暗記パンをくらえ

ここでは、暗記パンをくらえ に関する情報を紹介しています。
何度も言うが、私は今“スーパーフライ”という人にハマっている。
若い女性歌手だが、この人の歌をカラオケでやりたくて、歌詞を覚えようとしている。
今どきの歌なので早口すぎて、メロディを覚えただけでは、
カラオケ画面に出てくる歌詞にとっさに反応できない。
一旦歌詞を覚えれば、スラスラ暗唱できなくても、見て歌うぐらいはできるだろう。

ところが、私の脳はなかなか記憶が不得意だ。
今覚えようとしているのは『愛をくらえ』という曲なのだが、
これが覚えにくい単語の集まりみたいな歌詞で困っている。


特に難儀したのが、一番のサビ部分だ。

♪溢れるあーーーーーーいをくらえー、ひるんじゃいないさ

という歌詞なのだが、この「ひるんじゃいない」が出てこない。
“ひるむ”なんて単語は小説でも書く人でなければ使わない。
「ああ、今日はひるんじゃったなあ」とか、
「あの人よくひるむよねえ」
なんて言ったことがない。

だから仕事中思い出しながら歌っていても、ここで詰まってしまう。
特に、手前が「あーーーーーーいを」と気分よく伸ばすので、気持ちがゆるむのだ。

なんだったかなあ、たしか「びびる」みたいな意味の言葉で、
「腰が引ける」でもなくて「膝が笑う」でもなくて、
ええーい、歌詞カード!
とカンニングをして「ああー『ひるんじゃ』だったー」と後悔する。


そこで、意味を覚えるのではなく「ひる」で覚えることにした。
ところがそこまで行くとやっぱり詰まってしまう。
たしか「ひ」の付く生き物だったはず。
ところが、以前に「びびる」を思いついたことがあるせいか、
「ひ」だか「び」だか「ぴ」だかわからなくなっている。

ここで必ず浮かんでくるのが「カピバラ」だ。
絶対違うとわかっているが、頭に浮かんだら一度口に出さないと次に進めない。

「♪溢れるあーーーーーーいをくらえー、かぴばらないさ」

いつの間にか世界最大のネズミが動詞扱いになっている。


さて、そのこととはすっかり関係ない時だ。
皆さんは、
「あれ、自分はなぜこんなことを考えているんだろう?」
って感じになったことはないだろうか。
ふと気が付くと、なんだかわけのわからないことを考えているってこと。

私はよくある。
この日の夕方もなっていた。
「なんでカピバラが血を吸うなんて考えていたのだろう」って。

今はすっかり判明したが、大丈夫か、私の頭。







↑ひるむことなくクリックしてね。








外側も大事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昼じゃなかったのね
てっきりそうかと思って読んでいたの。
ワタシの場合、冷蔵庫の中身に照らし合わせて昼のおかずを何にしようかと考えているのが出たのね。

連想ってそういうものよ。
今原因が判明してすっきりしているでしょ。
でもね、また訳ワカランようになるのよ。
それも、「一度原因が判明したはずなのに~、また忘れてしもた~、なんやったんやろ~。」って余計にもやもやするのよ、ふふふ。
2013/11/23(土) 11:17 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
>なんでカピバラが血を
チュパカブラと混ざりましたな
2013/11/23(土) 12:57 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
「昼」じゃなかったのは発音。
♪ひるんじゃいないさ~
の「ひる」部分はまさに『蛭』なのよ。
連想は夢レベルで訳わからんことありますね。
で、そのたとえが思い出せないんだけど。
何もかも覚えてるってのも嫌なものかもしれんけどね。

かめさん>
よくそんなもの知ってますな。
私もちょっと思いましたが。

2013/11/23(土) 18:34 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
こみさん
スマホにブックマークして
仕事の合間に聞いているだけでも
大分違うと思います
あと・・・
一人カラオケも有効です
昨今歌の練習の為に
一人でカラオケに行く人多いですよ
2013/11/23(土) 19:59 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
りらさん>
仕事中、わからなくなるとこっそり聴いてます。
一人カラオケ、やりたいなあ。
酔わずにきっちり歌うことが大切よね。
でも、どうやったらいいのかわからない~
2013/11/25(月) 23:53 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2868-632f22a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック