睡眠のタブー

ここでは、睡眠のタブー に関する情報を紹介しています。
最近、ますます起きるのが遅くなってきた。
今までなんとか更新ができてきたという安心感と、
鼻がムズムズするせいか、睡眠が浅いのが原因だと思う。
できればとっぷり眠りたい。

良い抱き枕があればよく眠れるような気がする。
しかし、市販のものではダメだ。
抱き枕は人それぞれの体格、姿勢、依存度などの要素で合った型が違う。
自分に合う抱き枕は自分で見つけなければならない。


大きさ、ということを考えなければ、私がいいなと思っているのはアザラシだ。
特にあのゴマフアザラシはぜひ抱いて寝てみたい。
抱き心地としては最高だと思うのだが、ただ、ちょっと長さが足りない気がする。
長さを希望に合わせれば、ちょっと太すぎるだろう。

太すぎるといえばゆで玉子もそうだ。
あの肌触りと弾力は魅力的だが、全体に丸過ぎる。
となると、ウズラ玉子ならどうだろう。
三つ串に刺したやつなら長さと太さのバランスがいい。
玉子と玉子の間のくぼみも体になじみそうな気がする。

ただ、やはり串が付いているのは恐ろしい。
寝相によっては大惨事が起きる可能性がある。
自分だけでなくお隣にも被害が及ぶに違いない。


食べ物で理想の形なのはシシトウなのではないだろうか。
下に行くに従って細くなっていくシルエットは、実在する抱き枕に近い。
夏場ならあのひんやり感もたまらない。
おしいのはヘタだ。
ちょうど顔のあたりにギザギザがくる。

シシトウで今思いついた。
アオムシはどうだろう。
ふわふわしているし、ちょっとうっすらくぼみがある。
裏返したら、あの短い足がちょうど指圧になりそうな気もする。
色も人気のパステルグリーンだ。

とはいえ、やはり少し気持ちが悪い。
うっかり圧力をかけたら汁が出るのも困る。


牡蠣・・・
いや、やめておこう。


形的に他とは違うのだが、案外いいんじゃないかと思っているものがある。
耳だ。
薄っぺらいから半分体の下に敷くことになるが、
あのくぼみに頭や腕をこっぽりはめたら落ち着くような気がする。
軟骨の感じもいいし、何より肌なのだから肌触りがいい。

左右で形が違うというのもメリットだ。
自分の両脇にセットしておけば寝返りにも対応できる。
いや、いっそ両耳を合わせた形の寝具にしてもいいのではないだろうか。

ただし、抱き枕で一番重要な「足を乗せる」ということを考えたら、
福耳でなければならない。
膝からふくらはぎがふっくらとした耳たぶにフィットしたら、これは安眠確実だ。
そう、この私のような立派な耳なら・・・

ああっ、耳たぶがない。
ないあいあい。







↑授業をサボってクリックしてね。





不愉快な起こし方したる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そろそろ時間だから
起こしてあげようか。
ベッドヘッドによじ登って。
時間ですよ~。
お気てくださ~井。
そぉ~れ。ゴン!!

返事があったから大丈夫だな。
二度寝しててもそれはシラン。
蹴り出されたのになんて優しいワタシ。

…お返事が、「おわっ、う~ん。」だったのがちょっと気になるが。
2012/04/03(火) 07:24 | URL | 猫団子@代理投稿 #mQop/nM.[ 編集]
代理投稿に爆笑
寒冷地仕様のリアル夫がめ一族、手足がほかほかと温うて
(しやから温暖なハマでは、水虫とインキンにたかられますねん)

冷たいフローリング床を平気で裸足でペタペタ歩き
暖房便座要らず
布団に入れば、猫や亀が暖をとろうと潜り込んでくる…

福耳型の抱き枕ええなあ、ウチ、欲しいなあ

2012/04/03(火) 19:37 | URL | かめ #-[ 編集]
ヒトコト言います。

アザラシは生臭いです(;^ω^)
2012/04/03(火) 21:16 | URL | まんがいんく #-[ 編集]
猫団子さん>
なんのためのベルなのか。
鳴らすためではなく、自分の身を守るためのヘルメットだったのか。
薄れゆく意識の中で・・・
いやいや、睡眠中だった。
それにしても誰の代理かと思ったら・・・

かめさん>
夫がめさん、自熱をもっているのね。
それは白癬菌にも気にいられるかも。
とはいえ抱き枕にはいやだなあ。
福耳型、いいでしょ。
売り場はホラーになるけど。

まんがいんくさん>
あ、もう抱きました?
生魚ばかり食べてるんだからそうなるのかなあ。
息だけならクロレッツでね。
2012/04/04(水) 06:37 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2257-2a49fd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック