fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

ひとり上手と呼ばれない

私の特徴のひとつに「独り言が多い」というのがある。
頭の中であれやこれやうずまいていることが、
自制心のほころびから、ポロポロこぼれて出てくるのだ。

例えば、新聞を読んでいて、突然「生活」と言ったり、
仕事の合間の休憩に「しいたけ」と言ってしまったことがある。
これは読んだり考えたりしていることの一部だけを口に出してしまうパターンだ。

何か腹の立つことがあったあと、細かい作業をしていたら要注意だ。
その怒りに対するドラマが頭の中で始まり、
私が文句を言うシーンの長ゼリフをずっとしゃべり続ける。
この時自分では、小さい声でボソボソ言っているつもりなのだが、
コーフンしてくるといつの間にかボリュームが上がっている。

「ええかげんにせえよっ!」
などと叫んだ瞬間にはっと我に返り、
目撃者がいないか周りを確認、なんてこともたまにある。


逆に調子のいい時も気をつけなくてはいけない。
ノリノリになってくると鼻歌が始まっている。
この鼻歌がとてもテンションが高い。
長い時間カラオケを歌っていると喉が枯れるように、
鼻歌で鼻が枯れることがある。

女の人の歌を歌うときは、鼻裏声だ。
私の周りに若い人が寄ってこないと思ったら、これがモスキート音になっているようだ。
これが高音域に差し掛かると、サイレンのようになってくる。
こうなると、高齢者の上司Tにも聞こえるらしく、
「ええかげんにせえよっ!」
と怒られたりする。


さて、先日、ちょっと派手な独り言をやってしまった。
「ぎえーーー」と叫んで天を指差す、という独り言だ。
もはや独り言ではないともっぱらの噂だが、
これがちょっとクセになって、ときどき「ぎえー」と叫んでいる。

きのう、仕事中にО川がなにやらポンポカポンポカ口ずさんでいた。
「なんじゃそれは」と言うと「独り言」という返事だ。

「独り言言うな!」

と怒ってやると、とても驚いた顔で、

「ええーー?」

これはまさに「あんたがそれを言うか」という態度だ。
なのでさらにその上に、

「独り言を禁ずる」

と王様になって言ってやった。
О川はにやりとして、

「それは会社全体のことだな?」

ここで私がカミングアウト。

「ワシ、ときどき『ぎえー』と言うやろ」

「うん」

「あれはエレファントカシマシのコンサートが行われているのだ」

「なんや、ライブやったんか」

この話をちづるにしたら、

「受け入れるな、О川」

だって。
なんやこの話。








↑そう言う人を見かけたときはクリックしてね。







のんびり



くつろぎ



悪魔降臨
スポンサーサイト



[ 2013/03/08 06:41 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(8)
天人唐草
中島みゆきかとおもったら、山岸凉子だったのね。
[ 2013/03/08 07:31 ] [ 編集 ]
補足
最後の「受け入れるな、О川」は、

「受け入れるべからず」ではなく、

「受け入れるわね、O川くん♪なんて素直なの」

ということです。念のため。
[ 2013/03/08 10:46 ] [ 編集 ]
ちづるさん
いつも思うのですが、色々総合して「えらい!」

そして素直なO川さんに一票。
[ 2013/03/08 13:26 ] [ 編集 ]
口をきかんと、手先を動かしてはるお仕事やさかい、そんななるんやろね
しゃべりっぱなしのコールセンターでは、頭んなかでエレカシ、登場する暇がありませんわ

ちづる様のコメントは味があります

今度、真似して使こてみよー
『受け入れるなあ
[ 2013/03/08 16:57 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/03/08 17:41 ] [ 編集 ]
ちづるさま素敵!!そして私もO川さんに一票
気持ちいいなぁ。
[ 2013/03/08 19:42 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
なんか難しい謎かけだなあ。
たぶん、楳図かずおです。

ちづるさん>
フォローをどうも。
いや、О川へのフォローだけどね。

yukoさん>
あれ?
えらい、の中にワシが入ってないぞ。
ワシは落選?
[ 2013/03/09 21:14 ] [ 編集 ]
かめさん>
今度やって欲しいなあ。
コールセンターで「ぎえー!」
ちなみにО川は何もかも淡白なのです。

匿名さん>
わざわざありがとうございます。
私はよく寝てしまうのでもうしわけないです。
またおじゃましますのでよろしくお願いしますね。

猫団子さん>
何に票が入っているのだろう。
もしヤツが当選したらどうするつもりなのだろう。
[ 2013/03/09 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム