fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

憧れ減点法

昨日は、愛知県の金城埠頭にあるポートメッセ名古屋で行われていた、
『キャンピングカーフェスタ』に行ってきた。
昔からキャンピングカーにあこがれていた私、
免許をとって以来、ずっとワゴンタイプに乗っている。
なにしろ、キャンプよりキャンピングカーが好きなぐらいなのだ。

なのに、今乗っている軽のバンはすでに『農カー』だ。
キャンプと共通して使える道具はポリタンクとブルーシートぐらいしか積んでいない。
これを今からキャンプ仕様に改造すると、畑に行くとき困ってしまう。
もちろん、新車を買えるわけもない。
つまりは目の保養というわけだ。

とはいえ、会場に入って居並ぶ新車たちを見ていると、
「今日はオーナーになりに来たよ」
というような気分で品定めをしてしまう。

会場には、四人がホテルのような暮らしができる1500万の大型バスタイプから、
軽バンに網戸をつけただけみたいなものまで陳列されている。
まさにピンからキリだ。
私の車はキリなのだが。


最近の車中泊ブームで、軽タイプもたくさん展示されていた。
もし、私たちがキャンプに行くとしたらこれで十分な気もする。
しかし、小さいとはいえキッチンや収納がついている分、どうしてもせまくなる。
寝るだけなら普通の軽バンの方がいい。

ちょっとジャマ

これにひきかえ、軽トラタイプは広々している。
ロフトのように屋根裏に寝るタイプもある。
トラックだと荷台扱いなので規制が緩いのだ。
ただ、これは一度下車しないと部屋部分に入れない。


やはり普通車タイプがいい。
となると途端に豪華になる。
リビングスペースは紅茶にブランデーが付いて来る喫茶店のようにシックでゴージャスだ。
だが、バンタイプだと天井が低い。
せっかくキッチンがあっても中腰になってしまう。

やはりトラックタイプか。
でも、トラックタイプはやっぱり見た目がトラックだ。
運転席にもバンタイプのようなスマートさがない。

積荷が部屋

トラックでなくて、室内で立って歩けるというと、バスになる。
このへんになると、ちゃんとシャワースペースがあり、
ベッドもリビングのソファを折りたたまなくてもいい。
シャワールームには簡易トイレが置けるので、渋滞に巻きこまれても安心だ。

家より豪華

ただし、このタイプは大きい。
山奥のキャンプ場など入っていけないのではないか。
まったく見知らぬおっさんが独り言で、
「こんなん、置くとこないわ」
と言っていた。
そう、ちょっとした離れぐらいはあるのだ。

となると、残るはけん引タイプだ。
これこそ憧れのアメリカンライフらしい。
このタイプだと、エンジンルームが要らない分、機能的にスペースが利用できるので、
トイレもあり立ち歩きもできるのにコンパクトなものがある。
しかも、車の税金や保険料が要らないというのは魅力的だ。

未来的~

だとして、これでキャンプに行くとなったら、引っ張るのは私の農カーだ。
クワやバケツやナガグツを乗せた車で、どこに行楽に行くというのか。
じゃあ、荷物をおろせばいいのか。
荷物を下ろすと、二人が寝られるぐらいのスペースができるのだ。
なぜ、キャンピングカーを引っ張る必要があるのだ。

いらん、いらんキャンピングカーなんぞいらん!


と、このように全てのタイプに難癖をつけて、
自分の心をごまかして帰ってきたのであった。






↑ホントのオーナー様もクリックしてね。






描くのが大変
スポンサーサイト



[ 2012/02/26 12:24 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(10)
ひぇ~~~っ!
キャンピングカーって、こんなに豪華な造りになってたんですね~!
今まで、『あんな車に乗る人の気が知れない』と思ってましたが、
この写真を見たら、欲しくなりました♪♪♪
さくらも、一台購入しよ~っと!
1500万ネ!  ハイハイ♪♪♪ (=^エ^=)
その前に・・購入するには・・・今住んでる家を売らないと!
売っても一台分にならないかも~~~♪ (=^エ^=)
[ 2012/02/26 14:00 ] [ 編集 ]
キャンピングカーいいですね~。
良く解りますよ難癖のスパイラル。
自分も同じタイプです。
それにしても高価ですよね~。
以前タモリ倶楽部かなにかで特集があって、
欲しいけど現実がで結局文句言って終ってしまいました。^^:
でも実は昔持ってましたよキャンピングカー。
トミカのやつですけど…。
お値段…いくらだったかな~。
でもいつかは本物と思って幾年月。
未だに夢かなわずです。
[ 2012/02/26 19:51 ] [ 編集 ]
このコンパクトさは人力車タイプね
自動車にくっつけて引っ張るには免許やらなんやら要るんでしょ?
自分で引っ張れば無問題(^-^)/

でも人力車だと狭いでしょ。
リヤカーにすれば?
装備を色々付けると重くて引っ張れないって?
牽引に耕耘機はいかが?
[ 2012/02/26 20:05 ] [ 編集 ]
農カー!
同じだがヤ。
うちは農耕車といっとるで。
車内中、ドロだらけでイカン。
完熟堆肥の匂いが籠っとるでイカン。
茹で玉子の殻が散らかっとるでイカン。

ところで残り少ない人生、住まいを手放して、その軽のキャンピングカーで、全国観光しながら生きようとしたら、税金はかかるのでせうか?
昔、そういう老夫婦のドラマを観たのですが、住所を失うことによって、国税、地方税、車税、不動産税のほかにも電気代、ガス代、水道代、健康保険、介護保険、新聞代、町内会費、等々、莫大なお金を払わなくてよくなれば・・・
と思いながら、私もキャンピングカー・ショーを見ることがあります。
[ 2012/02/26 21:48 ] [ 編集 ]
トケ井と乗ってはんのは…
ウシに牽かせるタイプやね

難癖スパイラルとは、ようゆうたもの
夢は叶わんけどお金は残ります、悪いことばかりやおへん

…マコトさんの、パパリンのクルマはどないなりましたやろ
[ 2012/02/26 23:24 ] [ 編集 ]
私たちは移住する時、アメリカまでは飛行機で行き、あとは2年かけて、キャンピングカーで、ここまで来る計画を立てていました。でもJICAに叱られました。日本航空で、他の南米の国に行く人と一緒でないといけませんって。
今はそんなことはないでしょうけどね。
でも絶対買うぞ!!行くぞ!
どこへ?
[ 2012/02/27 03:57 ] [ 編集 ]
さくらさん>
私も久しぶりに行ったんですが、すごく進化してましたよ~
ソーラー発電やら電磁調理器やら、
なんとプリウスのキャンピング仕様までありました。
家を売ってキャンピングカー暮らしを始めたら旅人になれますよ。
カッコイイ~、ぜひ。

kerokerockersさん>
無限のお金持ちならどんなのでもいいだろうけど、
ギリギリのとこで選ぶとなると一長一短ですね。
って、買えないんだけど。
タモリ倶楽部、指くわえて見てましたよ~
ああ、いつかは持ちたいなあ。
ちなみに私のトミカは献血バスです。

猫団子さん>
牽引免許のいらないタイプもあるそうですよ。
それを知ってムラムラしてます。
人力車タイプは縦長だからリラックスしにくそう。
リヤカーを耕耘機で引いたら・・・
テーラーですやん。
ちなみにこの車、横にすごく長いってのはどう?
[ 2012/02/27 18:12 ] [ 編集 ]
NANTEIさん>
農カー、ウチのも土だらけで堆肥臭くて・・・
ゆで卵はなぜ?
キャンピングカーでの渡り鳥暮らし、あこがれますね~
住民登録がなかったらお金は取られない気がするなあ。
しかし、今の政府を見ていると、
そのうち憧れ税とか取られそうな気がします。
それより、全財産を軽に乗せられるほどスリム化できるかな。

かめさん>
ウシに引かせるやつは、すだれになってるから冬は辛いねえ。
結局、キャンピングカーを買うことはないんだけど、
お金が残ってないのはなぜ?
パパリンの車、出てったっきりで、マコトさんも目にしてなかったりして。

こくさん>
大陸だから日本一周とは規模がちがいますね~
どうしてダメだったのかな。
やはり危険を考えてのことなんでしょうね。
こくさんが買ったらどこへ行くか・・・
とりあえず、海水浴はいかが?
[ 2012/02/27 18:37 ] [ 編集 ]
そう!テーラーだったわ
自分で書いといてなんなんですが、
名称「テーラー」が出てこなかったんですよ。
それで、なんと言うんだったっけと検索していたら、
ホントにその仕様で諸国漫遊している(いた?)お人がおられるみたい。
冗談じゃなくなってきましたよ。
こみさんもやってみませんか(^O^)

それと、かめさんのレス読むまで牛車に思い至らなくて
そう、牛車もあったんだとこれまた改めて検索してみたなら
こみさん、朗報です、「毛車」というのがあるみたい。
まさにこみさんに相応しいのではないでしょうか。
…アレ?
……良く読んだら
………「主に上流貴族の女性が使用」とありました。
残念m(_ _)m
[ 2012/02/27 20:12 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
おー、やっぱりそうでしたか。
昔買ってたアウトドア雑誌で、テーラーキャンプの企画がありました。
最近あまり見なくなったけど、乗ってみたいのよね~
のどかでいいよね~
牛車はもっと難しいなあ。
燃費が悪そうな・・・
それにしても、毛車ってなんじゃろ?
[ 2012/02/28 18:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム