ご注文は正確に

ここでは、ご注文は正確に に関する情報を紹介しています。
この土曜日は出勤だったので、日曜日に実家に行った。
母親をスーパーに連れていくのが目的だが、
時にはホームセンターや銀行に行きたいと言われることもある。
その間、親父は家で留守番だ。
留守番が言うことはひとつ、「お土産買ってきて」だ。

この日、親父のおねだりは本だった。
数日前に新聞の広告欄で、読んでいた本の続編が出たのを知ったらしい。
それだけはっきりした情報源があるのなら、すらすら注文できそうなものだが、

「えーと、あのほれ、4~5日前に広告が出とったやつで、
 最近よく聞く人の新しいやつ」

買い物に行く私にとって、ヒントはゼロに等しい。
というか、買い物に行くのにヒントだけで行けるものか。
大体新聞広告があったならなぜそれを置いておかない。
幸い、ちづるがその作家に思い当たった。
そして親父が「酔いどれ小藤次」というシリーズだということを思い出した。

これなら何とか探すことができるだろう。
じゃあ買ってくるぞと家を出た。
しかし、本屋は休みだった。


私も結構本を読む方だ。
読みたい本が読めないつらさはよくわかる。
翌日、その本屋に電話して届けてもらうと言っていたが、
田舎の小さい本屋のことだ。
ちゃんと手に入っただろうか。

月曜日はちづるがちょっと遅くなる日だ。
もしまだ本が手に入っていなかったら届けてやるとするか。
そう思って実家に電話してみた。
すると、私のケータイから謎の音がして、呼び出し音もならないうちに途切れてしまう。
親父のケータイに掛けてみても出ない。

なんどかチャレンジしているうちに、ケータイのバッテリーが無くなってきた。
そんな無礼な態度をとるなら、本なんか買っていってやらない。
私はまっすぐ家に帰った。

家の電話で実家に掛けてみたら、話し中のような音がする。
親父のケータイに電話したら、やっと母親が出た。

「電話が通じないけど、どうなっとる」

「電話? あっ、電話がない」

「電話がないってどういうことや」

「今日父ちゃんが・・・、あっ、こんなとこにある」

どうやら、親父が本屋に電話した時、子機をその辺に置いてしまったらしい。
しかも、ケータイは充電しっ放し。
私がかけた時間には、母はドラマの真っ最中だったようだ。

しかも本は買えてなかった。
本屋の主人に対しても、私たちに言ったのと同じように、
「えーと、あのほれ、4~5日前に広告が出とったやつで、
 最近よく聞く人の新しいやつ」
と言ったそうだ。


昨日、本を買って届けてやった。
そして、本が欲しいときは、
誰の、何文庫の、何という作品の、何巻か、これをメモしておけ、と注意しておいた。

母親にはついでにスイカを切ってくれと頼まれた。
日曜に買ったのだが重すぎて持ち上がらず、切ることができないという。
それを半分に切ってやって、片割れをもらっていくことになった。

すると親父が、
「ああ、スイカを取りに来たんか」
と言った。

本を届けに来たんじゃ!








↑しおりを挟んでからクリックしてね。







大事な用があるのに
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすがやね
これがあるだけいいじゃないですか
「最近よく聞く人の新しいやつ」

「あの、ほれ、あれ、本さ、本」だけで買ってこいと言われた日にゃ…。
2013/08/07(水) 07:59 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ペコは心配性だからマヂレスします

お父さん認知症の検査されたことあるんですか?ないなら早い方が。今は良い薬があるようなので。余計なお節介ごめんね
2013/08/07(水) 12:23 | URL | ペコ #-[ 編集]
こみさん
私はこみさんの実家ネタが好きです
パパとママは素敵です
パパは 忘れているのではなく
こみさんの頭脳能力を試しているです
本屋さんにも同じです
これから高齢化時代が進むばかりです
本屋さんもその方達が言わんとすることを
掌握出来るように すべきです
2013/08/07(水) 18:40 | URL | 香月 りら #sSHoJftA[ 編集]
ISBNを控えときなはれ
1桁間違うと、別物が届くかもしれへんけど
2013/08/07(水) 22:47 | URL | かめ #-[ 編集]
こみさん、親孝行ですね(@_@)
>すると親父が、
>「ああ、スイカを取りに来たんか」
>と言った。
>本を届けに来たんじゃ!

おとーさん、サイコーです(爆)

2013/08/08(木) 13:04 | URL | まーさん #-[ 編集]
猫団子さん>
似たような会話が多くなってきました。
「あの、あれを、ほれ、えーと、何の話しやった?」
こんなのが実家でなく、わが家でも。

ペコさん>
幸いまだそちらは大丈夫だと思います。
冷蔵庫にあるレバー串の数を把握してますから。
自分が死んだ後の寺の手配もしているようです。
とはいえ年だから、一度検査してもらいたいなあ。

りらさん>
まさか実家ネタが好まれていたとは。
ましてや、私が試されているとは気づかなかったなあ。
でも本屋さんを試すのはやめさせよう。
だって、身内じゃないし、本が手に入らないから。
2013/08/08(木) 18:45 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
かめさん>
ISBN?
伊勢弁?

まーさんさん>
本当に失礼な親父なのです。
でもまあ、行くたびにいろいろいただいてくるのはホントなんだけどね。
我が家で買えないようなものを。
2013/08/08(木) 18:53 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2756-0c891146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック