FC2ブログ

迷いなきマヨの量

ここでは、迷いなきマヨの量 に関する情報を紹介しています。
昨日は月に一度の親父の通院日だ。
付き添いの母親とともに病院に乗せていき、私は駐車場で読書をしていた。
そのあと食品を買いにスーパーに行き、
ちづるが出勤の日だったので、実家でお昼を食べてきた。

家に帰って作っている時間がないので、スーパーでお総菜を買った。
ウチの両親はもう結構な年なのに、肉も揚げ物も大好きだ。
私がから揚げを選んだのに、白身魚のフライを買い、
さらに味噌汁に入れるのにかき揚げを買おうとしていた母。
健康なんだか不健康なんだか。


親父はなかなかに内臓が強い。
一時血圧が上がったのだが、今は薬で落ち着いているようだ。
脂っこいものが好きな上に超甘党なのだが、
糖も肝機能もその他もろもろ数値には異常がない。

親父は食にとてもうるさい。
それも、質より量にこだわりがあるようだ。
例え刺身があと一切れになっても、いらないと思ったら決して食べないし、
ごはんをよそう量には刑務所並みに神経質だ。

たとえば、おかわりをするのに、
半分、ちょっと、少し、ほんの少し、一口、ちょっとだけ、などの分類があり、
「このぐらい?」とよそった量を母が見せると、
もっと、もうちょっと、多い、多過ぎる、などと必ずクレームをつける。
で、多いときはまるで一大事のように大きな声で「多い!」と言う。


そんな親父なのに、揚げ物につけるソースの量に無頓着なのはなぜだ。
マヨネーズを小皿にたっぷり出して、そこにウスターソースをとっぷりかける。
それをから揚げやフライにたっぷりつけて食べている。
それでもあとにはソースがたくさん残っている。

何十年も繰り返してきたことだ。
自分が食べる量もわかっているはずだ。
なのにどうしてちょうどいい量のマヨネーズやソースが出せない。
むしろ、足りなかったら足せばいいではないか。

付けて食べる方式で量がわからないのなら、かけて食べたらどうなのか。
それなら適量もわかりやすいだろう。
最近のマヨネーズは細く出るから、分量の調節も簡単だ。
だがそれはしない。

これはもう、マヨネーズを出すのがヘタだと考えるしかない。
ちょうどいい量を上手に出せないのだ。
たとえば。上手なペンキ屋さんは色を合わせてもあとに残らせないという。
最初から、どの色がどのぐらい必要かを把握しているのだ。

私が知っている印刷業の人でも、達人はインキを印刷機に残さない。
印刷される絵柄と枚数を見て、大体のインキ量がわかるのだ。
印刷機にどうしてもついてしまうインキ量も勘定に入れてだ。

あれだけ毎日繰り返している作業でその量がわからない親父。
マヨネーズ出しの達人になれとは言わないが、
せめて人並みの判断ができるようになってほしい。
おそらく、そんなことだから医者通いをする羽目になっているのだ。
ちょうどいいだけご飯を食べて、食後の大量の薬を飲みかねることになるのだ。

……
……
あのいっぱいある薬、マヨネーズ味にならないだろうか。





↑ポン酢をオススメしたいのだがクリックしてね。






ここんとこ水色がよく使われる
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
マヨソフトってヤダ
たぶん、お父様にとって残すぐらいに出すマヨネーズの量が適量なのでしょうね。
でも、でも、揚げ物にマヨネーズは控えられた方が…ムリでしょうね。
2014/09/28(日) 07:22 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん 
私はこみさんの実家ネタが好きです
こみさん お父様の苦情を言ってはいけません
このお父様あってこそ・・・
お母様あってこそ・・・
一年間の内
どれだけのネタが出来ると思いますか
有難いことでしょう

2014/09/28(日) 07:46 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
たっぷり欲しいんでしょうね。
でも残るともったいないもの。
買い物は一週間分なので、いろいろ買うでしょ。
すると、おはぎやまんじゅうとタコ焼きを食べたりしています。
ごはんの前に!

りらさん>
気に入ってもらえてうれしいです。
ネタをもらえるのはありがたいけど、よけいな仕事が増えるんですよね~
新聞の広告欄の本を買わせようとするんですよ。
まだ発売されてないのに。
2014/09/28(日) 22:29 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3182-03cfa3eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック