FC2ブログ

銀のロマンチック

ここでは、銀のロマンチック に関する情報を紹介しています。
フィギュアスケートが注目を浴びている。
特に話題は15歳の女の子。
オリンピックの出場資格であーだこーだ。

そりゃ、出してやりたい。
ある人のコメントで、「世界選手権の優勝者が出場しなかったら、オリンピックの金メダルの価値がなくなる」というのがあった。
なるほど、もっともだ。

とはいえ、ルールはルール。
たしか、前回のオリンピックのマラソンの選考でもめたとき、選考基準があいまいだからいかんのだ!っていわれてたはず。
なのに今回ははっきりしている基準をないがしろにしようとしている。

しかし、その年齢制限の理由が、年端のいかない子供に肉体的精神的プレッシャーを与えないためと言うのも妙な気がする。
それなら、世界選手権にも出すなよ、練習もさせるなよってことになるだろう。

だからといって、やれ特例だなんだとやってしまうと、じゃあ14歳は、13歳は、ってキリがなくなる。
中には「あの子は出場権がないから、この試合で何位までにはいれば・・・」と考えて調整していたボーダーライン上の選手だっているかもしれない。

もし私が王様なら出場させるけど、大統領だったら出場させないな。
結局、周りが騒いで当事者が不愉快な思いをするってパターンになりそうな気がする。

ただ、みんなが出場権を獲得しようと必死でいる中、渦中の浅田真央ちゃんだけが楽しそうに滑ってるように見える。
いや、見てないんだけど・・・

suke-to.jpg

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ピーク
ごもっとも。
世界選手権がよくて、オリンピックがだめな理由は???ですね。
水泳は、14歳で、金メダルでしたよね。確か。
個人によって、ピークが違うから、次でいけるかというとわかりませんよね。
出たーいって、泣いて訴える記者会見もありましたが、
真央ちゃんは、スケートがあれば幸せって感じで、
いいなぁ。
2005/12/21(水) 06:31 | URL | bube #-[ 編集]
安易にルールを変えないほうがいいような気がします。
これが逆(外国に強い14歳がいる場合等)で、その子が出なければ中野や安藤が金メダルの可能性が高かったりしたら、マスコミはどう騒ぐのだろう。
2005/12/21(水) 18:50 | URL | 一番茶 #-[ 編集]
bubeさん>
片方を立てれば片方が立たず。
やっぱり個人でも競技でもピークはそれぞれ。
“運”もかなりありますね。
ともかく、あんまり悲壮感漂う競技はイヤです。

一番茶さん>
特例を認めると、後々面倒が起こりそうな気がします。
スポーツマンシップを持たない周りが騒ぎ過ぎかも。
2005/12/21(水) 23:06 | URL | こみ #-[ 編集]
ルールはルール
なんだけど、真央ちゃんのコーチがこの4年は長い!って言ってた。今の体型だからこそ、軽々と出来る事もあるし4年後は19歳だから体型が女になっちゃうから・・・って。

競技生活が短いスケートだけに、今出られれば・・って思ってるみたいね。ただ、ボーダーラインの選手は戦々恐々だよね~~
2005/12/22(木) 20:32 | URL | まむ #-[ 編集]
 どうも日本人はルールを自分の都合の良い方に曲げたがるきらいが有るみたいね。良いこともあるかも知れないけど、大抵は弊害の方が大きくなると思う。
 金メダルと言うかトップになるには技術力だけじゃない。運を引き寄せるのも実力の内って事かな。
 一番星さんが書いているように、立場が逆で、外国の選手に若くて上手いのがいたらやはり競技に出したがるのかな?
その時はルールを盾にするのかな?
2005/12/22(木) 22:36 | URL | もと #-[ 編集]
四年後に余念がない
まむちゃん>
確かに四年は長いよね~。
子供じゃなくても体型変わるつーの。
とりあえず「トリノは頭にない」ってコメントしたそうだから、周りが騒ぐのはやめて欲しいです。

もとさん>
たとえばこれがフィギュアスケートじゃなくて、もっとマイナーな競技だったら・・・
もしこれが浅田真央じゃなくて、毛むくじゃらのとっちゃん坊やだったら・・・

なんだか無理やり「感動」に話を持っていこうとする風潮がありますよね。
だいたい、メダルメダル言い過ぎ。
結局マスコミがあおってますね。
2005/12/23(金) 01:42 | URL | こみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/170-9fa1008d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック