fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

スローなブギでしめてくれ

どんなに穏やかでのん気な人でも、
時には勢いで一気に敏捷にやらなければならないことがある。
でも、普段から敏捷でない人は、たまに敏捷になろうとしても無理なのだ。
私は穏やかでものん気でもないのに、敏捷でもなかった。


新店舗に引っ越して間もなく一ヵ月になろうとしている。
しかし、まだ前の倉庫には棚やら商品やらがたっぷり残っている。
これらは、店で売るものは新店舗へ、
そうでないものは本社へ持っていくことに決まっている。

新店舗の棚は、ほぼ計画通りに設置が終わった。
ただ、私のパソコンを置いていた手作りの台が、店で必要だと言われた。
ならば、今のうちに前の倉庫に行って具合のいい棚を持ってきてやろう。
そんなわけで、私は車の畑道具をおろし、自分の車で前の倉庫に向かった。

私はすべての棚を把握している。
目星をつけていた棚を確認し、すぐに分解を始めた。
これは分解が簡単なタイプなのだ。

あっという間に目的は達成されたのだが、
それだけ持ってガラガラの車で帰るわけにはいかない。
店長もこちらに来るたびに車いっぱいの荷物を積んでくるのだ。

ハガキに名刺に手提げ袋に書道半紙に色紙、もちろん大判の紙もたくさん残っている。
その中で私は封筒を持っていくことにした。
つい最近、封筒用の棚が完成したばかりなのだ。
それよりも、封筒は箱に入っていて、軽いしきれいだ。
自分の車に積むのならこういう荷物に限る。

どがどが積み込む。
ちょうど荷物を取りに来たО川とN岡がいて、どがどが積んでくれた。
おいおい、そんなに積むな。

目一杯積んで、あと三箱残った。
わずかな隙間にまで詰め込んだのでこの三箱が収まらない。
入るとしたら後ろのドアとの隙間だ。
ここに立てて乗せるしかない。

封筒の箱は10×30×50センチぐらいの平べったい形だ。
これを目一杯積んだ荷物に張り付けるように立てかける。
下に二つ、その上に一つ。
もちろん自立なんてしていない。
手で押さえていないと倒れてくる。

封筒を手で押さえながら、上に跳ね上げてあるドアを下ろしてくる。
ドアをギリギリまで持ってくるには体がどかなければならない。
右手で封筒を抑え、左手でドアを下げてくる。
ラスト、右手を離して封筒が崩れるまでの一瞬にドアを閉めるのだ。

今だっ!
バリッ!
ギャッ!

まさにその瞬間、ドアの角っこが作業服に引っかかった。
なにしろ敏捷に動こうとしたから力がこもっている。
作業服は大きく破れてしまった。
しかも半ドア。





↑これだけの話をずいぶん水増ししたけどクリックしてね。






反復横跳びだ
スポンサーサイト



[ 2014/10/30 06:42 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)
あああああぁ~
手を詰めたのかとドキッとしましたわ。
作業服で済んでまだよかったと思いましょう。

半ドアのまま走ったの?
ダイジョブだった?
[ 2014/10/30 06:53 ] [ 編集 ]
こみさん
自分の能力をよく掌握して下さい
その範囲内で行動を起こして下さい
怪我をしたら・・・
このブログ継続出来なくなるからね

こみさんは 会社より
ブログが大切でしょう・・・
[ 2014/10/30 07:32 ] [ 編集 ]
ありましたねえ、「アストロシフト」…な内野手二人だけで鉄壁の守備ができるって……無理だよ(笑)
[ 2014/10/30 15:21 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
作業服に穴があいてて、
体が逃げた時にドアの角っこがひっかかってたのよ。
崩れないギリギリまで開いて締め直したから半ドアじゃなかったよ。

りらさん>
そうか、自分がどこまでできるかが把握できてなかったのか。
お腹が出っ張ってるからかと思ってました。
もちろん会社よりブログ。
ブログが給料くれたらなあ。

ポール・ブリッツさん>
お、これはひょっとして、
集まらねえと発破かけられる球団ですな。
確かに、いろいろと無茶な集団でした。
[ 2014/10/31 18:45 ] [ 編集 ]
発破かけられるのは「アパッチ野球軍」(^_^;)

「アストロ球団」が九人揃って野球をやったことって……あったっけ?(^_^;)
[ 2014/11/03 21:17 ] [ 編集 ]
ポール・ブリッツさん>
うあーーーー!
しまったーーー!
世の中に球団と刑事ドラマが多すぎるんだあああ
[ 2014/11/03 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム