スルリとサスペンス

ここでは、スルリとサスペンス に関する情報を紹介しています。
ドアが開いた。
自宅でトイレのドアノブをひねって引いたのだから当然だ。
だが何か違う。
軽いのだ。
力を入れなくても開いたのだ。

どうしたのだろう。
ひょっとしたらちづるが蝶番に油でも刺したのだろうか。
いつもの調子でドアを引いたら、危うく勢いで頭をガツーン、
なんてコントみたいなことになってしまいそうだった。
そうなった時のことを考えて、トイレに座ったあとニヤニヤしてしまった。


そういえば、スリッパもすべすべしているような気がする。
足が「すっ」と入った。
なんというか、摩擦係数が普段より少ない感じなのだ。
いや、多いのか?
摩擦係数、なんて難しい言葉を使ったのがいけないのだ。

摩擦係数が多いとスルリなのか、少ないとスルリなのか、私にはよくわからない。
でも、それは別にどうでもいいことだ。
トイレに座ったあと、
「マサチューセッツ摩擦係数」
って言葉を考えてニヤニヤしてしまった。


そういえば、座った時も普段と違うような気がした。
便座と私のお肌のマサチューセッツが低いようなのだ。
なんちゅーか、すべすべしているのだ。
私のお肌がきれいになったのか。
あるいは便座がすべすべになったのか。

ドア、スリッパ、便座とすべすべになったとしたら、
考えられることは二通りだ。
一つはトイレの大気中にすべすべ物質が含まれたということだ。
たとえば、バルサンとかそんな感じのものをちづるが使ったのかもしれない。
あるいは、裏の家でやった焼き肉の煙が入ったのだろうか。

そこでちづるに訊いてみた。
まず、ドアが軽く開くようになった理由は、窓を少し開いたのだそうだ。
つまり、密閉されていたので空気圧の関係で開きにくかったドアが、
簡単に開くようになったということだ。

それでどうしてスリッパがすべすべになるのか。
スリッパは新しいのに替えたのだそうだ。
しかも、古いのを捨てて新しいのを置いたのは私だ。
すっかり忘れていた。

ということは、便座がすべすべしているというのは、私の勘違いなのか。
ドアやスリッパがすべすべっぽいと感じたので、
便座もそのようであると、思ってしまったのか。
やはりこれが正解なのか。

一応、もう一つの答えを考えてみよう。
それは、私自身がぬるぬるしているということだ。
ぬるぬるとすべすべは違うと思うが、なにしろ人間は勘違いをしやすい。
無いとは言えない現象だ。

なんやこの話。






↑すべらやかにクリックしてね。





不吉な絵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あー、きゃー
ツルツルだと滑りがイイを自分モデルで画にするなんて(T_T)
ハ…なんてつい打っちゃうのは指が滑ったなどと言うのだろうか?
2014/10/04(土) 07:02 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
あー。
話しのオチもツーっとどこかへ滑っていっちまったのか、と。
お尻がヌルヌルってどうよ。
2014/10/04(土) 08:25 | URL | takako.t.maru #CpM.Emfc[ 編集]
こみさん
今日の記事を読んで思いだしました
あるブロ友さんのプロフィール

「 最近物忘れをしなくなった 忘れる前に覚えられない」
以上・・・
2014/10/04(土) 20:49 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
たとえですよ、たとえ。
指も口も頭もギャグもすべっちゃダメです。
でも、他に思いつかなかったのー

takako.t.maruさん>
これからはオチまで考えて書くようにします。
大抵、行き当たりばったりのオチなの。
それがいいときもあるんだけどねえ。
おしりじゃなくて、お肌がヌルヌルって言ってくれる?

りらさん>
とてもよくわかります、その気持ち。
忘れるよりなにより、覚えられないのよねー

なにが?
2014/10/04(土) 21:47 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ご無沙汰してます
つるっときたら龍角散(ええー!?)

久々の書き込みがこれですみません(^^;)
2014/10/04(土) 22:27 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
いらっしゃいませ~
龍角散で治るなら長靴いっぱいでも食べたいです。
ホントになんてことを。
2014/10/05(日) 22:42 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3188-e33639ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック