時間差生活

ここでは、時間差生活 に関する情報を紹介しています。
昨日は親父が病院に行く日だった。
いつもなら母が付き添いで、私は運転手なのだが、
「しばらく風邪をひいてて頭がボサボサだから行きたくない」
と母が言いだしたので、私が付き添いになってしまった。
普段なら車で寝ていられるのに。

診察券などを提出して、名前を呼ばれたら親父に教える。
終ったら「サイフ忘れた」という親父に替わってお金を払う。
隣の薬局に処方箋とお薬手帳を出してくる。
親父を車に乗せて家に届ける。
薬を取りに来て、食糧の買い物に行く。


なにしろチチハハと私のスピードが違うので、行ったり来たりしなければならない。
そうした方が効率的なのだ。
買い物を終えて、買ってきたものを冷蔵庫に入れて、一息入れる。
普段ならお昼は残り物かスーパーで買ってきたものになるのだが、
母が病院に行かなかったので揚げ物を作ってくれていた。

それもゆっくりだ。
私が最初家に行ったとき、母はエビフライの用意を始めていた。
そのあと病院やらスーパーやら回って帰ってくると、
カボチャ天ができ、から揚げをよちよち揚げていた。

親父が「腹が減った」というので、スーパーで買ってきたキモ煮を与えた。
なにやらお菓子を食べていたが、検査のために朝食抜きだったらしい。

ボトン、と音がした。
母が皿を取ろうとして急須のふたを落としたのだ。

「あ」

皿を置いて、しゃがんで落ちたふたを拾う。

「あぶないあぶない」

落としたやないか!

ふたを戻し、皿をテーブルに並べ、冷蔵庫から衣のついたエビを出してきた。
エビフライはまだだったのか。
私はもう腹ペコだ。
揚がったものから食べようか、冷蔵庫で何か探そうか。
そうそう、スーパーで買ったポテトサラダがあったはず。

ふと見ると、親父がまだキモ煮のラップをはずせずにいた。
仕方ないので手伝ってやった。
親父はキモ煮を一個取り、残りを自分の陣地に持って行った。
私にはくれないようだ。

こんな感じなので、私がどんなに効率を考えて急いでも、
決して早く帰宅できることはないのだ。






↑仕事中は私もスロウリイだけどクリックしてね。





ころんだっ





まだまだ





ぷるぷる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
油の温度は大丈夫だったのか気になって気になって
そこのところは良かったようで一安心しました。
自分もいく道ですもの、覚悟召され。
2015/02/15(日) 10:15 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
青くなってるどー
親孝行でほんま、頭が下がります、親御さんお幸せやね

ラップはずれんのも、エビフライまだ、ゆうんも分かるような気いします
逆さまに年を取れる人はいてない、ほんまに身につまされますわ
化粧品のキャッチコピーにむかし、時間よ止まれ、眩しい肌に、ゆうのんあって、『つる姫じゃー』で、『時間よ止まれ、眩しいハゲに』て、いうてましてんけど




2015/02/16(月) 10:08 | URL | かめ@昨日から杖を使用、めんどくさい #-[ 編集]
猫団子さん>
カボチャのてんぷらはちょっと焦がしたみたいです。
そろそろ電磁調理器になってもらいたいなあ。
でも、まだ揚げ物がパクパク食べられることを良しとしましょう。

かめさん>
親孝行のようでいて、買い物のお釣りをもらったりしています。
年をとるのは仕方ないですね~
たぶん今の私も、以前と比べたらずっと、渋さが増しているだろうなあ。
なんでそんだけいい感じの話で『つる姫じゃー』でオチるんじゃい。
2015/02/16(月) 22:06 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3323-007ed9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック