派ー手ワーク

ここでは、派ー手ワーク に関する情報を紹介しています。
だいたい一般的にそうなのだろうが、二月はヒマだ。
私の場合、仕事のメインが午後なので、午前中は特にヒマになる時がある。
そんな時は、ダイエット体操をしているか、
ワゴンで販売する百円商品を作っている。

百円商品とは、残っている紙をちょいと加工して商品っぽくすることだ。
たとえば、適当な大きさに切ってのりを塗ってメモにしたり、
さまざまな色を組み合わせて包んだり、
ふざけた売り文句を書いたりしている。


先日、ヒット商品が出た。
ちょっと薄目のハガキ程度の厚さの紙を、5色セットで置いてみた。
サイズは21センチ×18センチ。
50枚が5色で250枚。
これが百円だ。

百円コーナーに置いてあるのに「これいくらですか」と言ってきたお客さんがいた。
値段を教えると、びっくりして二個買って行った。
9個作って、あと残り三つだ。
まあ、ヒットといってもこのぐらいの売れ行きだ。

だから売れないものはずっと売れない。
たとえば、かなり厚い黄色の紙を正方形にして角を落とし、
“コースター”だといって置いてみた。
これは一個も売れていない。
「極めれば手裏剣にもなるよ」と教えてあげているのにだ。


先日、ちょっとした和紙が残った。
これは定期的に出ている仕事なので、残りも定期的にでる。
10センチ角ぐらいに切って、湯呑やまんじゅうの下に敷くといい、
って書いておいたのだが、どうもいまひとつ減りが遅い。
違う加工を考えなくては。

そこで私はひらめいた。
細長く残っている紙をさらに細長く切り、それを細かくみじん切りにしていく。
だいたい25ミリ角の白い紙が大量にできた。
そう、新製品『紙ふぶき』だ。

ただ、紙ふぶきというのはヒラヒラ舞わなくてはいけない。
以前、野球を見に行くのにチラシで紙ふぶきを作っていったら、
まとまって「どさっ」っと落ちただけだった。
そうなったらクレームが来るに違いない。
実験をしなくては。

機械の上で一つまみ降らせてみた。
ぽとっ、って落ちた感じだ。
これではわからない。
机の上でもやってみたが、掃除をしたくない気持ちが強すぎて実験にならない。

思い切って、250枚を派手に撒いてみた。
おお、なんだかとても滞空時間が長い。
やはり紙ふぶきは舞い散らさなければ真価が問えない。
ただし掃き掃除がめんどくさい。

掃き終わったところへ口数多子が来た。
他人の意見を聴くことも重要だ。
ぱあーっと撒く。
「わあ、すごいすごい」
とても良い評価だ。

で、掃く。
掃きながら思う。
これは仕事なんだろうか、と。





↑一袋15000枚入りで百円ですよクリックしてね。






紙ふぶきなんて描きたくないの
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あのぉ、質問よろしいでしょうか。
その「紙ふぶき」の需要はどこにあると思われますか?
2015/02/12(木) 07:14 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
かみの毛ポロリとぬけた ぬけた ぬけた “かみ”吹雪~♪
今日のブログのタイトルは、「は‐ワーク」
内容は、余剰の“かみ”を有効利用「“かみ”吹雪」の作成と上手な撒き方なのだ。

かみ”吹雪といえば、以前このブログへのコメントで紹介した坂本冬実さんの「夜桜お七」を思い出す。
わたしの覚えている坂本冬実さんの 「夜桜お七」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

 坂本冬実さんの「夜桜お七」

 ほそいかみの毛ポロリとぬけた
 つけてくれる手ありゃしない
 ぬいて“”ぼりを“”とばして
 ぬけだす“かみ”に涙がにじむ
 ………
 ………
 ぬけた ぬけた “かみ”吹雪

かみの毛ポロリとぬけた ぬけた ぬけた “かみ”吹雪~♪
2015/02/12(木) 19:12 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
こみさん
長々とこみさん
話している場合ではないのよ
滅多になちチャンス逃すわよ
姫様のコメント欄 開いたのよ
足を20センチ長くして東京まで駆けつけてね
2015/02/12(木) 22:18 | URL | りら #-[ 編集]
伊勢にはないプロ野球球団の日本シリーズ優勝とか
地元高校の甲子園優勝とか
郷土からでたスポーツ選手のオリンピック優勝とか
なんぞイベントあったら、飛ぶように売れそうなんやけど

…て考えてたら
りら姫様のお城が再開
ひとり一袋用意して、馳せ参じな、あきませんわ
2015/02/13(金) 00:57 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
以前、紙ふぶきをご所望のお客さんがあったそうなんですよ。
おそらく、芝居か祝いかかくし芸でしょうね。
でもね、パーッてやるとすごき気持ちいいのよ~

chan.na.oさん>
「はー毛」じゃないっつーの。
いやでしょう、髪吹雪なんて。
もしそんな天気になったら集めるけど。
この歌の何がいやって「ポロリ」ってせつなさよ。
2015/02/14(土) 17:18 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
りらさん>
ぎゃっ、なんというタイミング。
これは馳せ参じなくては。
足を20センチ伸ばすってことは、
えーと、背伸びですな。

かめさん>
外で撒いても怒られないものかな。
製造物責任法とかに引っかかったらどうしよう。
製造者だし。
姫のお城…でも、やっぱり掃除は仰せつかわるだろうなあ。
2015/02/14(土) 17:21 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3320-2d55f088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック