ありふれた人

ここでは、ありふれた人 に関する情報を紹介しています。
ウチの会社の正面は店舗になっていて、その横が駐車スペースだ。
その奥にシャッターがあり、そこから倉庫になっていて、
真っ直ぐ入って行くと水道と冷蔵庫があり、そこから入ったところが私の居場所だ。

手を洗ったかお茶を飲んだかした時に、何気なく入口の方を見ると、
誰かがシャッターの当たりでおろおろしていた。
店に入るでもなく、誰かが相手をするでもなく、手持ち無沙汰な感じだ。

恐らくその人は目がいいのだろう。
私の姿を見つけると、微妙な会釈をした。
見つかっちゃった。
こうなったら相手をしなくてはならない。

近づいていって「いらっしゃいませ」というと、あちらの方が低姿勢だ。
どうもお客さんというより、どこかの業者さんのようだ。
私も「あのひとじゃないかな?」と思い当たる人がいた。
でもなんだか自信がない。

その人は私に、
「どうも、○○です」
と自己紹介してくれたのだが、その名前には聞き覚えが無くて、
「はあ」みたいなあいまいな態度をとってしまった。

するとその人は、
「あの福井の…」

やっぱり。
私が思い当っていた業者さんだった。
月に一度福井からくる業者さんだと思っていたのだ。
ただし、月に一度来るといっても、毎回私に会うわけではない。
なので私は、年に数回あいさつを交わすぐらいの間柄なのだ。

その人は、
「お忘れでしたか」
と悲しそうな顔をした。
悲しそうな、非難するような、いやそれよりも、
「私を忘れたの?」という驚きのニュアンスが含まれていた。
彼は、スキンヘッドだったのだ。

だからこそ、私も福井の人じゃないかなと思ったのだ。
ただ、その人であれば事務所に入り会長とお話をしているはずだ。
こんなところでぼんやりしているはずがない。
聞けば、別の業者が来ていて待っていたのだそうだ。

その人はこう言いたかったに違いない。
「おいおい、私を忘れたの?
 私はスキンヘッドなんですよ。
 こんな特徴のある人間、どこでも忘れられたことないよ」

もちろんそうだろう。
だから私も覚えていたのだ。
ただ、私はあなたが思っているより、スキンヘッドに慣れている。
いつもの居酒屋では、場合によってはカウンターにスキンヘッドが五つも並ぶのだ。
そんなグループで私は“次世代のスター”と期待されているのだ。


だから福井の人は私を覚えていたのか…?





↑FF(福井のフサフサ)の人もクリックしてね。






こんな設定もあったのよ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
若くてイケメンでスキンヘッドなら絶対覚えているのに
と書いたけど言い切れる自信が無い。
居るべきところに居ないとその人かどうかわからんことない?

2014/09/03(水) 07:12 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
悪性脱毛症で長いこと苦しんでます。

20のころより今のほうが圧倒的に黒々していて太い髪の毛なのが嬉しいです。

誓って自毛です(^^)
2014/09/03(水) 17:46 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
むかし、産婦人科医院を京都で開業してた大叔父がめが
母がめに『道ばたでセンセ、こんにちわー言われても、はて、誰だか思い出されへん。内診台に上がってもろて、脚を広げたとこで、ああ、○○さんやね、て、判ります』

ひとによって、目ぇのつけどころが違ゃいますのやろ、せっかく、はるばる福井から『ハゲの同志』にあえるのを楽しみに来てくれたのに…
2014/09/04(木) 18:27 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
私も若くて美人のスキンヘッドなら忘れないんですよ。
でも、ほんと、いつもの場所じゃないと人ってわからないよね。
スーパーで会った人ってワカラン率8割ぐらいだもの。

ポール・ブリッツさん>
悪性脱毛症なのに、若い時より黒々してるの?
その方法をおせーて!
私の脱毛はいつの間にか進んでいたのよ。
まさか慢性?

かめさん>
えーと、返事をしにくいコメントですな。
福井の同志、なんだか佇んでたんでお客さんかと思ったのよ。
そういえば頭は知ってても、顔は覚えてないなあ。
誰が同志や。
2014/09/04(木) 22:19 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
方法といっても
医療知識がないので詳しいことはわかりませんが、

「皮膚科へ行くこと」

ではないかと……。
2014/09/06(土) 22:49 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
おお、いつもならとあるメーカーさんに行けと言われるところを、
なんと建設的な案。
なんかリアルだけど・・・
黒い粉だけはイヤだと思っています。
2014/09/06(土) 23:04 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3155-e63847e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック