fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

冬が来る前に来た

お昼休みはいつものように、機械の後ろの秘密の小部屋で本を読んでいた。

小部屋と言っても仕切りのない、ただイスが置いてあるだけのスペースだ。
あと少ししたら暖房設備を考えなければならない状況だ。

今読んでいる本がつまらなくて集中できていなかったのかもしれないが、
字を目で追いながら、視界の端に動くものを感知した。
私は動くものに敏感だ。
未だ生命の気配を感じさせないこのコンクリートの倉庫に、
いつ、昆虫より足の多い生物がやってくるか戦々恐々としているのだ。

はっ、と目をやると、そこにいたのはカメだ。
直径5センチほどの黄土色の小ガメだ。
それがえっちらおっちら這ってきて、棚の下に入っていこうとしている。

こいつはいかん。
奴が棚の下に入っていくのは勝手だが、
そんなことしたら絶対にそのまま死んでしまう。
死ななかったとして、そこに1万年住まれても困る。
棚の下に入る手前で捕まえた。


私が指でつまみ上げると、カメは甲羅に引っ込んで防御の体勢だ。
さてこいつをどうしたものか。
裏口から出たところにはドブがあるのだが、
なんだか水が汚そうだし、高さが2メートル以上もあるので落とすわけにもいかない。

とりあえず、私の昼休みがもったいない。
その辺にあったプラスティックのケースに入れて、目の届くところに置いておいた。


さて、何度も言っているが、私の今の勤め先はオープンしてほやほやの新店舗だ。
開店時には花やら蘭の鉢やら観葉植物やら、お祝いがいっぱい並んでいた。
これもそういつまでも飾っていられない。
花は来た人が勝手に持って行ってくれるのだが、蘭や観葉植物は置いてある。
どうやら、わが社には蘭を育てる趣味のある人はいないようだ。

最終的には分け前と言うことで半強制的に一鉢ずつ持たされた。
私は、ちづるが植物好きなので赤と白の二鉢と観葉植物を一本もらってきた。
それでもまだ店内には観葉植物が4本もある。

一本だけ、店の外の置いてある観葉植物があった。
これも奥さんは私に持っていけという。
ちづるが何とかするだろうからもらっていくことにした。
これが枯れても、この鉢だけでも値打ちがありそうだ。


昼休みが終わり、本を閉じ、カメを見る。
顏だけちょっと出している。
私がいたのは倉庫の一番奥だ。
その入り口の前はアスファルトの駐車場、よくぞここまでやってきたものだ。

そう思うとポイとそのへんに放り出せない。
まだ小さいからカラスに狙われるかもしれない。
また道に出たら車に踏まれるかもしれない。
ずいぶん気温も下がっているから、凍え死んでしまうかもしれない。

とりあえず、観葉植物の根元に置いた。
コンクリートやプラスティックより、土の方が居心地がいいだろう。
鉢の縁より土がだいぶ低いから逃げ出すことも無理だ。

しばらくしてみてみたらいなくなっていた。
今これを読んでいるみなさんと同じことを想像して、ちょっと土をほじくってみた。
ほうら冬眠している。

寝ているところを起こされるのは不愉快なものだ。
なので、そのまま家に持って帰った。
さあちづるさん、あなたの好きな観葉植物(カメ付)だよ。
春まで育ててくれたまえ。






↑ツルとカメがそろったからクリックしてね。





どうやって掘った
スポンサーサイト



[ 2014/10/21 06:37 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(8)
カメ!!
あ、かめさんじゃなくてカメね。
カメって土に潜って冬眠するの?
[ 2014/10/21 06:58 ] [ 編集 ]
か、かめは思った以上にでかくなる。
観葉植物の鉢くらいのが春に鉢から出てきたらおどろくなあ。
(いやいやそんなに早くはない。かめだけに・・・)
[ 2014/10/21 08:58 ] [ 編集 ]
ツルとカメがそろった かみのけぬけたのだあれ♪

カメを連れて帰ったのだ!

「助けたカメに連れられて竜宮城に行き、
貰った玉手箱を開けると中から白い煙がモクモクと出て、
かみの毛がフサフサになるにちがいない!」ことを期待してのか!

ツルとカメが揃ったところで、
わらべうたの「かごめ かごめ」を思い出した。
わたしの覚えているわらべうたの「かごめ かごめ」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

 わらべうたの「かごめ かごめ」
 かごめ かごめ かごの中のとりは
 いついつでやる よあけのばんに
 つるとかめが すべった
 かみのけぬけたの だあれ♪

※「つる」→「つるっぱげ」のこと

ツルとカメがそろった かみのけぬけたのだあれ♪
 
[ 2014/10/21 10:07 ] [ 編集 ]
わあい!!!
なんか、うれしーーー\(≧∀≦)/
春になるのが楽しみだね!!!
[ 2014/10/21 18:32 ] [ 編集 ]
こみさん
最初の部分だけ読んでいると・・・
ミステリー小説のようです

椅子が一つある秘密の小部屋
そこでただ一人本を読む人

そこから先は 読まない方が良かったみたい 損した気分!!!
[ 2014/10/21 20:18 ] [ 編集 ]
りら姫様には不評でも、乙姫さまはお喜びです
takako.t.maruさま、ほんまに、いつの間にか大っきなって、体重が膝の圧迫骨折を引き起こしましたで…( ノД`)

かめは予想をこえて大っきなりますのや

へてから、黄色い甲羅ゆうのんも気になります
うっとこのご近所に、甲長40センチを越える大ガメをお庭で放し飼いしてはるお宅があります
その子の甲羅も黄色です

しやけど大っきなるから、て棄てたらあきませんでー
[ 2014/10/21 21:31 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
かめさんが来たらもっとびっくりするけどね。
かめさんが冬眠したらもっともっとビックリするわー
ちなみにカメはもぐりますぜ。

takako.t.maruさん>
まさかゾウガメではないと思いますぞ。
冬眠中にそんなに育つとは思えないけど、
寝ているうちに育っている経験はあるからなあ。
育ったのよねえ。

chan.na.oさん>
連れて帰ってしまっては竜宮城にいけないんじゃないの。
しかもいじめられてたんじゃなくて、あっちから来たのよね。
とはいえ、白髪でもいいからふさふさしたい。
かごめかごめって、救いがないなあ。
[ 2014/10/22 18:31 ] [ 編集 ]
かじぺたさん>
なぜか喜びが生まれているぞ。
かめを心地よく冬眠させる環境は、
観葉植物にとって辛い環境らしいです。
待ち遠しいなあ、啓蟄。

りらさん>
ミステリアスなオープニング。
カメをミステられないエンディング。
これも一つの事件ですから。

かめさん>
ちづるは『かめお』と名付けてますが、飼っている感はゼロです。
というか、春になったら飼うのかな?
ミドリガメだと思ってたんだけどどうやら違うみたい。
そんな南国の大亀みたいになられたら困るなあ。
[ 2014/10/22 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム