FC2ブログ

やぐらの下へ

ここでは、やぐらの下へ に関する情報を紹介しています。
お出かけして帰ってきて、
まずはコタツに入りたい。
いや、入るのはいつでも入れるのだけど、
スイッチの入っていないコタツは、
コタツに入っていないより寒いのだ。

帰宅したら、まずコタツのスイッチを入れ、
手洗い、うがいで身を清め、
上着やマフラーを所定の位置に戻し、
買ってきた食料品を冷蔵庫に片づけ、
飲み物の一杯など飲み、
そろそろええかしら、と思ったころコタツに入る。


このとき、コタツが十分温まっていたら、
「ふわ~」
なんて言って、手も肘ぐらいまで突っ込もうと努力する。
なにしろ、暖は全身で迎えたい。

足先は、
ペットの犬が、
「ああ、お母ちゃん、どないしてあまえたらいいの~ぅ」
って感じで身もだえするように、
「ああ、赤外線さん、どうしたらつま先もかかとも土踏まずも一度にあたたまるの~ぅ」
と、ぐねぐねしているはずだ。

これがまだ半ホットの状態だと、まさにテンション下降。
入っている喜びもないが、出ていく勇気もないという、
付き合いで入った文化部みたいなことになる。


とはいえ、コタツは入ってさえいれば必ず暖かくなる。
そして、暖かくなりすぎる。

さて、コタツには二大『気持ちええ~』があるのをご存じだろうか。
ひとつは、言わずと知れたうたた寝だ。
まさに、まどろみの集中砲火、奈落への夢見心地ダイブ。
なんのこっちゃ。

もう一つは、
温まりすぎたとき、靴下を脱ぐことだ。
『寒』から『暖』へは、ゆるやかな移行だ。
ところが『熱』から『涼』は一気にやってくる。
だから、
「すーっとした」
と思うのだ。

ただし、残念なことに、この喜びにはおまけが残る。
脱いだ靴下だ。
足ごとあたためられ、汗を吸ってほかほかの靴下だ。
言っても仕方ないのだが、ああいうものは温めてはいけない。
たとえが悪いのだが、納豆をチンしたようなやな状態になる。

こんなものはできるだけ身から遠ざけたい。
一番いいのは洗濯カゴにいれることだが、
洗濯カゴは大抵寒いところにある。
わざわざコタツから出て、そんなところに行きたくない。

投げる、というのもできれば避けたい。
よくはわからないが、粉状のなにかが飛散するような気がする。
ラジコンのトラックにでも乗せて、遠くにもっていくのが一番なのだろうが、
まず、そんな用意はされていない。


そんな時、人はどうするか。
戻す。
隔離するといってもいいだろう。
きっと乾燥するだろうし、赤外線で殺菌もされるような気がする。
視覚や嗅覚のおよばないところに行けばいいという、
安易で怠惰な考えだ。
しかし、人はその方法を選ぶ。

その結果、春になるとたくさんのものが発掘されるのだ。






↑手だけは出してクリックしてね。




s-100208kotatusita.jpg
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
楽しいお話だけど、ちょっとニオイが気になる。
私は靴下履いたままよ。
だってコタツから出たり入ったり忙しいでしょ。
一番にスイッチ入れるところはまさに私と同じだわ。
私の場合は長いコタツなので一気に首まで全身すっぽり入るのが最高よ。
↓の白菜、父に聞いてみるわ。
2010/02/08(月) 23:44 | URL | マコト #frCxPgj6[ 編集]
こんにちは。

よ~~~く表現されてるなぁって感心しまくり(笑
私も熱くなって靴下脱ぐときあリますが
コタツの中で脱ぐみたい!
だから探すとき「あれ!方一方の靴下!靴下!」って感じ(笑

リンク!いただきました~(^^♪
早速に私のも貼っていただいて
ありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いいたします(^^)v
2010/02/09(火) 10:57 | URL | lavandre #sSHoJftA[ 編集]
どんぴしゃり
>入っている喜びもないが、出ていく勇気もないという、
>付き合いで入った文化部みたいなことになる

そうそう、ウマイ例えだわぁ。

コタツの中で脱ぐ靴下、それは手を使わずにもう片方の足の指で引っかけてエイヤっと脱ぐものなのです。
当然、自分で脱いでいながら脱ぐ場面は見ていないし、脱いだ靴下は足先で探っても容易に触れないところに紛れ込んだりするのですわ。
これは意識して隔離するというのではなく、なぜかそうなってしますということで(^^;ゞ
で、見えないと、その存在は即座に忘れ去られる運命にあるのですね。
コタツ布団をあげたときに発掘されるそのもの達。
「もう、脱いだら脱ぎっぱなしにしとかんと洗濯かごへ入れるくらいせんかな。もう!!、あれぇ?、この靴下…ハハ、忘れとったわ、m(_ _)m…犯人は私でしたf(^^;)」


目覚まし時計さんの反撃やいかに、侯ご期待?
2010/02/09(火) 21:53 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
マコトさん>
出たり入ったりは大変ですね~
私は暑がりだから、すぐ靴下脱いじゃう。
でも、コタツからは出られないのよね~
首まで入れるのはうらやましい。
もはや、立体型電気式寝袋みたいなものですね。
うちの畑にもそんな風にもぐったっきりのやつがいるみたいなんです。

lavandreさん>
ありがとうございます~
私もコタツの中で脱皮。
ウチは掘りごたつがあるので、
そこで脱ぐと奈落の底に落ちちゃうので気をつけてます。
リンクありがとうございます。
末長くお付き合いお願いしますね。

猫団子さん>
文化部の人に怒られないかドキドキしてました。
コタツの中では足の指ががんばりますよね。
あれで暖かくなかったら必ずつります。
残念なのは足に目がないこと。
足は捜索はしてくれません。
目覚まし時計、なんでもいいけどこたつ布団と色がかぶっているぞ。
2010/02/10(水) 00:11 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
父から回答が
父にこのブログのURLを教えて写真を見てもらいました。直接コメントしようとしたけど、できなかったようで、私が転記します。
1.先ず病名は  軟腐病
2.症状   軟腐病にかかると、細菌が導管部で繁殖して、養・水分の上昇が
  妨げられるので、地上部は萎れ、青枯れ状態になります。 植物の
  地際部や地下部は腐敗して軟らかく溶けたようになり、嫌な臭いがするように
  なります。
3.特徴  軟腐病は組織の柔らかい多汁質の植物に多く発生し、樹木には発生
  しません。高温時、土壌水分が多いと発生を助長します。窒素肥料の多用も
  発病を多くします。
  軟腐病は、必ずといってもよいほど植物につけられた傷口から侵入し、傷口が
  なければ進入することはできません。
4.治療  発生したら直ぐに抜き取り焼却してしまいます。現在のところ、軟腐病に
  的確に効く薬剤はありません。ストレプトマイシン、銅水和剤などの予防薬剤も、
  発生してからでは全く効果はありません。
5.予防  軟腐病は傷口からしか侵入出来ないわけだから、植物に傷をつけない
  ことが第一です。除草はしなければなりませんが、根を切ったりしないこと。
  薬剤で予防する場合は、5月頃から2~3週間おきに2~3回、前記ストマイ等を
  散布すつのは効果的です。
2010/02/10(水) 01:03 | URL | マコト #frCxPgj6[ 編集]
マコトさんのコメントに圧倒され…
なんと病気とは

野菜に抗生剤も使えるとは

農業は奥が深いですわ

へてから ウチの脳裏をよぎった、若いころ見た専門語は
『しりくされ病』いうもんでしたわ

果実類の病気らしいですー
2010/02/10(水) 13:57 | URL | かめ #-[ 編集]
マコトさん>
わざわざお父様にまで連絡取っていただいてありがとうございます。
なんと、病気だったとは。
幸いこの畝はもう片付いたので、
今度の休みに起こします。
それよりも、このお話を聞いて思い出したのが、
去年の夏のブロッコリー。
収穫前に根元からドロドロになっていったんですよ。
薬の使用も考えないといけないかなあ。
ひとつ賢くなりました。
お父様にもよろしくお伝えください。

かめさん>
やっぱり野菜も生き物ですね。
かわいがってやることにしましょう。
『しりくされ』病は聞いたことありますよ。
私の怖いのは『しり切れ病』ですが。
2010/02/11(木) 09:44 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
しり切れ病はホンマにツライて、いいますなあ(かめは未経験、リアル夫がめは大地主)
こみさんは指切れ病もお辛そやし
髪切れ病も…

ウチは万年 金切れ病してますねんけど
2010/02/12(金) 00:48 | URL | かめ #-[ 編集]
ぼーっとする この表情は珍しいこと
ウチも 『目覚まし君の逆襲』気になりますー
2010/02/12(金) 00:54 | URL | かめ #-[ 編集]
かめさん>
しりは今のところ大丈夫です。
あとは・・・しくしく

確かにあまり描かない表情だなあ。
しかし、楽。
目覚まし君は案外描きにくいのでめったに出てきません。
2010/02/12(金) 23:46 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
すーっとするとき もうひとつ、ありますわ
ガス爆発が発生し、コタツ布団をめくって、臭気を出さんなんときです

猫が間の悪い顔して、中から嫌々出ていきますー
2010/02/14(日) 11:39 | URL | かめ #-[ 編集]
かめさん>
まさか、スーっというガス爆発じゃないでしょうね。
猫もお気の毒な。
しかし、ガス問題だと、コタツ内を換気すると、
部屋の換気が必要になりますね。
暖かいところに閉じ込めておくのもイヤだけど。
2010/02/14(日) 15:45 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/1490-85d80dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック