FC2ブログ

ペンキーをヌラーズ

ここでは、ペンキーをヌラーズ に関する情報を紹介しています。
ホームドラマや家族マンガに出てくるお父さんは、たいてい日曜大工が趣味だ。
よくある休日の一コマとして、カナヅチを使っているか、ペンキを塗っている。
私も我が家ではそういう立場であるが、そういう行為は禁止されている。

家の横に小さな物置がある。
主に私が農作業に使う道具が入れてある。
買ってからもう15年ぐらいたつだろうか。
三角屋根で、木の窓風な飾りがついていてカントリーっぽかったのだが、
今では全体的にサビが目立ち、いかにも廃墟チックだ。

以前、これを見た両親に
「ペンキぐらい塗れよ」
と言われた。
しかし、そのあとすぐ、ちづるに、
「ペンキを塗ろうなどと考えるな」
と釘を刺された。

正反対のことを言う二組だが、不思議なことに思いは同じ。
きれいにしたい、ということだ。
まったくややこしい板挟みだ。


思えばバイトで少しやらされたことがあるぐらいで、
私はペンキを塗ったことがないような気がする。
それどころか、プラモデルに色を塗った記憶すらない。
なぜか『ハケ』という言葉に嫌悪感を持つぐらいだ。

ともかく、全体にムラなく、というのが苦手だ。
車を洗っても必ずどこかに洗い忘れがある。
図工の時間のお絵かきでも、よく塗り残しがあった。
ごはんにふりかけをふるのでさえ、なんだかダマになってしまう。
きれいに塗れるものなんて、軟膏ぐらいなのではないか。

そういえば、車のワックスなんて細かくクリクリと塗る人がいる。
まるで車をこいのぼりにしたのかと思うぐらいうろこのような柄になる。
私がまだ車にワックスを掛けていたころ、雑巾がけのように塗って注意されたものだ。
でも、あんなにクリクリなんてしていられない。

あのサンドペーパーで磨くというのもキライだ。
こまめな人はクリクリとちょっとずつ磨いていく。
これも私は雑巾がけのようにガーッとやりたいタイプだ。

クリームシチューを作るのに、バターでいためた小麦粉に、
少しずつ牛乳を足して伸ばしていく作業がある。
いやだ。
なので最近はいきなり牛乳を入れて、片栗粉でとろみをつけることにしている。

ギョーザの皮を作るには、粉にお湯を少しずつ・・・
しない。
まず、ギョーザを自分で作らない。
一個ずつ小さな皮で巻いていくなんて私にはできない。
私に似合うのは具をガバガバ混ぜることだけだ。


そう、私は『ていねい』が苦手だ。
そんな辛抱がない。
A型だけど。






↑大変な時間になっているのでクリックしてね。




お叱りはごもっとも
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ワタクシも辛抱のないA型です
要領も悪いし、おまけに不器用です。

…几帳面ってのはどれだけのサンプルから導き出されたんでしょ?
2012/01/17(火) 19:23 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ゲッ!
ワタチも不器用、でたらめのA型です。
辛抱なんてありゃしません。
2012/01/17(火) 20:26 | URL | こく #-[ 編集]
しやけど律儀で几帳面や
時間なくても絵を描いて更新してはります、偉いですわ

O型やったら、ノリノリで更新して『あれっ、今日もう更新してあったわ』かと思うと、3日ぶりの更新です、て書きかけたんが一週間放ってあったりします

単純作業を続けられんのが、うっとこの子がめ2で

中学の美術の課題を塗り残し、センセに怒られて塗りはじめてまた塗り残し。
ガッコにお呼びだしがかかり、ウチが苦しい言い訳に
『申し訳ありません、あの子はちっちゃいときから以下略のヨウちゃんと、呼ばれとりまして…』

2012/01/18(水) 00:36 | URL | かめ@家族が全員O型 #-[ 編集]
猫団子さん>
A型神話はガセ?
まあ、A型にもいろいろありますわな。
いい加減で辛抱がない割に、玄関の鍵や火の元が心配になります。
これは血液型とは別かな。

こくさん>
わーい、お仲間だ。
だいたい、日本人の4割が几帳面なんてはずないもんね。
困ったことないし。

かめさん>
なんとか更新はしてますが、このネタも途中から話が変わっちゃった。
『ペンキ』というキーワードだけで書き始めちゃったのよね。
以下略のヨウちゃん…すごい呼び名。
私の仕事、お守りの芯のボール紙に輪ゴムを巻く作業をさせてあげたい。
2012/01/18(水) 18:48 | URL | こみ #uhTlRX4A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/2179-b8dac314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック