FC2ブログ

ちづるに言えない

ここでは、ちづるに言えない に関する情報を紹介しています。
「なんか面白い本貸して」
とちづるが言うので、三冊ほど渡した。
そのうちの一冊を読み始めたらしいのだが、
選ばれた本はちづるの好みではないような気がしていた。

案の定、クレームがついた。
どうしても違和感があって入り込めないという。
かなり特殊な設定のストーリーなので、ネタバレにならないよう内容には触れないが、
ある登場人物の言動にリアリティーがなさすぎるというのだ。

「ちづるさん、それもひっくるめて、ラストには解明されるのだよ」
と言いたいのだが、言うわけにはいかない。
それを言ったら「なぜ言った」と責められるに決まっている。
そこに謎が隠されているということが知れてしまうからだ。

本の説明は難しい。
ヒントにならなかったとしても、先入観を生んでしまう。
作者が意図した以外の情報を読者は得るべきではないのだ。

だから、クレームを受けた私は、
「読めばわかる」とも
「最後まで読め」とも言えず、
「ともかく読め」と言った。
ちづるがこの本を読み終わったら、
「な」
と言ってやろう。


で、翌日。
忘却力というのは中途半端なものだ。
なにかちづるに言うことがあったような気がする。
そう思っているだけだったらよかったのだが、口数の余分なこの私、
「なにかあんたに言うことがあったような気がする」
とちづるに言ってしまった。

ちづるに
「なに?」
と言われた瞬間思い出した。
ちづるに言おうとしていたことというのは、
その本を読み終わったら「な」と言うことだ。
ちづるはまだその本を読み終わっていないので「な」とはいえない。

ここで私は大失敗をした。
「なに?」
と訊かれて、とっさに、
「思い出した!」
と口に出してしまったのだ。

これで会話がややこしいことになってしまった。
私はちづるに言いたいことがあり、それが判明したと宣言してしまったのだ。
当然、ちづるは私に訊ねる。

「なんや」

「・・・言えへん」

「なんでや」

「今は言えへん」

「あとでなら言えるんか」

「うん」

「なんでや」

「言えへん」

「いつ言えるんや」

「わからへん」

我ながらあやしすぎる。
ちづるが私を見る目は猜疑に満ちている。
その本よりも強烈な謎を生みだしてしまった。

おそらく、ちづるは本のことだと気付いたと思う。
しかし、今から私はちづるにこう言わなければならない。
「今日更新したネタは読むな」
と。
その理由はまだ言えない。






↑みんなにないしょでクリックしてね。





s-100329himitu.jpg
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

本の内容とか余り聞くと面白くなくなります。
それでも聞いてしまう不思議(-_-;)
2010/03/30(火) 02:42 | URL | lavandre #sSHoJftA[ 編集]
ちづる様に 『しばらく、ブログ見たらあかんで』ていうても難しいやろね
見るな、て言われたら見たあなる
聞かんでくれ、いわれたら聞き出したあなるのが人間で

広めたい話しは『ココだけの話しやけどな』て、付け加えたったらええ…て

本がネタバレせんように、て 優しい心やね
お口と延髄が直結してる、夫がめにはでけん細やかさですわ

心づかいに免じて ちづる様は、このエントリー、見てないことにしたって下さいー
2010/03/30(火) 09:07 | URL | かめ #-[ 編集]
たしかに本の説明は難しい。
それより『ファブィの物語』にお越しいただいたことが嬉しい。
ネタばらししないでね(笑)
2010/03/30(火) 09:40 | URL | たろすけ(すけピン) #rFJbKIhU[ 編集]
私は最初から本の説明を求められると
「私が説明するとネタばれ確実ですよ。」
と公言してます。
そしたら誰も聞いてこないのですよ(笑)
つーか、説明がヘタなだけですが。
2010/03/30(火) 10:50 | URL | ☆ヨカ☆ #-[ 編集]
読んでる方はとっても楽しいけど
言えないことが雪だるま式にふくれあがった理由やいろんなこと全部ひっくるめて「アホ!!」と叱られるの必須な気がするのですが、ご無事でしょうか。
2010/03/30(火) 21:49 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
lavandreさん>
理想は、二人で同時に読んで、
読み終わってから評論会をすることですね。
自分が知っちゃうと語りたいんだもーん。
でも、上下巻に分かれてるような長い小説だと、
筋だけ教えてちょうだい、って思います。

かめさん>
今日、「もうブログ読んでもいいか」
と聞かれました。
本は読み終わったようです。
で、説明したら、
「お前の態度でわかったわい」
だそうです。
次からはまず犯人を教えてやります。

たろすけさん>
えへへ、おじゃましました。
コメントもなしですいません。
もちろんネタばらしなんてしませんよ~
じっくり懐かしがらせていただくつもりです~
2010/03/30(火) 22:13 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
☆ヨカ☆さん>
未読の人に本を説明するなんて至難の業です。
本の裏表紙の解説でさえ腹が立つことがあるのに。
だからその宣言は潔いですね。
面白い本はおススメされたいけど、
予告編はいりませんね。

猫団子さん>
やっぱり私の態度から何かを読み取ったようで、
文句を言われてしまいました。
ちづるが切り出した話なのに、
「そこは“へぇ~”と聞いとけ」
だそうです。
私の気遣いは全くの無駄でした。
2010/03/30(火) 22:23 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
今晩は
こみさんはやっぱり

ちづるさんをかなり愛しているのね

自分の読んだ本を読んでもらって

二人で共感したいんですよね
2010/03/31(水) 23:27 | URL | りら #-[ 編集]
りらさん>
残念なことに、ちづるはあんまり感想を言いません。
なので私があーだこーだしゃべったあと、
「そうでもない」
なんて言われたりします。
2010/04/01(木) 17:40 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/1531-1aa15094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック