fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

ただいま

何とか無事に帰ってきました。

今回のコースは紀州方面。
伊勢を出発→新宮で丸ポスト撮影→湯の峯温泉に一泊→龍神→龍神高野スカイライン→道を間違えて山道へ→奈良県横断→伊勢
紀伊半島の右半分って感じ。
考えてみると観光はほとんどせず、写真とトイレ休憩ばっかりの旅だった。

宿は、建物はぼろかったけど、料理はなかなか、お湯は最高。
風呂でいっしょになったのは常連さんで「日本中回ったがここのお湯が一番だ」と言っていた。
なにしろ、宿の横に、温泉が湧いているそうで、余分なお湯が流れるので川まで湯気が立っていた。

しかし、旅先の朝食ってどうしてあんなに食が進むんでしょ。
温泉粥と別にごはんを二杯半も食べてしまった。
なぜ「半」か?
おひつがカラになったから。

さて、自分ちの玄関で靴を脱ぐまでが旅行、ってなことをいうが、旅行のフィニッシュはつまらない。
自分ちの玄関が近づくほど、道も景色も見飽きたものになってくる。
ラストの20分など、普段の生活圏内だ。
「旅行なのに普段ジャスコに行く道を走ってる」と思ったら悲しくなってくる。

今回は特にその思いが強かった。
奈良県から三重県に入ったあたりが、両親の実家近くだったので、ラスト90分が見飽きた道だったのだ。
それよりもなによりも、帰りに自宅に一番近いスーパーで、晩ご飯と弁当のおかずを買ったりしたのが、一番のマイナス要因かもしれない。

s-iiyu.jpg

スポンサーサイト



[ 2006/01/30 01:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)
朝ご飯を食べると
 旅行は、終わったようなものです。
それにしても、旅館の朝ご飯はホントに美味しいですね。でも、最近は、バイキング形式の旅館が増えて情緒がないねえ。
 やっぱり、ご飯はお部屋に運んでくれるのが一番なんだけど・・・
[ 2006/01/30 17:03 ] [ 編集 ]
私はお部屋に運んでもらわない方がいいな~。
お部屋は乱れまくってるから(^^ゞ
[ 2006/01/30 18:45 ] [ 編集 ]
バイキングにはそれなりの良さもあるんだろうけど、やっぱりお膳がいいですね。
民宿なので贅沢は言えませんが、スタッフの人たちもすごく感じがよかったです。
その旅行の良し悪しって、ちょっとしたことで左右されますねえ。
[ 2006/01/30 22:21 ] [ 編集 ]
おかえりなさい♪
温泉にごちそう!!
うらやましいなぁ(o^-^o) こみ&ちづるさん、リフレッシュできましたね♪

宿のスタッフの対応ってとっても大切ですもんね~
高校生の頃、クラブの遠征の時に泊まった旅館(確か柳川だったと思います)では朝食の生卵(ほとんどの子が卵かけご飯にします)が食べられない子にはスタッフの人の配慮で目玉焼きにしてくれたことがありました。
それにOL時代に泊まった海辺の小さなホテルでも家族に不幸があり急遽、旅の途中でひとり帰宅を余儀なくされた友人があくる日の早朝に船で帰るためメンバーと朝食を食べられないとわかると厨房でお弁当を作ってくれたんです。
画一的なサービスのみならず個々の客に柔軟な対応ができる宿って嬉しいですよね♪
[ 2006/01/31 09:01 ] [ 編集 ]
むふふ~
いや~、すっかりリフレッシュできたので、3ヶ月は貧乏生活です。

マニュアルじゃない親切、うれしいですよね。
臨機応変って、常に心がけてないとできません。
もちろん人柄もあるんだろうけど、接客業においては仕事に対する積極度ともいえますよね。
今回の宿はぼろだけどまた行きたくなりました。
[ 2006/02/01 01:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム