fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

恐ろしい話

会社の営業の人が白内障の手術を受けることになった。
手術といっても切ったり貼ったりではないらしい。
何しろ金曜に手術して、土日を休んだら月曜から出勤できると言うのだ。
医学は進歩していたのだ。

しかしこの進歩の仕方が問題だ。
確かに、不治の病がいくつ治るようになっただろう。
入院の期間はどれだけ短縮されただろう。
それはすばらしいことだ。
ただ、治療を受ける側の精神的クッションはどれだけ進歩したのか?
「もっと他に方法があるだろう」そう思うことはないか?
営業の彼は今、心底おびえている。
今回の手術で目玉に注射を打たれるのだ。

目玉に注射?!
考えるだに恐ろしい。
他人のことでも目をそらせたくなる。
なのに本人は目をそらせることができないのだ。

目といえば、他者の侵入を拒むことで有名だ。
微粒子といってもいいような細かいものでも、うっかり目に入ったらとても痛い。
液体であるシャンプーでもあんなにしみるのだ。
なのに、目に針!
千本飲んだほうがマシだ。

そんな彼に対し、従業員一同は
「こわいこわい」
「絶対痛い」
「なにかのバチだろう」
「苦しむに違いない」
「なまんだぶ」
と、慰めているのだ。
スポンサーサイト



[ 2005/11/17 00:17 ] 健康 | TB(0) | CM(7)
恐ろしくないですよー
おとうちゃんは、30代で、白内障の手術を受けました。
2泊3日くらいだったかなぁ。
レンズを取り替えて、今では、サイボーグです。
よーく、瞳を見ると、マンガの主人公みたいに、
きらきらしてますよ。
一応、治らないかもしれないという、説明も受けますが、
一緒に受けた方は、皆さん見えるようになったようです。
手術もシステマティックで、
入院日、説明日、再診日など、予約、日程、
スケジューリングされてます。
病院も慣れたもんです。
当時も、日帰りのコースもあったようですが、
細菌感染などを考慮して、入院を推奨してました。
おとうちゃんの場合、仕事が忙しかったので、
バチというよりは、休養になったようです。
会社の方も、おだいじにー。
[ 2005/11/17 00:32 ] [ 編集 ]
>微粒子といってもいいような細かいものでも・・

同感です。
コンタクトレンズを入れてる人の感覚が信じられません。
bubeさんの父上のように手術でレンズを入れ替えたと言うなら
まだ解らぬでもないですが・・
生身の眼球に自分の手で大きな異物を入れるなんて・・無理。
なので未だに眼鏡人生。

きっと将来・・自分に可愛い孫が出来ても
目に入れても痛くない、なんて絶対に言えないだろうな。
[ 2005/11/17 01:12 ] [ 編集 ]
大丈夫
目に注射する前に点眼液で麻酔するから注射されても痛くないんだよ~
ただ、針が目の前に(笑)せまってくるから恐怖心だけは取り除けないわね。
白目にしててもだめだし。。
[ 2005/11/17 14:47 ] [ 編集 ]
私も実は、怖かった
たっちさんへ、
どうでもいいことなんですが、おとうちゃんは、だんななんです。hahaha
紛らわしくてすみません。gahaha
恐ろしくないですよーなんていいながらも、
実は、怖かったんです。
おとうちゃんは、なんともなさそうでしたが、
私は、目の前に物が近づいてきただけで、いやです。
すみません、こみさんの、 blog で、お邪魔しました。
[ 2005/11/17 15:10 ] [ 編集 ]
bubeさん>
30代にサイボーグ化とは!
目から光線は出ないんですか?
そのぐらいのサービスがあったら、手術に張り合いも出るってもんです。
会社の人は、昨日治らないかもしれない説明を受けたそうです。
事務所の女子たちも、目注射の話題で持ちきりです。

たっち♪>
ホントホント、目に何かを入れるなんて、こわくてできない~
私は幸い、メガネもいらないたちなので、あと60年は世間を見つめるつもりです。
受要はなさそうだけど・・・

mamuちゃん>
痛くないと言われても、この恐怖感は取り除けないでしょう。
何しろ眼球に近づく注射針なんて、ホラー映画特A席だもんね。
私ならご勘弁です。
とりあえず目をはずしてやってもらいたいです。

bubeさん>
お邪魔だなんてとんでもない。
どうか「おとうちゃん広場」としてお楽しみください。
案外、本人より周りのほうがびびってるのかもね。
うーこわい。
[ 2005/11/18 00:10 ] [ 編集 ]
遅レス
我が社では有機溶剤(シンナー)なる物を使用しております。
それで塗料を手で洗い流す訳ですが、
当然、要領が悪ければ目に廃塗料が入る。
…のたうち回ります。
[ 2005/11/19 00:18 ] [ 編集 ]
それはあんた、痛いとかのたうつとかの問題じゃないでしょう。

「廃塗料が目に入っとりょう」
何弁や。
[ 2005/11/20 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム