fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

安く涼しく夏の昼

暑い、に雨がプラスされて、蒸し暑いになった。
おかげで夕方のビール以前の食欲がガタ落ちだ。
食欲が落ちると、お昼に弁当が食べにくくなる。
職場の連中も何やら苦労しているようだ。


上司Tは弁当をおにぎりにした。
食べ終わったらたためる弁当箱が自慢だ。
弁当からおにぎりに代わる時、一日だけソーメンを持ってきた。
ゆでたソーメンをタッパーに入れて持ってきて、めんつゆをかけて食べたらしい。

冷蔵庫で冷やしていたので、とても涼しくていい、と喜んでいたが、
2時にはもうおなか減って、私の秘密のパンを奪っていった。
2時半に帰るのにがまんが出来なかったのか。


О川の奥さんはこの時期が忙しい仕事だ。
なので奴は自分でお昼を用意している。
得意技は百円ショップのカップ麺とコンビニおにぎりなのだが、
それでも毎日だと財布への負担が大きい。

そこで、おにぎりは自分で握ることにした。
初日のおにぎりはなぜか大と小になってしまったようだ。
「カツオふりかけのおにぎりは食べにくいので、ごま塩にしよう」
と、まだ試行錯誤の最中だ。


一番豪勢な食事をしているのがN岡だ。
もう弁当が食べたくないと言って、毎日何かを買ってくる。
冷やしうどんと寿司半のセットや、ざるそばと天丼弁当など、
貧しい新人クンを筆頭に、みなが羨望のまなざしで指をくわえて見ている。

が、ある日突然、普通にカップ麺を作っていた。
聞けば、今までパチンコで勝っていた分をすってしまったという。
やつはただのバブルだったのだ。


新人クンはほとんど奥さんの弁当プラス“カップ春雨”だ。
彼は弁当のほかに野菜タッパーも持っていてもりもり食べている。
しかし太ってはいない。
すべて汗として流してしまうのだ。

彼も時々、奥さんの仕事の都合で弁当がないときがある。
そんな時は500円もらえるらしい。
喜んで隣の弁当屋のからあげスペシャル弁当を買っている。
ノーマルでも胸が焼けると言われている弁当だ。
若さ、ってやつだろうか。


暑いときは飲み物も重要だ。
会長の奥さんが大きなペットボトルのジュースを買ってきてくれる。
今冷やされているのはウーロン茶だ。
奥さんは気を使っていろいろ選んでくれるのだが、これはちょっと売れ行きが悪い。
みんなお茶は持参してきているからだ。

だが、これがなくならないと次のジュースは買ってもらえない。
みんなで分け合って飲むコーラやスポーツ飲料はたまらない。
なので、私が今一人で頑張っている。
自分のペットボトルへそのウーロン茶を移して、自分のお茶のようなふりをして飲んでいるのだ。


このように、みんな知恵を絞って経済的に夏を乗り切る方法を考えている。
早く来い来い、ランチジャーの季節。
うえー、考えただけで暑いー!








↑でも焼肉は食べたい不思議にクリックしてね。







暑さ関係なし
スポンサーサイト



[ 2013/07/26 06:42 ] | TB(0) | CM(7)
トケ井、麺で具合が悪うなったんやでヤメとき
前、エライ目にあったやないの。
あれは冷たい麺やったからからやって?
そやさかい熱い麺やったら大丈夫って?
ホントか?
[ 2013/07/26 07:12 ] [ 編集 ]
もしもしトケ井くん、トケ井くん、
この暑さだ、お湯の前で三分も待っていたら大変だろう
このおにぎりなら、すぐに食べられるし、塩分も補給できるよ

どうだい、ここはひとつ、取りかえっこしてみないか

…この、おためごかしな申し出が

後日、餅をつくより能がなく、無口で無愛想な、当然、友達と呼べる相手もいない武骨な中年の臼を、大勢の生き物たちとの共闘に結び付け、
伊勢地方全域を巻き込んだ抗争に発展しようとは

カミならぬ身の本人たちの、夢想だにしないところであった…
[ 2013/07/26 13:11 ] [ 編集 ]
さるかに合戦の登場人物
何があったかしら…と調べていたら、
別伝として
カニが猿をうまく操って柿をカニ穴に引きずり込み、猿がカニ穴に尻を向けたところ蟹はあわててサルの尻を挟んだ。それ以来、サルの尻から毛がなくなり、蟹の爪には毛が生えるようになったという由来話…がありましたわ。

ヨンホンゲ、カニ穴を頭でふさいだ覚えはありませんか?
[ 2013/07/26 19:36 ] [ 編集 ]
こみさん
新人クンはほとんど奥さんの弁当プラス“カップ春雨”だ。
彼は弁当のほかに野菜タッパーも持っていてもりもり食べている。
しかし太ってはいない。
すべて汗として流してしまうのだ

新人君が一番豪華な昼食だと思います
愛情という名の昼食です
その上 太ることもなく ダイエットの必用もありません
真の贅沢は 新人君です
[ 2013/07/26 22:37 ] [ 編集 ]
初耳ながら、それはおもろい
猫団子はん、グッジョブや
( ̄▽ ̄)b
[ 2013/07/27 01:24 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
やはり覚えてましたか。
また文字盤がナルトになっても困りますよね。
だからおにぎりと交換してあげよう。

かめさん>
なんだか壮大なストーリーができてますなあ。
遷宮の最中なのに。
なにはともあれ、ウスと意思の疎通ができるんなら、
トケ井が麺類を食ってもおかしくないでしょ。

[ 2013/07/27 15:36 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
なんちゅう別伝や。
そして、どこの誰が頭でカニ穴をふさぐ、なんちゅう真似をしますねん。
なんか、カニ爪が不愉快なもののような気がしてきたわ。
毛生えてるとこが。

りらさん>
おっしゃるとおり新人クンが一番まともです。
しっかり食べるからばてないしね。
しかも、家計を助けるために釣りに行き、
子供を遊ばせるために、中小企業支援団体の割引制度を駆使しているのです。
ただし、ちょっと弱虫です。

かめさん>
ひょっとしたら、猫団子さんの創作かもよ。
だとしたら、それはそれでグッジョブか。
[ 2013/07/27 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム