セミしぐ連

ここでは、セミしぐ連 に関する情報を紹介しています。
ああ暑い。
でももう暑いなんて言わないでおこう。
そんな誓いを破らせるのがセミたちの鳴き声だ。

いったいどれだけのセミがどんな勢いで鳴いているのだ。
私が朝、ちょっと日陰で休んだりする伊勢神宮の別宮『つきよみさん』は、
ぐるっと一周できる道路がある。
つまり、町の中に島のように自然の木々が茂っている場所だ。

ここだけで、空が「ぞーん」と震えるほどのセミの声だ。
なにか巨大な一匹の生き物が咆哮しているように感じられる。
昔の人々はそれを妖怪の仕業だと思っていた。
『セミ入道』というのがそれだ。

丁度区切られた区間なのだから科学的に調べてもらえないだろうか。
セミの総重量×森林の広さ×総鳴き声量。
ああ、なんで掛けてしまったのだ。
考えただけで暑苦しい。


それ以上考えちゃダメだと思っても考えてしまうのが、セミの鳴く方法だ。
奴らは羽根をこすり合わせて鳴いている。
つまり摩擦だ。
熱が発生していないはずがないではないか。

しかも擦られているのがあの薄っぺらい羽根だ。
見た目はあの燃えやすいことで有名なセルロイドにそっくりだ。
そんなものをあの大勢が擦り続けているのだ。
いつか火が着くに違いない。

特にアブラゼミ。
摩擦、着火剤、燃料とそろっている。
人間なら、免許が必要な職場だ。
それを、地面からぽっと出の奴らが安全無視でやりたい放題だ。

セミの側もわかっているのだろう。
「着く着く」
と鳴いて着火を危惧している一団がいる。
ただ、万が一を考えて「防止」しているので大事にならずに済んでいるのだ。


あれ、昨日仕事中に考えていたセミの小ネタがもう尽きてしまったぞ。
なんだか普段の更新よりちょっと短い。
じゃあ、セミ更新ってことで。
これも読まれていたかな。





↑背に身は替えられんのでクリックしてね。






散歩





飛来





なにがあった?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自由研究採点
良いところに目を付けましたが、残念ながら違うんですねぇ。
セミはお腹の弁を震わせて、尚且つお腹全体を使って共鳴させて鳴いているんですねぇ。
鳴くのはオスだけ。
太ったお腹は共鳴させるためだけの装置と言ってもいいくらいで空っぽなんですって。

でもって、セミには鼓膜があって仲間の鳴き声を聞き分けているそうな。
五月蠅くないんかいな?
2014/07/18(金) 07:19 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
だったら、こみさんも腹を共鳴させて鳴けそうですね。
レッツ、トライ。
2014/07/18(金) 10:47 | URL | takako.t.maru #HL2jsdHs[ 編集]
かみのけ おっちだぁ ちゅてだいが にゃて くりゅきゃ 裏の松山 セミが鳴く

猫団子さん、ありがとう!
勉強になりました。
セミはお腹の弁を震わせて、
尚且つお腹全体を使って共鳴させて鳴いているのですね。

こみさん、夏はセミが鳴くものです。
セミが鳴くのをやめたら何のために生まれてきたのかわかりません。

うるさいなんて云わずに、
こみさんもお腹全体を使って共鳴させてセミと一緒に鳴いてみたら如何ですか。

それとも、セミの鳴き声に合わせて何か唄唄ってみては如何ですか。
セミには鼓膜があるとのことですから、こみさんの唄ごぇを聞き分けて、
喜んでくれると思いますよ。

セミが鳴くといえば、「五木の子守唄」を思い出した。
わたしの覚えている「五木の子守唄」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

 「五木の子守唄

 おどま たんしん たんしん
 あん人達(たち)や よかしゅう(衆)
 よかしや よかかみ よかヘアー
 かみのけ おっちだぁ ちゅて
 だいが にゃて くりゅきゃ
 裏の松山 セミが鳴く
 セミじゃ ごんせぬ
 とこやでござる
 おやじ なくなよ
 “け”にかかる~♪

※たんしん→嘆心(なげくこころ)

かみのけ おっちだぁ ちゅてだいが にゃて くりゅきゃ 裏の松山 セミが鳴く
2014/07/18(金) 12:47 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
笑える~
いやぁ 来てよかった!
師匠らしい記事ですわ。
落語にしたらどないでっしゃろ?
でもセミは嫌いです。
テニスコートの周りは10センチ間隔にセミの出てきた穴がいっぱい。
寒気がします。
テニスバッグはセミのお小水でベットベトだし・・・ほんと大嫌い。
一番気に入らないのは私の怒鳴り声がセミの声にかき消されるという屈辱!
2014/07/18(金) 23:02 | URL | マコト #frCxPgj6[ 編集]
猫団子さん>
なんですと!
じゃあセミは幼虫でも鳴けるんじゃないの?
むしろ、抜け殻の方が共鳴しやすいんじゃないの?
私もお腹に『ベン』はあるんだけど、震わせて鳴くことはできないなあ。
それにしても、弁と空洞と羽と鼓膜のあるセミ。
なんて薄っぺらい存在。

takako.t.maruさん>
私のお腹の中には空洞がないの。
中身はとろりとした液体で満たされているの。
だから、鳴けたとして「ぶるるるる」って感じかな。
2014/07/19(土) 18:04 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
chan.na.oさん>
夏はセミが鳴くもの。
だとしてもっと涼しげに鳴いたらどうでしょう
ほら、虫の中には「ちんちろりん」なんて風雅な鳴き方のもいるし。
ま、私のお腹では「ぐー」ぐらいしか鳴けませんが。
えーと、今回の歌は方言が強すぎてどうなっているのかわかりませんぞ。

マコトさん>
ニイニイゼミとかヒグラシとかも使えないか考えましたよ~
私はあの幼虫の形がかっこよくて好きなんだけど、
穴がいっぱい空いている光景って怖いのよね。
でも多分、マコトさんの怒号の方がこわい・・・
2014/07/19(土) 18:41 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3108-ec266ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック