困窮球根

ここでは、困窮球根 に関する情報を紹介しています。
百円ワゴンの売れ行きは好調で、私は毎日残り紙を加工して補充している。
おそらく、店長がこのことを社長に自慢したのだろう。
本社から不要紙がどんどんやってきて「いいようにして」というのだ。
「いいように」というなら全部捨てたいところだが、そこは重篤な貧乏性。
まるで内職や図画工作のようなことが仕事のメインになりつつある。

もう一つ私に与えられた、いや、勝手にやり始めた重要な仕事がある。
急激に気温が上がり、桜はまだかいなと上ばかり見ていたら、
足元にはピッカピカの一年生雑草がウハウハ生え始めているではないか。
これが大きくなったら根が丈夫になってしまう。
なのでつまめる大きさになったらできる限り抜いている。

雑草なんてのは抜き始めるとキリがないものだ。
抜いたすぐ前にまたちらほら。
こうやってどんどん進んでいく。
裏口から出たところの庭は私のスペースだと思っているので気をつけているのだが、
店の裏側、室外機やプロパンガスが置いてあるラインは忘れがちになっている。


昨日、私がふわふわしていると、店長が外からやってきた。
どこか営業にでも出かけていたのかと思ったら、
「チューリップ植えてきた」
という。
店長には似合わないファンシーな話題だ。

聴いてみると、誰かにチューリップの球根をどっさりもらったのだそうだ。
それがどんどん発芽したり腐ったりしてきたので植えちゃったらしい。
それはご苦労様です、というところだが、
問題は果たしてどこへ?ということだ。

これが店の裏の室外機ラインだった。
まず思ったのは「なんてことしよる」だ。
そんなものを植えてしまったら草取りがとてもめんどくさくなるではないか。
草取りどころか通行が困難になる。

しかも、考えてみたらそこはチューリップにとって劣悪な環境だ。
まず、北西の方角に当たるので夕方のわずかな時間しか日が当たらない。
暖房を掛けると室外機から冷たい空気が流れる。
そして地面は土ではなく砂利みたいなものだ。
だから売れるのすごく苦労したと言っていた。

さっそく見に行ってみた。
いったいどんだけの数をもらったのだ。
ほぼ10センチ間隔で建物の長さ以上に球根の芽が並んでいる。
それが裏ラインだけでなく、マイ裏庭にまで伸びているではないか。
キィー! 草も抜かないのに余計なものを植えおって。


それにしても、店を切り盛りしている女子たちはあんなに忙しそうなのに、
この店の男子はこんなのんきなことでいいのだろうか。





↑どの花見てもクリックしてね。






お似合いさ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チューリップ今植えて果たして咲くのか?
で、どうしたん?
2015/04/03(金) 07:13 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
こみさん
チューリップの植毛したんだね
凄い いいと思う
ギネスブックにのると思うよ
2015/04/03(金) 07:47 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
かみの毛が生えてこないので花を植毛する
こみさん、
チューリップの植毛したんだ。
(いくら待っても生えてこないかみの毛はあきらめたのか)
「まず一本やってみた」ということは、
色んな花を植毛していくということなのか。

あたまに花を咲かすといえば、
「やまびこ村」のかっぱ池に住んでいる、
あたまには皿ではなく花が咲く
「はなかっぱ一家」のはなかっぱ君は、
あたまに「とりあえずの花」が咲いている。
おとなになるまで色々な花を咲かせるということだ。

かみの毛が生えてこないので花を植毛するのだ!


http://www.hanakappa.com/
2015/04/03(金) 19:38 | URL | chsan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
どうしたかというと、何本植えたか数えてみました。
165本も植えてありました。
やっぱりヒマなのね、ワシも。

りらさん>
種じゃなくて球根だから苦労しました。
ギネスに登録しようかな。
でも、係が見に来る前に枯れそうな予感。

chan.na.oさん>
一読して「しらふじゃないな」と思ったけど、
ホントにあるのね、ハナカッパ。
どうせ植えるなら短命なチューリップなんかじゃなく、
長く茂るススキとかニラがいいかなと思ってました。
髪形は決まってしまうけどね。
2015/04/04(土) 17:04 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3371-0f39c527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック