クワラルンプール

ここでは、クワラルンプール に関する情報を紹介しています。
日曜日に、木の根っこを抜こうとして、クワの柄を折ってしまった。
クワといっても四本グワ。
フォークのように先端がわかれているやつだ。
これが穴を掘ったり埋めたりには一番役立つ。
畑には溝が掘ったまま。
なんとかしなくてはいけない。

会社帰りにホームセンターに行った。
新しいクワを買おうと思ったのだ。
しかし、安いので4000円。
これいいな、と思ったのは6500円もする。

考えてみたら、クワの金属部分には何の問題もない。
折れたのは木材の柄だけだ。
柄は1000円だ。
考えてみたら、と書いたが、ほぼ考えずに柄だけを買った。

選んでいて気がついたのだが、農具の柄にはいろんな形がある。
金属部分の柄を突っ込む穴も、丸、四角、かまぼこ型といろいろだ。
私のはかまぼこ型だったのでそれを選んだ。


家に帰ったらまだ明るい。
よし、今日のうちに柄をつけ替えてしまおう。
と、簡単に考えたのだが、これがとんでもない苦労をした。

クワの先端の取り付け部の説明をしよう。
金属でできたクワの頭には、土を掘り起こすフォーク部の上にかまぼこ型の輪がある。
ここに木の柄を入れる。
このままだと、柄は簡単に抜けてしまうので、反対側からタガネを打ち込む。
ドアストッパーのような薄い金属板だ。

金属の輪の中にみっちり詰まった木に、そのタガネが割り込むことで、
もっとミチミチになって抜けなくなるのだ。
さらに、輪の上側には小さな穴があり、そこから釘を打ち込む。
こうして二重の抜けないシステムになっているのだ。

ためになるねえ

さて、ここまで抜けないように策を施してあるクワ。
折れた柄が抜けない。
ちょうど頭の付け根で折れたものだから、柄を持つところがない。
これがとても不自由だ。

横から打ち込んだ釘も抜けない。
もちろんタガネも抜けない。
結局、無茶をした。
釘抜きを木の部分に打ち込んで、金槌でガンガン叩いた。
えらいもので、ムチャクチャすればなんとかなるものだ。

柄の折れた部分が抜け、あとは新しい柄をはめればいい。
これが入らない。
金属のかまぼこより、木のかまぼこの方が大きいのだ。
もう削るしかない。
ナタで削ってなんとか穴に納まった。

今度はタガネがなかなか入らない。
大きいカナヅチを出してきてこれも無理やり打ち込む。
そもそもタガネって無理やりなものだが。

なんとか完成したときには日が暮れ、汗をかいていた。
そこにちづるの車が帰ってきた。
「どけ」と言われた。






↑タイトルが思いつかなかったんだけどクリックしてね。





残業か?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です、すごいです。
抜けないわ、はまらないわ、ぬけるわ。
そうならなくてヨカッタ。
2012/03/28(水) 07:18 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
オチに笑ろた
鏨て、言葉は聞いてても、初めて何なんか、知りました
こみ箱は勉強になります

クワも毛ぇもヨンホン

万が一、クワをふりかぶったタイミングで抜けたら大事故のもと
万が一、貴重なヨンホンが抜けたらエライこと
毛ぇもクワも抜けませんように…
あ、今回は抜けんでエライ目に会うたんか

お疲れさんですー


2012/03/28(水) 11:16 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
こんなに「抜ける」やら「四本」やらが他の話で出るとは。
でも、この作業の行きつくところは、
植える、育てる、ですからね。

かめさん>
勉強になったことを使うことができるといいんですけどね。
上司Tに話したら、折れた柄を取るには焼くのだそうで、
柄をつけたら水に浸してふやかすのだろうです。
ためになるなあ。
2012/03/29(木) 21:42 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
古い柄ぇは焼きおとし、新しいのんは水気で膨らまして…勉強になりますわー
何より
上司Tでも役に立つこと、ありますねんなー、びっくりや
2012/03/30(金) 14:27 | URL | かめ #-[ 編集]
かめさん>
なんだかんだ言っても農家の出ですから。
ただ、それを先に教えてもらいたかったわあ。
2012/03/31(土) 11:34 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2251-c32ebd92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック