光と音と生ビール

ここでは、光と音と生ビール に関する情報を紹介しています。
これまでのあらすじ
早起きしてトウモロコシを収穫していたら、ポツポツ雨が当たってきて、
午前中の草取りも、夜の花火大会もダメかなあ、と思った。


ちづるが出勤していくと、天気はまあまあ。
草取りをするなら上天気よりまあまあの方がいい。
お茶とねじり鎌だけ持って畑に降り立つ。

まずはオクラの畝。
ねじり鎌で草を根から掘り返し、その根を上にしてオクラの根元に敷いていく。
そのあとは順番に、トマト、シシトウ、ナス、ピーマンの畝だ。
ここの草は取り除く。

これらの苗の間にはサニーレタスが植えてあった。
もはや身長はナスより高く、てっぺんには花が咲いている。
これを引っこ抜き、バラバラにして夏野菜の根元に敷く。
草除けと乾燥防止だ。

キュウリとゴーヤの畝はやりにくい。
ツルが茂っているので根元が見えないのだ。
これをちょいと持ち上げて、下の草を削り取る。


このころからちょっと雰囲気が変わってきた。
空がどよんと暗くなり、カラカラコロコロと恐ろしげな音が聞こえてきた。
車のロックが開く音がするので見てみたが誰もいない。
どうやら謎の電気現象のようだ。
空が鳴り、ロックが開いたり閉じたりする。

ボタッ、ボタッと大粒の雨が落ち始めたころ、
叔父さん叔母さんがトラクターと軽トラで隣の畑にやってきた。
ちょっと立ち話をしていると天空のドラマーが調子に乗ってきたようだ。
雨はドバドバ降り始めたし、音はどろろんからカリカリになってきた。
ときどき稲妻がフラッシュして驚かす。

これはちょっと危険な状態だ。
近くには家や鉄塔があるけれど、なにしろ周りはほとんど田んぼと畑。
雷さまのチョイスは気まぐれだ。
さすがの叔父さん叔母さんも帰り支度を始めた。
私も車に飛び乗って、土手を上がった瞬間だ。

私の視線の真正面、ずっと遠くに見えている街中の看板のようなところに、
今まで見たことのないような太い光の折れ線グラフが、

カッ!

目に焼き付いてしまったのか、
「あれ?稲妻でしょ。まだ見えてるよ、まだ見えてるよ、大丈夫なの?」
ってぐらい長い時間見えていた。
そして「あわわ」と三回唱えるぐらいの時間をおいて、

コキリコッ!

なにとなにがいがみ合ったらこんなきしみ音が出るのだろう。
音だけでなく、振動が体中の産毛を伝わってきた。
トラクターで帰る叔父さんを心配しながら、私も一目散に逃げかえった。


そのあと、一旦大雨が降ったけど、花火大会の時間には具合のいい涼しい天気。
生ビールを飲んだ後、近くの歩道橋からしばし花火を眺めていた。
雷さま、人間が仕返ししてきたと思ってないかいな。






↑エレキの力でクリックしてね。





アース忘れた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
避雷針がヨンホンもあるのに
トケ井に落ちたの?

雨はありがたいけど、雷は勘弁してほしいですわ。
2014/07/20(日) 07:48 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
コキリコ!

いやあ、素晴らしい表現で、臨場感が増した。


コキリコっ!!!
2014/07/20(日) 08:21 | URL | takako.t.maru #HL2jsdHs[ 編集]
こみさん
皆さんへのコメントの返事が書き終えたたので・・・
こみさんの家に来ることが出来ました

ところで記事とは関係なくてごめん
私へのコメントで・・・
道の写真集のことが書いてありましたね
興味があります
出版社 著者 教えて下さい
2014/07/20(日) 21:27 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
四本は避雷針と違いますがな。
パーマは禁止なんだから。
雷、この時は怖かった~
今うっかり「髪あり」って売っちゃった。

takako.t.maruさん>
コキリコッを気に入っていただけましたか。
いやホント、ガラガラとかドカーンって音じゃなかったのよ。
一番近い音は、社内旅行で聞いた社長の歯ぎしりかなあ。

りらさん>
お疲れ様です。
たくさんあったから大変だったでしょう。
りらさんはマメだし。
道の写真集は『ピエ・ブックス』という出版社の『道のむこう』です。
『道のつづき』と『どこまでも続く道』という続編があります。
作者はベルンハルト・M・シュミッドという外人さんです。
世界中の絶景の中の道の写真集、ステキですよ。
2014/07/21(月) 23:14 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3110-26e23e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック