんなら問題やね

新築の建物ンなかは、蜘モもGも出ませんわ
うっとこも新築で入って、3年位はなんも見かけてえへん
そっから先は、人間次第やね
残り物や生ゴミ、排水溝の清掃次第ですやろ
獲物はGだけとは限らんけど、Gおったら、蜘蛛、でますやろ
出たら後は、子孫増やして仲間を呼んで…
2015/04/21(火) 09:50 | URL | かめ@振り出す間際でポスティング完配 #-[ 編集]
りらさん>
ありがとうございます。
仕事中だけど、バカンスの雰囲気を取り入れてみました。
食べてばっかりではいけないと思って、
今日はゼーハーいうほど筋トレしました。
仕事はいいのか。

猫団子さん>
やつが蚊を獲ったりできるのか?
飛んでる蚊を獲ろうとピョンピョンはねてたりしたら……ぎゃー!
今日、外トイレにゲジゲジが出ました。
「ゲジゲジ」で「🐛」なんて変換があるのか!

かめさん>
今日はいい天気になったけど、風が強くてのぼりを立てるのに苦労しましたわ。
今までは大雨でも浸水はなかったんだけどなあ。
以前は床が板でシロアリが湧いたりしたんだけど今はコンクリ。
生命が生きながらえることはできないと思ってるんだけどなあ。
女子が甘いものをちゃんと始末してるかどうかが問題です。
私はきれいに食べてますよ~
2015/04/21(火) 22:18 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3389-305b6003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック