新入社員は上級者

ここでは、新入社員は上級者 に関する情報を紹介しています。
今月8日から、新入社員が一緒に働いている。
正式な採用は22日からなので、今は研修期間のようなものだ。

ありがたいことに彼は経験者だ。
うちのような仕事を専門でやっていたわけではないのだが、
とりあえず、言ったことを理解して、ちゃんとこなすことができる。
しかも真面目で、驚く程やる気に溢れているのだ。

だが、最も驚いたのは、うちに勤め始めてわずか二週間で、苗字が変わったことだ。
なんでも転職を機に結婚したらしい。
みんなびっくりしたのだが、О川にだけは伝えていない。
ヤツが新人クンを旧姓で呼ぶのを見て、みんなでクスクス笑っているのだ。


そんな新人クンだが、彼にはまだもう一つ才能がある。
人には、褒めて伸びるタイプと、厳しくして育つタイプがある。
私は褒められて伸びるタイプだ。
いや、褒められるのが好きだ。
厳しい先輩というのは嫌いだ。

そう、彼はとても褒め上手なのだ。
「さてはこいつ、おだてられて浮かれているな」
などと思ってはいけない。
私は冷静におだてられている。

野球が好きな人は野球に詳しくなる。
料理であったり、園芸であったり、日曜大工であっても同じことだ。
みんな好きなことは知識を吸収し、どんどん腕を上げる。
そして専門的になり、意見が厳しくなる。

私はおだてられるのが好きだ。
だから、おだてには厳しい目を持っている。
ただ口から出まかせに甘言を繰り出すだけの輩に乗せられたりはしない。
上品でソフトで質のいいおだてにだけ乗るのだ。


この新人クンのいいところは、口数が多くないことだ。
返事はちゃんとする、わからないところは質問する。
だが余計なことは喋らない。
苗字が変わったことをО川には喋らないぐらいだ。
そんな彼が、たまに私を上手に褒めてくれる。

「こみさんの包み方、まるで機械でやったみたいですね」
「なるほど、だから仕事が早くできるんですね」
「そういう風に言われるとすごく理解できます」

彼が前にいた会社は、業界でも有名なギスギスした会社だったので、
我が社ののんびりした空気も気に入ったようだ。
ある日、彼がこんなことを言った。

「いいですね~、鼻歌で仕事ができる会社って」

だだだ誰だ。
『ハピネス』なんて歌いながら仕事してるのは。







↑持ち上げるようにクリックしてね。







まんざらでもない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
真の上級者ですね、新入社員さん。
「いいですね~、鼻歌で仕事ができる会社って」

このセリフをさらっと言えるなんて。
2013/04/19(金) 07:32 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
よおでけた新人さんやねー
ほいで
お昼の休憩室は、どないなりますのん
2013/04/19(金) 22:54 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
きっと私の鼻歌にしびれたんだろうなあ。
しかし、彼の話を聞いていると結構辛い目に会っているようです。きっと揉まれたのね。
ちなみに私は今「熱くなれ」を練習中です。

かめさん>
彼は休憩室で昼食を摂ります。
で、そのあと車にいっちゃうので私が大の字で寝てますよ。
私の陣地は渡しませんよ。
2013/04/20(土) 21:53 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2642-2f5be586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック