fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

仄暗い水の底から

私が夕食の麩を煮ていると、ちづるが来てこう言った。

「今朝、私のGパン二本とあんたのGパンを一本洗った」

「それで?」

「洗濯機の底から二百円出てきたが、あんたのか」

もちろん私のものだ。
決まっているではないか。
世の中の持ち主不明の二百円は全て私のものなのだ。

「証拠はあるか」

当たり前だが私の所有権を証明する物的証拠はない。
しかし、ちづるが証拠の提出を求めるという事は、
ちづるの側にも自分のものである証拠がないという証拠だ。
ここは状況証拠を積み上げて優位な立場に持って行こう。

「君のような守銭奴が二百円という大金を放置するはずがないではないか」

鉄の論理だ。
これにはやつもグーの音も出まい。
ところが、ちづるは思いもかけない反撃に出てきた。

「何を言う。
 私はな、五千円札をズボンのポケットに入れたまま、洗濯カゴに放り込み、
 洗濯して、干して、たたんで、押し入れにしまって、また出してきてはいて、
 ポケットに手を入れて『あ、五千円』と思ったことがあるんだぞ」

なんと、金にルーズであることの証明だ。
たかが二百円のためにそこまで自分を貶めるのか。

「私はな、銀行でお金をおろしてきて、その封筒をうっかりゴミ箱に捨てて、
 そのまま数日過ごし、お金がなくなってきたのでおろしに行こう、と思ったが、
 待てよ、確かお金はおろしたはず、と気付いてゴミ箱をあさり、
 現金を回収したことがあるんだぞ」

そんなことでいいのか。
それを発表してまで二百円が欲しいか。


とりあえず麩が煮えたので、二百円は棚上げして夕食にすることにした。
するとちづるが、今夜はビールを飲まないという。
なにやらかすかに頭痛の気配があるらしい。

「君、頭痛がすると言えば私が食器を洗うと思っているのではあるまいな」

日曜日、慣れぬ運動をしたちづるは夜になって頭痛を起こし、
私が洗い物をしたのだ。
この発言に、ちづるは不快感をあらわにした。

「いやなことを言うな~」

「二百円を手に入れる、いや、取り戻すためなら、いやなことも言うわな」

こうして私は二百円を手に入れ、いや、取り戻した。
で、その二百円、ワシはどこに置いたっけ?






↑ポケットは確かめてクリックしてね。






毛モノは別に
スポンサーサイト



[ 2012/02/21 06:22 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(10)
そうそう、デリケートなモノは優しく手洗いしなきゃイケマセン。
そんな、洗濯機で乱暴に扱っちゃダメですわ。
縮むだけならまだしも、擦れて切れて最悪抜けますわよ。
[ 2012/02/21 07:50 ] [ 編集 ]
これもややこしいミステリー小説のタイトルかと思いましてん
ちづる様の抗弁に、根岸線ン中で吹き出しましたわ

友人がめの一人は、旦那さんやお父さんがタンスに吊るしてはるズボンやジャケットの、ポケットに『落ちてる』小銭を回収していきよります

たまに紙幣のときもありますねん

[ 2012/02/21 10:12 ] [ 編集 ]
かめさん、そういえばミステリーの序章かもしれませんわよ
こんなに大々的に書いて、こみさんは果たして無事に済むのか!?
[ 2012/02/21 12:21 ] [ 編集 ]
相方を「君」と呼ぶと
何か自分が相棒よりランクが上がった気がしますね。
これからは「君」を多用してみようかとふと思いました。
しかも論理的に話せば尚上がる気も…。

そうそう自分は洗濯機からお金が出てきたら黙ってポケットコースです。
ちなみに洗い物はかなりの確率で自分です。
[ 2012/02/21 13:24 ] [ 編集 ]
無事かなあ?
抜けたかなあ?
猫団子さん、私も、ヨンホンが心配でたまりません

抜けてなかったとしても・・・

トケ井、洗剤は、ウール用にしてくれたんでしょうね?
柔軟剤は使ってくれたでしょうね?

[ 2012/02/22 01:05 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
ごわー、擦れて切れて抜けるとは、
言ってはならんフルコースやないですか。
縮むのはともかく、縮れはじめてます・・・

かめさん>
ふふふ、これはホラー小説のタイトルをいただきました。
これはまず、私のものです。
実家に帰ったときの有料道路代に違いありません。
実は私も回収されとるんでしょうか。

猫団子さん>
このミステリーの被害者はワシ・・・?
登場人物が少なすぎるがな。
[ 2012/02/22 18:19 ] [ 編集 ]
成さん>
我が家では、君、あんた、おのれ、きさま、てめえ、など、
多様な呼びかけを利用しています。
そのたびに、こちらのランクも上下してたのね。
コゼニでこのような呼び方になることが多いんですが、
大きなお金の話は出ません。

Lily姫さん>
ヨンホンを心配してくれてありがとうございます。
洗うときはスカルプDが主です。
柔軟にするのはやめて~
それにしても、洗濯までしてくれる時計って他にはないよね。
[ 2012/02/22 18:31 ] [ 編集 ]
アクロン ソフラン 今時のんは柔らこい感じやけど
昔のモノゲンは粉末で、お湯に溶かすと、なんや派手に泡たって、ケホケホむせるような代物でしたわ

Lily姫様、猫団子はん、

子供のころ、母がめは、そのモノゲンをたらいにようけお湯をはって溶かし、
うちで飼うてた猫の手足をもって、
背中からどぶーんと浸けて洗ろてましてん

『ひどいことする』て、妹がめと抗議した『純毛やから』て

まあ、トケ井式よりは丁寧やけど…


[ 2012/02/23 04:11 ] [ 編集 ]
かめさん、それはスゴイ話です
と言うことはその猫は毎回大人しく洗われていたのですね。
よっぽど信頼されていたんですねぇ。

普通、水に濡れる事を猫は嫌います。
また、手足を持ってつり下げられるのもいやがることが多いと思います。
なので、うちでそういう洗い方をしたら流血の大惨事になりますわ(^^;;;。
毛がしても洗った方は冷血非情な人間として冷たい目、
もしくはそうなるのが判っていてやらかしたアホと笑われて終わり(^◇^;)

こみさん、いっぺんやってorやられてみる?


かめさん、懺悔します。
最初のレスの時、かめさんを愛川欽也、レスしてる自分を高橋英樹でイメージしてましたん。
ミステリー繋がりって事で、(^^;;;
[ 2012/02/23 07:30 ] [ 編集 ]
かめさん>
それはまた気の毒な猫。
昔のモノゲンということは“ユニ”じゃないんですね。
でもまあ、猫は毛がたっぷりあるからいいか。

猫団子さん>
猫、絶対暴れるよね~
なんといっても野生が残ってるから。
もちろん私は対抗する気はないですよ~
しかし、この懺悔は傑作!
かめさんがキンキン!
で、ワシは名もない死体?
[ 2012/02/24 18:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム