FC2ブログ

がっかり度

ここでは、がっかり度 に関する情報を紹介しています。
先日来、ドブ掃除にかこつけてやたら飲みに行った。
家計子さんが付き合ってくれないので、ささやかな飲み方だ。
ささやかに、静かに飲んでいるのだから妙なこだわりなんか無い。
でも、ときどきがっかりさせられることがあるのだ。

 サンマの塩焼きが半分に切ってあったとき。

たかがこれだけの寸法を焼く設備が無いのか、この店は!
私はサンマを食べるとき、頭をとって尻尾に向かって食べていく。
でも真ん中で切られていたら、切り口から食べるしかないじゃないか。
あ、ひょっとして、長い皿が無いのか?
だから   「さん
        んま」 と置くのか!
ともかく、切ると中身が出るんじゃい!

 食べかけの皿をさげられたとき。

なるほど、見た目は食べ終わっていただろう。
後々のことも考えれば、早く片付けておきたいだろう。
だがしかし、ワシはそのネギやみょうがやタマネギやシソやかつぶしの破片であと2合飲めるんじゃ!
むしろそれが好きなんじゃ!
私は「さげさせていただきます」
というヤツに
「下がれ!下郎!」
と、いつか言いたい・・・

 冷酒の受け皿に酒がこぼれていないとき。

冷で酒を頼むと、小皿や枡でコップを受けているときがある。
もちろん、表面張力で盛り上がった水面ってのが注ぎ手のワザだろう。
でも、今はそれを無視してだぶだぶこぼれているのが醍醐味だろう。
いまや受け皿は
「こぼれたときには受けてます」
ではなく
「こっちにおまけ入ってます」
が役目だろう。
どうかすると、枡で受けたコップに8分目までしか注がないやつがいる。
そんなヤツはたいがい
「腹八分にしろー!」
と言いたいような体型なのだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/114-aca77fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック