FC2ブログ

ドカンと景気よく

ここでは、ドカンと景気よく に関する情報を紹介しています。
今日は土曜日、お休みだ。
ウチの会社は、第二第四土曜は完全休業だが、
ほかの土曜は交代で休んでいる。
役所や学校は、土曜はお休みだそうだ。

私が小中学生のころは土曜は半ドンだった。
四時限で授業は終わり、クラブをしている人は弁当。
そうでない人は家に帰った。

小学校も低学年の頃はクラブもない。
遊ぶ約束をして家に帰り、大急ぎで昼ごはんを食べた。
何しろ遊びたくて仕方がないのだ。
なので昼ごはんまで遊びに組み込んだりした。
弁当を作ってもらうのだ。

気分は小遠足。
とはいえ、食べる場所はいつも決まっていた。
空き地の土管だ。
当時、うちの近くにはたっぷり空き地があった。
そのうちの何箇所かには大きな土管が置いてあった。

小学生が腰をかがめるぐらいで中を通れて、何とか登れるぐらいの土管。
大っぴらに放置されているが、扱いは秘密基地だ。
この上に登って弁当を食べる。
そのあと遊ぶ。
そしてかなりの確立で、弁当箱を忘れて帰る。


天気のいい日の土管は気持ちいい。
中に入ればひんやりして、上に登れば暖かい。
コンクリートというのは本当にステキなものだ。
その中でも土管が一番すばらしい。
『彼』が土管の上で歌いたくなる気持ちもわかる。

上に登るとあたりで一番高い。
仰向けに寝ると大空に胸を張り、うつ伏せになると大地に覆いかぶさる。
中の座り心地は最高で、見える景色は丸く切り取られたおなじみの風景だ。

その当時、大人になって家を買ったら、庭には土管を置こうと思っていた。
一方にはふたをして、もう一方に出入り口をつけ、自分の部屋にしようと思っていた。
いや、私だけではない。
当時はみんな土管が大好きだった。

正直なところ、私は今でもマイ土管が欲しいと思っている。
でも、今の家では狭すぎる。
土管は広いところにあってこそ、その魅力を発揮するのだ。


よし決めた。
夢はかなえるためにあるんだ。
今からがんばってがんばって大金持ちになって、
老後は土管に住もう。






↑ドンカンな人もクリックしてね。






胴長じゃないよ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ぷぷぷぷぷっ!あ~はっはっはっ!
こみさん、『大金持ちになって土管に住む』って楽しいです♪
金の土管、コンクリートの土管、どっちを選ぶ?・・・と女神様に聞かれたら、
こみさんは、迷わず『コンクリート』の方ですか?
では・・・残った方をさくらにください!m(_ _)m
2011/01/22(土) 11:18 | URL | さくら #aIcUnOeo[ 編集]
ドラえもんを地で行く世界やね ええなあ
さくらさんのコメントに吹き出しました

どっかのテーマパークでやったら人気でんのとちゃいますやろか

入場料、払ろて、スロット回して、『金』があたれば金の土管ン中で半日過ごせる、『コン』があたれば、コンクリートの

『カラ』があたれば、ジャイアン様のカラオケリサイタルつきー
2011/01/22(土) 12:35 | URL | かめ #-[ 編集]
ドカンの新居が完成したら、どうかお知らせください。
新築のお祝い持って、馳せ参じます。

え? お祝い品ですか?

ヤカン、ミカン、アルミカン。
ポンカン、イヨカン、イモヨウカン。
あ、ドカンと景気よく、アツカンも1本おつけいたしましょう。

2011/01/22(土) 18:11 | URL | ゆずりん #zlSKdkI.[ 編集]
こみさん
このお話をお聞きして 

田村裕原作の 映画 「 ホームレス中学生 」を想い出しました

家庭の事情で 家が住む処が ない 中学生が 公園で暮らす様子が 描かれていました

私は この映画が とても楽しめました

こみさんの土管の発想を 聞いて主人公と重なりました

ただし 映画の主役は 超可愛い 小池徹平です
2011/01/22(土) 20:36 | URL | 風早 りら #sSHoJftA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/22(土) 20:38 | | #[ 編集]
おとこのひとと、おんなのひと。
女性は、目の前の現実に対処するだけで生きていけるが、
男性は、夢を抱いて、それを追い続けていかなければ、生きていけない生き物だ・・・

といった内容の文章を以前読んだ時、
ふ~ん、そういうものなのかな~。
と、おもったのですが、今回、こみさんの、決意表明をみて、そういうものなんだ~、と、なっとくしました。

ゆめって、だいじですよね。
それが、いきがいになって、せいかつじょうの、さまざまなことにたいする、モチベーションをたかめてくれるのならば、そのゆめは、だいじにして、どこまでも、おうべきだと、おもいます。

ただ、げんじつも、とってもきになる、わたし。
こみさんが、おひとりものでしたら、がんばれ~、とそのゆめを応援できるのですが、こみさんには、わすれちゃならない、だいじなちづるさんが、いらっしゃるでしょう?

ちづるさんも、「わたしも、どかんでいいよー」、と、いってくださっているのなら、なにも、しんぱいないのですが、もし、そうで、ないのなら。

こみさんは、ふつうの邸宅と、こみさんたいぼうの、どかんをおく、ひろびろとした、しきちをてにいれなければ、ならない。

どかんは、べっそうに、なるのかしら?

う~ん、いじひが・・・(あ、いけない。)

がんばれ~、こみさん!!
がんばって、おかねもちになって、
どかん、おけると、いいですね。
2011/01/22(土) 21:26 | URL | ふぃると #-[ 編集]
昔はドカンが確かにありましたね。
と言いたいのですが自分の住む地域は少なかったかも。
ただ資材置き場は結構ありました。
当然秘密基地にしたのは言うまでもありません。

その資材置き場の基地は中学の頃まであったのですが、
小学校の頃は純粋に基地として使用してましたが、
中学の階段を登る頃から秘密の書庫として使用する様になりました。
そう川や雑木林の中から集めたアダルトなグラビアの。^^v
2011/01/23(日) 14:59 | URL | 成 #-[ 編集]
さくらさん>
もちろん大金持ちのことですから、
広大な土地の、セキュリティのしっかりした土管に住むんですよ。
もちろん池もありますから、女神さまが現れるかも。
もちろん大金持ちのことですから、
池に落とすのは純金の土管ですから。

かめさん>
作ってほしいなあ、ドカンランド。
ドカンシーは魚のためね。
しかしアトラクションは「キンコンカラ」ですか。
リスクの大きいスロットだなあ。
とはいえ、あの大スターが常駐してるとなると・・・
ご近所迷惑ですな。

ゆずりんさん>
その節にはちゃんと招待状をお送りしますね。
おもてなしは、かるかん、サバ缶、ジンギスカン。
良ければ快感、いやなら折檻。
すっからかんでもあっけらかん。
玄関だけでも高級感。
だけど祝いは現金で。
この際「カン」はどうでもいいや。
2011/01/23(日) 16:24 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
りらさん>
「ホームレス中学生」一世を風靡しましたね。
映画は見てないけど、土管は似合いそうだなあ。
ホントに居心地いいんですよ。
で、私が主人公とダブるのはいいんですが、
どうして「ただし」がつくんでしょう?

匿名さん>
おお~、それはそれは。
後ほどうかがいます~

2011/01/23(日) 16:29 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
ふぃるとさん>
そう、夢は男の肥料です。
おっさんでも夢見てるんですよ。
高台の広い敷地に土管。
もちろんちづるは嫌がるでしょう。
なので、土管を入り口に地下邸宅にしましょう。
大丈夫、ちづるは寝ころんだらめったに動きませんから。
ほぼ、冬眠みたいなものです。

成さん>
ウチは造成中の団地だったから、
あちこちに土管がありました。
みんなが自分の秘密基地だと思ってたんじゃないかな。
あああの頃は純粋だったなあ。
そして、だんだん汚れて大人になっていくんですね。
2011/01/23(日) 16:36 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
なるほど。
「夢は男の肥料」
含蓄のあるお言葉をいただきました。
きもにめいじて、ゆめみるかたがたに、せっしていかなければ。
そう、けついしたのですが、ひとつぎもんが。

成さん少年があつめた、アダルトなグラビアは、「ゆめ」に分類されるのでしょうか?
それとも、「現実」に、分類されるのでしょうか?
そのとしごろの、しょうねんの、「大人の階段」は、「ゆめ」と、「現実」の、比重は、どっちに、かたむいているの?

おしえて、こみさん。
2011/01/23(日) 17:25 | URL | ふぃると #-[ 編集]
ふぃるとさん>
ふふふ、カッコいい言葉が決まったぜ。
と思いきや難しい質問が。
え~と、成さんが集めたのは「あこがれ」です。
大人の階段って一段一段が現実で、
夢は上に見えてるんだけどつながってるかどうかはわからないのです。
で、誘惑するわき道がいっぱいあるんです。
2011/01/24(月) 17:37 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/1813-57a11806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック