FC2ブログ

新幹線のミスターY

ここでは、新幹線のミスターY に関する情報を紹介しています。
ニュースを観ていて思った。
今の新幹線ってあんな形なんだなあって。
私にとっての新幹線って、いつまでたってもひかり号だ。
先頭に満月お月さんがあって、窓のところが青いライン。
びゅわーんと時速250キロで走るやつ。

それが今ではバターを塗るヘラみたいな形になっている。
どんどんスピードアップを図り、空気抵抗を減らしていったのだ。
この空気抵抗ってやつは変な言葉だ。
ずっとあったはずなのに、減ったとか無くなったとか言われて初めて使われる。
つまり、空気抵抗の存在意義は、存在が薄くなったときにわかるのだ。

同じように、有るときは気づかれず、ないときに「無いぞ」と言われるものに、
『節操』がある。
今、「節操がある」と書いたが、普通『節操』という言葉を使うときは、
「節操がない」という場合にのみ使われる。


こういう言葉に気付いた時、いつも考えてしまうことがある。
『ミスター節操』と呼ばれる人は、節操があるのかないのか。
先ほども述べたように、節操は無いときだけ話題になる。
すごく節操がある人がいたとしても、そんな人は常識人だ。
だからと言って節操がないのに、ミスター節操、もおかしい。

えい、ややこしい。
私は方法を誤った。
目に見えない節操なんかより、形でわかりやすい空気抵抗で例えればよかった。
考えるのはめんどくさいので、上のセンテンスの節操を空気抵抗に置き換えよう。

こういう言葉に気付いた時、いつも考えてしまうことがある。
『ミスター空気抵抗』と呼ばれる人は、空気抵抗があるのかないのか。
先ほども述べたように、空気抵抗は無いときだけ話題になる。
すごく空気抵抗がある人がいたとしても、そんな人は常識人だ。
だからと言って空気抵抗がないのに、ミスター空気抵抗、もおかしい。


さて、ここまで書いて別の抵抗を受ける可能性に気付いた。
「なんでミスターばかり語るのよ。そんなの男尊女卑よ!」
と怒る人がいるかもしれない。

でも、ミスターとミスでは意味合いが大きく違うのだ。
ミスターとは何かに秀でた人を周りがなんとなくそう呼び始める。
それに比べて、ミスは立候補し、審査の上で決定されなければそう呼ばれない。
だからミスター節操やミスター空気抵抗はどんな人かわからないが、
ミス節操もミス空気抵抗も、美人であることが条件になっているのだ。


ああ、またたわいのない話をかいてしまった。
そういえば、たわいもないときだけ語られる。
「ミスたわい」って「ミスターY」みたいだな。
どっちも知らんけど。






↑なんやこのネタ、と思ってもクリックしてね。





s-141116misuta.png
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
本数がというより、触覚みたい
「有る時は語られず、減ったとか無くなった時に騒がれるもの」
いつものは当てはまらヘンなぁ。
有る人には「より艶やかに」
減ってきそうな人には「育成」
無くなった人には「造成」
語られるもんなぁ。
2014/11/16(日) 07:48 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
「ミスター発毛抵抗」は発毛抵抗力に禿でている

本当に新幹線は、ミスター空気抵抗と言えますね。
11月13日には2027年の中央新幹線の開業をを目指して、
時速500kmの試乗会を実施したそうです。

「ミスター発毛抵抗」は、発毛しようという力を
発毛させまいとして抑える力→「発毛抵抗力」が強いものということだ。
発毛抵抗力の強い人は、発毛が少ないか、発毛が皆無ということになる。

ミスターとは、何かに秀でたものを周りが賞賛して呼ぶ称号だが、
「ミスター発毛抵抗」の“ミスター”は発毛抵抗力が禿でていることになる。

「ミスター発毛抵抗」は発毛抵抗力に禿でているのだ!
2014/11/16(日) 10:54 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
発毛抵抗力の存在は、毛ぇが薄くなりはじめてわかる…
たしかに髪は、おらんくなったとき初めて大事な存在やとわかる、長~い友達やね

<span style="background-color:#FFFF00;">かめ</span>はこないだ、元の職場の係長に『居なくなって初めて、大きな存在だったと思いました』とゆわれましてん
この体重なら、そらそーですやろ

黄色いネクタイ柄のマント、なんか、ええなあ、欲しいなあ
2014/11/16(日) 17:32 | URL | かめ #-[ 編集]
たわいもない話としては、チェスタトンが「グラス氏の失踪」なるタイトルの、メイントリックがダジャレ、という、すごい短編ミステリー書いてたなあ。

困ったことにわたしこのミステリー大好きで(笑)
2014/11/17(月) 17:53 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
猫団子さん>
確かに触覚風になっちゃったんだけど、言うならば枝毛よね。
ほかに「Y」に絡めるところがなかったのよ。
いつもの、という言い方も微妙ですが、
ない、ということをあらわす単語があることが不愉快よね。

chan.na.oさん>
新幹線は流体力学なんかに詳しい専門家が空気抵抗に対抗してるんだろうけど、
発毛抵抗って、なにが、なぜ、抵抗しているのだろう。
何故発毛をうながさん。
発毛うながしに秀でたミスターうながし、今どこにいるの?
こらー、秀でるが間違っとるぞー!
2014/11/17(月) 18:49 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
かめさん>
あのコマーシャルのインパクトは強いなあ。
でも、ひとつ言いたいことがあるのよ。
抜け始めてわかる、て言うけど、抜け始めたのがわからなかったのよ。
大きな存在のかめさん。
マントで体が隠れるかな。

ポール・ブリッツさん>
あら、チェスタトンとはうれしいなあ。
にしても、その短編はなんという本に入ってるんだろう。
チェスタトンの大胆なネタ、ステキよね~
読むのちょっとしんどいけど。
2014/11/17(月) 18:57 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
たしか「ブラウン神父の知恵」だったと思います。

最初に読んだのは児童向けのリライトでしたが、呼吸困難になるほど笑ったのを覚えています。
2014/11/18(火) 19:19 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
ありましたありました。
ブラウン神父譚だったとは。
もう気になって仕方ないので読んでみますね。
2014/11/18(火) 21:39 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3231-680c8b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック