fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

中心で不満を叫ぶ

食べ物にはおいしい部分がある。
一番的確に表現している言葉は、マグロでいうところのトロだ。
好き嫌いはあるかもしれないが、もっとも重要視される部分だ。

好き嫌いさえあり得ないのが、果物だ。
果物には甘さが際立った“トロ”がある。
スイカやメロンは中心に近いところが甘い。
リンゴや梨は皮に近い部分が甘い。
イチゴやブドウは先っぽほど甘い。

私はスイカの皮の当たりが好き、とか、ブドウの枝分かれしてるところがいい、
などと言う人がいたとしたら、それは近寄ってはいけない変態だ。
もし、本当にそんな人がいたら、私に反対意見を言うよりも、
内緒にしたままで一生を終えた方がいいだろう。
人それぞれであるはずの“好み”も、時には迫害を生むことがある。


では、この“好み”を追求した食べ物、
『お好み焼き』のトロたる部分はいったいどこだろう。

お好み焼きというのはお好み焼きという名前の割に、なかなか好みでどうこうできない。
注文すれば大抵丸い形で出てくるし、
ソースやマヨネーズ、青のり、カツブシなどのトッピングは通常装備だ。
グダグダ言わずにこれで食べなさい、と言われているのだ。

ラーメンのように、麺の硬さは? ネギの量は? スープの辛さは?
などと好みを聞かれることがない。
それはとてもいいことだ。
このようにいろいろ質問に答えなければならないラーメン屋に入ってしまうと、
「媚びを売るなー!」と叫びたくなる。


となると、お好み焼きの味の肝は、上面のソースやトッピングということになる。
「お好み焼きは上の皮を剥いで食べます」
という人はいない。
いたととしたら、私があるジャンルの変態を紹介してあげよう。

では、お好み焼きのおいしいところはどこか。
それは周囲だと言えるだろう。
つまりはリンゴ系の平面版だ。
なぜなら、お好み焼きの周囲には側面があり、そこは焼けていてソースもかかっている。
同じ大きさに切ったらなら、中心部より味も濃く、カリカリ度も高いのだ。

考えてみれば、中心部の中身は焼くというより蒸してある感じになる。
その部分だけを取り出して食べてみれば、そのさみしさがわかるだろう。
お好み焼きの“好み”どころか“焼き”ですらないのだ。


で、あるにもかかわらず、お好み焼き店はどうも厚みを増すことに熱中しているようだ。
有名店など私は行かないが、テレビで見る限り、有名お好み焼きはすべて厚い。
ステーキや刺身なら厚さが魅力にもなるだろうが、
水で溶いた粉が大きな要素のお好み焼きが、厚くなってなんのメリットがあるものか。

で、お値段が1000円を超えるようなものまであるそうだ。
お好み焼きに1000円?
絶対にそんなもの好まない。





↑通はコテでクリックしてね。





三回転はした
スポンサーサイト



[ 2014/05/18 08:05 ] | TB(0) | CM(6)
読んだだけでおなかがどーんと
日常でお好み焼き食べないなあ。
アレは焼けた匂いを味わうものかしら。
千円以上?
とても手が出ん。
[ 2014/05/18 09:00 ] [ 編集 ]
すばらしい!
もう、まったくこみさんの仰るとおりです。
私が常日頃考えていることを見事細大漏らさず
ビッシバッシと書いて下さって爽快です。
今日は朝から気分がよいです!!

ちょっと外れますが…
スイカの皮付近の青いところを漬け物にせよという意見、
どう思われますか?うちの母がよく作り作れと迫られるんですが
わたくしは、勘弁してよぅ~;;と逃げ出しております。
[ 2014/05/18 09:46 ] [ 編集 ]
こみさん
「では、お好み焼きのおいしいところはどこか。
それは周囲だと言えるだろう。
つまりはリンゴ系の平面版だ。
なぜなら、お好み焼きの周囲には側面があり、そこは焼けていてソースもかかっている。
同じ大きさに切ったらなら、中心部より味も濃く、カリカリ度も高いのだ。」

数年間のお付き合い
初めて意見があいました
奇跡が起こった 2014/5/18
[ 2014/05/18 21:13 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
私も随分お店に行ってません。
スーパーのお好み焼きをまれに買うぐらいです。
どう考えてもディナー扱いじゃないよね。
いつかもんじゃ焼きに飲まれるんじゃないの?

雪花菜さん>
おっ、そういっていただけると嬉しいです。
自分だけじゃなかったって自信になるもんね。
世の中よ早く気づけって感じです。
スイカの皮の漬物…
“ドブ漬け”といってこちらでも食べてましたよ。
でも、かじった皮を使いたくないし、
スイカはかじりたいもんね。
ほかに食べるものあるし。

りらさん>
奇跡の意見一致。
でしょー。
分厚いお好み焼きっておかしいですよね。
りらさんも同じことを考えていてくれたなんて嬉しいです~
え、初めて?
[ 2014/05/18 22:51 ] [ 編集 ]
死ぬまでにいっぺん、「じゃりン子チエ」9巻に出てきたレシピにのっとってお好み焼き屋のおやじが焼いたお好み焼きが食ってみたい……ああ見果てぬ夢。
[ 2014/05/23 21:04 ] [ 編集 ]
ポール・ブリッツさん>
じゃりん子チエ、懐かしいなあ~
そのレシピはわからないけど、あのお好み焼きはうまそうですよね~
私ら、屋根の上で語るあの猫みたいやねえ。
[ 2014/05/23 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム