FC2ブログ

キドカラー

ここでは、キドカラー に関する情報を紹介しています。
食べ物に重要な要素といけば、味、ニオイ、食感だが、
『色』と言うのも重要なファクターだ。
たとえば野菜なら、新鮮さをあらわすあざやかな色が食欲をそそるし、
ケーキやお菓子ならカラフルなものが楽しい。

だからといって、想定外の色をしたものにはなかなか手が出ない。
南国の青い刺身やイカスミパスタ。
ピータンにブルーチーズ。
やはり黒や青は食べ物にむいてないような気がする。
ちなみに青い刺身は食べたことないけど、あとの三つは好きです。

よ~く考えてみると、牡蠣やかりんとうも食べ物の色じゃない。
パプリカなんてのもまるでプラスチックみたいだ。
最近では緑や白のナスがあるらしい。
昔の人に食べさせようとしたら、歯を食いしばって逆らうだろうなあ。

好みの色というのもある。
私はクリームソーダが好きなのだが、喫茶店で注文して赤いソーダが来るとがっかりする。
やはりクリームソーダはグリーンだろう。
赤を出すときは、メニューに「赤クリームソーダ」と表記してもらいたい。
何も表記のない「素クリームソーダ」はグリーンでなければならないと法律で定めてもらいたいものだ。

焼そばや野菜炒めには紅しょうがの赤が欲しい。
いろどりとしてはてっぺんに乗っているのもいいが、個人的には細かい破片が混ざっているのがいい。
これはもう、色と味が頭の中でリンクしているから譲れないところだ。

カラフルであることが最もイヤなのはキノコだが、最もうれしいのは炒飯だ。
タマゴの黄色、ネギの緑、チャーシューの茶色、紅しょうがの赤。
皿は青磁でスプーンは銀。
カウンターはオレンジで、醤油はムラサキ。
トッピングに金粉振りかけて・・・

何事もやりすぎると白々しい。


s-so-dasui.jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
赤いクリームソーダ
まだお目にかかりませんが・・・
どんな味なんだろう???

余談ですがお弁当のおかずも赤・緑・黄色がそろうと食欲が増しますね(^_-)-☆
2006/03/30(木) 09:35 | URL | まぁむ(*^_^*) #FXbBe/Mw[ 編集]
焼きソバ
の生姜が上にポンっじゃなくて
混ざってたらイヤだぁ。
除けることができないから。

昨日のコメ返しの、若い男子とは
誰をお指しになられたのでしょうか?
2006/03/30(木) 10:57 | URL | ニキティ #-[ 編集]
私もイヤ。
赤いクリームソーダは私もお好みじゃないです。
やっぱ、クリームソーダは「グリーン」です。
@^^@
>まぁむさん
そそお弁当もそうだよね。
うんうん。
うちのお弁当にはよく赤色のための紅ショウガ乗っていたよ。
紅ショウガ大好きだから
うれしかった。
>ニキティさん
私も混ざっている紅ショウガは色移りして、それが妙な色になるからわたしも混ざったのはお好みでありません。
去年は自家製の紅ショウガを作ったのよ。
おいしかったわぁ~♪
今年も作ろう!
2006/03/30(木) 16:43 | URL | のん太 #bzMoh9KQ[ 編集]
赤いクリームソーダってどんな味なんですかね~?
飲んでみたいです。
2006/03/30(木) 22:57 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
カラフル
まぁむさん>
お餅も赤、緑、黄色のカビが生えると食欲が増しますものね。
スイマセン、ウソです。
たぶん、赤いソーダは『イチゴ味』ってことだと思います。

ニキティさん>
除ける、ってことはキライ?
ということは、赤い紅ショウガ味のクリームソーダもダメですね。
若い男子とは、もちろんオイラのことですよ。
ほうら(ここでジャニーズターン)
あいたた、腰が・・・

のん太さん>
やっぱクリームソーダはグリーンですよね~。
かといって、抹茶味ではないですよね~。
弁当にはアクセントの赤。
私も大好きなんだけど、ちづるは嫌がります。
あまりに毒々しい赤は体に悪そうだとか。
そんなこと言うなら、もっと運動しろと言いたいですね。
のん太さんちみたいに自家製ならいいんだろうけどなあ。

ゆ~しゃんさん>
まだ「赤クリ」にお目にかかったことがないとは、シアワセな人生を歩んできたんですね。
辛いのは、二人で注文して赤とグリーンだったとき。
あるいは紫とベージュだったときです。
2006/03/31(金) 01:42 | URL | こみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/255-1102a363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック