なんだかんだで指が痛い

ここでは、なんだかんだで指が痛い に関する情報を紹介しています。
伊勢の隠れた名物“朝熊小菜”の漬物をいただいた。
ギューッと絞って細かく刻んで食べるとおいしいのだ。

ぎゅうーっ。

ぎゃあーっ!

十本の指のうち六本で活動しているアカギレに、
塩分たっぷりの漬け汁がああああー!


やや良くなりつつあったアカギレも、カムバックした寒さとともに帰ってきた。
仕事中はしょっちゅう手を洗わなくてはならないので気を付けていたのだが、
ある瞬間「ぴちっ」と音を立ててよみがえった。
実際は音なんて鳴ってないんだろうし、もし音が鳴っていたとしても、
私が「んがっ」っと声をあげたから、誰にも聞こえはしなかっただろう。

もちろんケアはしている。
綿棒で切れ目にメンソレータムを塗りこみ、絆創膏やテーピングで保護する。
これがなかなか具合が悪い。
絆創膏は水分を吸ってしまうし、テーピングは汚れを吸着する。
どちらも紙を扱うには致命的欠点だ。


とはいえ、私も長年アカギレと付き合ってきてわかっている。
これはどうしようもないことなのだ。
指先というのは人間の体の中でも指折りの働き者だ。
汚れるのは仕方がない。

だったら、何か別のメリットをプラスできないものか。
つまり、労働力の落ちている指先に別の能力を与えるのだ。
なにしろ、過半数を超える指に装着するのだ。
ただ、巻いているだけではもったいないではないか。

例えば滑り止め。
指先が滑らなくなれば、ビンの蓋も開けやすくなる。
レトルトパックも切りやすい。
ニンニクの薄皮を取るにも便利だ。

もうちょっと発展させて吸盤はどうだろう。
コップや皿を落としにくいだろうし、高いところのものを取るのも便利だ。
レベルアップをすれば高層ビルの窓ふきなどに役立つだろう。

指先から粘着力のある糸が出るとさらにいい。
ビルからビルへ飛び移って移動できる。
一旦地上に降りて隣のビルへ移るより断然早い。
悪を倒すには必要不可欠だ。

戦うには武器も必要だ。
私の理想はカギヅメだ。
ひっかくこともできるし、がっちりつかんだら離さない。
高いところから池に飛び込み、魚を捕まえることもできる。

魚を獲ったらウロコ取りだ。
パリポリペリときれいにウロコをとって、次は鋭利な刃物で三枚におろす。
とげぬきできれいに骨を抜いて、刺身にする。
あとはサメ肌テーピングでわさびをすりおろして・・・

ぎゃー!








↑このタイトルにも元ネタがあるんだけどクリックしてね。







降りられないのかも
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
画はヤモリで来ましたか
文章の途中で蜘蛛かと思いましたわ。
ヨンホンゲが擬態しているのがどっかに…。

小指の想い出?
2014/03/09(日) 10:33 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
肴は 炙った “まるはげ” でいい~♪
指先から粘着力のある糸が出て、カギヅメをつけられる。

こみさん、海ですよ、尾鷲では“まるはげ”と呼ばれている
“カワハギ”を釣るのです!
(かわはぎは、皮が固く、調理の時、皮を“はげ”さすので、
 尾鷲では『まるはげ』とか『本はげ』と呼ばれています)

粘着力のある糸で“まるはげ”を釣りあげるんです。
カギヅメは調理の時の有力な武器になります。
固い“まるはげ”の皮は、カギヅメできれいに“はげ”さすことが出来ます。

“まるはげ”は、刺身にしてよし、鍋にしてよし、
一夜干しにして、炙ってもおいしいそうです。

肴は 炙った “まるはげ” でいい~♪

こみさん、粘着力のある糸とカギヅメ、よいものを手に入れましたね。
2014/03/09(日) 17:01 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
ワサビや生姜のすりおろし、レモンしぼり、塩揉み…
\(>_<)/


あのタイトルは『あなたが噛んだ小指が痛い』ですやろか

マルハゲの歯ぁで噛まれたら痛そうやね
2014/03/09(日) 23:07 | URL | かめ #-[ 編集]
お久しぶりです
まじめな話、
烏は「コロスキン」(液状絆創膏)を使っています。
塗る時は大変ですが、5~10分で乾いてしまえば、あとは快適。
絆創膏が剥がれ落ちる頃には治っています。多めに塗るのがコツです。

お試しあれ。
2014/03/10(月) 00:39 | URL | 八咫烏 #aEmTB4nk[ 編集]
そうか!
ずっと、モヤモヤしてたけど
噛めさんのいう通りかもしれん!

あ、かめさんやった。
え?
かめへんかめへんって?

おおきに!
2014/03/10(月) 13:42 | URL | ゲソフライ・レシ伊藤 #.Oqi5Drk[ 編集]
きのうの夜の ぬけ毛がつらい~♪

かめさんのコメントで気がつきました!
ブログタイトルの“なんだかんだで指が痛い”は、
伊東ゆかりさんの『小指の思い出』の一節だったんですね。
かめさんありがとう!

しかし、わたしの覚えている伊東ゆかりさんの『小指の思い出』とは、
ちょっと違うようだ。
わたしの覚えている伊東ゆかりさんの『小指の思い出』の歌詞を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい。)

『小指の思い出』

 かみのけぬけた あたまがさむい
 きのうの夜の ぬけ毛がつらい
 そっと小指を おしあてて ぬけた毛のこと
 忍んでみるの
 かみの毛どうぞ 復活してね
 きのうの夜の ぬけ毛がつらい~♪

如何ですか。
2014/03/11(火) 12:40 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
わあ、八咫烏はんや
うれしなあ
2014/03/11(火) 19:11 | URL | かめ #-[ 編集]
こみさん
記事を読んで考えてみたけどね
こみさん リップクリーム
常備しているでしょ
それを 指にも塗ってみたらどうかな
小さくて細いから ポケットに入るでしょう
指先にも 塗りやすいと思わない・・・
2014/03/11(火) 21:09 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
こらえきれずに 泣けたっけ~♪

かめさんのコメントのタイトル『わあ、八咫烏はんや』を見ていたら、
春日八郎さんの『別れの一本杉』を思い出した。
わたしの覚えている春日八郎さんの『別れの一本杉』の歌詞を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

『別れの一本杉』

 ぬけた なけた こらえきれずに 泣けたっけ~♪
 かみの毛ぬけた 哀しさに
 山のかけす(懸巣)も啼いていた~
 ヨンホンゲの
 イセのこみさんのよ~ ヅラはずれ~♪

山のかけす(懸巣)は嗤っていたのかな。 
2014/03/12(水) 09:03 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
スパイ田君のことは忘れて、ヤモリでいきましょう。
このネタ、展開は考えずにいたらこうなりました。
着け爪のことばっかり考えてたのになあ。
小指、わかってもらえました?

chan.na.oさん>
糸とカギヅメというステキなアイテムを手に入れたのに、
獲物が限定されているのはどうしてだろう。
しかも、尾鷲地方限定の方言で。

かめさん>
もう何でもどえりゃ~浸みます。
ぴきっと割れた傷は噛んだ傷なんかよりべらぼうに痛いですよ。
まあ、マルハゲは歯が鋭いからなあ。
マルハゲって言わすな。
2014/03/12(水) 22:06 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
八咫烏さん>
お久しぶりです~
水絆創膏、アカギレになってから塗ったらすごく痛かったです。
塗って乾いてから保護しないといけないのね。
ともかく、温かくなることが望みです。

ゲソフラ伊藤さん>
もやもやしとったんかいなー
指が痛いって言ったらそれしかないでしょ。
かめさん、ワニガメやったんか。

chan.na.oさん>
あれは伊東ゆかりだったのかー。
使いはしたものの、そんなに知識はなかったのよ。
ま、それはそれでいいとして、
うろ覚えすぎるー!
2014/03/12(水) 22:13 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
かめさん>
ホントに懐かしいですね~
最近、復活の話をよく聞きますぞ。
やっぱり啓蟄なのかな。

りらさん>
リップクリームもよさそうよね。
でも、それを塗ると紙に触れなくなっちゃうのよね。
そうそう、スマホも触れないじゃないの。
やっぱり管理職になるべきかなあ。
そんなお誘いないけど。

chan.na.oさん>
せめて四本杉で、ってことじゃないがな。
唐突なうえにうろ覚えすぎる。
♪ワライカワセミにゃ話すなよ、
毛毛ら毛ら毛ら毛毛ら毛ら…
ってなんでワシが言わにゃならんのだ。
2014/03/12(水) 22:20 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2977-dbce18ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック