タイミング

ここでは、タイミング に関する情報を紹介しています。
私のよく行く居酒屋は月曜が定休日だ。
なので、待ちかねた常連達が火曜日に押し寄せる。
その反動で水曜日は案外空いていることが多い。

私は思案した。
お孫さんの生まれた女将さんに、お祝い替わりの紙おむつ、
ここでは仮に『パンパロス』としておこう、
それをいつ届けたらいいだろう。

普通に飲みに行く火曜日と思っていたのだが、
常連さんがたくさんいるとこではなんだかやりにくい。
なんだかんだといじられるタネになりそうだ。
とりあえず、手ぶらで普通に飲みに行った。

案の定、その日はお客で満員御礼。
私が行った時間はまだカウンターも空いていたが、
席に着いていたのが騒ぎたがりの常連ばかりだったから、パンパレスは持っていかなくてよかった。

飲んでいるうちに、徐々に常連が減っていく。
みんなに愛想を振りまきながら、私は頭の中で段取りを立てていた。
パンパリスはすぐ近くのスーパーで売っている。
まだ開いている時間だ。
店を出てからサッとパンパラスを買ってこようか。

そう思っているうちに、
「迎えが来るまであと一時間あるからそれまでお前もう一軒付き合えー」
という人に連れて行かれてしまった。


やはり火曜日は無理だ。
水曜日、お客のいないうちにサッと行って、
「今日はこれで」と言って帰ってしまおう。
二日連続で飲みに行くとちづる怒られる。

まず、スーパー内の薬店に寄ってパンパノスを買った。
「おしるしだけでいいですか」
と言われた。
「あ、う、を、いいです」
私はむき出しのパンパミスを持って早足で居酒屋に向かう。

幸いカウンターのお客さんはひと組だけだ。
この人が常連の中でも親分肌の人だった。
私が女将さんと「まあまあまあ」とやり取りしていると、
「なに、もう帰る? いっぱいだけ飲んでけや」
と、女の子に言ってお酒を用意してくれてしまった。

あわわ、ありがとうございます。じゃあ一杯だけいただきます。
とお酒に口をつけたら、
「つまみがいるやろ。鯖の味噌煮食え」
「俺はもう帰るけど、もう一杯飲んでいけ」
と、お金を払っていってくれた。

そこへいつもの常連が来はじめて、これでは普通にいつもの飲んでる状態だ。
いかん、七時に近くなってきた。
今日は家にカレーのある日。
ちづるは私が帰ってくると思っているはずだ。

それじゃあこれでと店を出て、すぐに『まもなく帰るメール』をした。
スーパーに行く前に本屋で雑誌を買ったから、立ち読みをしていたことにしよう。

家に到着。
匂いでばれるといけないのでちづるには近づかない。
「いや~、伊坂幸太郎の新刊が出てたけど、何を買ってないかわからんようになってしもたわ~」
と本屋行った体の話題を持ち出す。
酔っているのでつい喋り過ぎになってしまいそうなのを抑える。

こうしてなんとかこの日は事なきを得た。
ちづるは私がパンパースを置きに行ったことも知らない。

本当に知らないのだろうか。
あの日、酒の匂いに気づいていたのではないだろうか。
私の酔っぱらい的言動からなにか感づいていたのではないだろうか。
まあ、どっちにしろ、こうやって書いてしまうんだから隠し事のない夫婦でしょ。








↑おごりついでにクリックしてね。







本の包み方がな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
夫の行動なんてすぐわかるのさ!
頭の中だってわかるんだからね!!
知らん顔してあげるのも愛だわさ。
2013/04/12(金) 07:51 | URL | こく #-[ 編集]
隠す気持ちなんて
毛頭もなかったでしょ。

なんてピッタリな表現があったもんだ。
無理して変換しなくてもちゃんと辞書にも乗っている用語だもんね。
えっ?いつもは無理やりひねり出してなんてことは…
2013/04/12(金) 07:54 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
最後の最後でパンパ~スになっちゃってるのがいいですねぇ(笑)
2013/04/12(金) 18:08 | URL | 三流亭まん丸 #-[ 編集]
ちづるさん
きっとわかってると思います(笑)
黙ってるのはやっぱり
「愛」うふふ^^
2013/04/12(金) 18:51 | URL | nohohon life #-[ 編集]
こくさん>
やっぱり知られているのかなあ。
え、頭の中もわかってるの?
頭の外はわかっているらしくて、育毛剤プレゼントされたけど。

猫団子さん>
なんでもいいけど、
「毛頭ない」
にコメントしてるでしょ。
2013/04/13(土) 17:52 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
三流亭まん丸さん>
それを拾ってくれてありがとう。
アッパレス。

nohohonさん>
そういえば、本当はどうなのかまだ聞いてないや。
愛で言わずにいてくれてたとして、
多分今はもう忘れてるんだと思います。
2013/04/13(土) 17:56 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2635-79cc76c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック