FC2ブログ

年に一度の・・・

ここでは、年に一度の・・・ に関する情報を紹介しています。
毎年この時期だ。
一年で最も陰陰滅滅沈沈欝欝とする季節。
それもこれも、あの忌まわしいドブ掃除のせいなのだ!

朝8時、区長が「1時には終われるようにがんばりましょう」と挨拶。
1時なんて刑務所でも昼飯食っとるわい!
それからシャワーを浴びて昼飯を食ったらもう2時。
もはや貴重な休日は棒に振ったも同然。
これなら休日出勤したほうがマシだ。

引っ越してきた年は、ないがしろ。
清掃区域に指定されてなかった。
「ここは新しいからまだしなくてもいい」だと!
自分ちがしてもらえないのに、なんでよその掃除するか!
そのときの遺恨で、いまだにウチの班はよその手伝いに行かない。
今でもドブのふた開け班は、ウチの区域を飛ばしていく。
一番上流なのに!

しんどかったのは田んぼの真ん中の排水溝。
膝上まで汚水につかって排水溝のヘリに泥を上げる。
車は入れないので、一輪車班が田んぼに入りその泥を土手の上に運ぶ。
上にいる人が一輪車を引っ張りあげて、トラクターのアームに泥を移し、トラクターが建築屋のダンプに運ぶ。
まるで北朝鮮の強制労働だ。

作業からあぶれた人や、消極的な人から公民館に戻る。
そして消防団の放水班が戻るのを待つ。
「平等のため」といって、からからに乾いたきれいなどぶまで放水しているのだ。
3台ある放水機が戻り、ホースを洗って専用ポールに干す。
さらに、去年は放水に使った防火用水のタンクに。水がたまるまで待たされた。
何もせず、ただひたすら待たされた1時間半。
やっとれんわ。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
すごい!!
ドブ掃除って・・・・ドブ掃除って・・・
こんなに重労働だったのですね・・・!Σ( ̄□ ̄;)

わが家の周りは老人ばっかりなので
「火の用心」の夜警さえも廃止になったくらい
体力のいる共同作業は皆無なもので、こみさんたちの苦労が
想像もできませんでした(^_^;)お疲れ様です
2005/09/10(土) 08:17 | URL | まぁむ(^_-)-☆ #FXbBe/Mw[ 編集]
と、言う事は来週も「どぶ掃除」ですかい?旦那ぁ。
2005/09/10(土) 18:44 | URL | おれおふりねら #-[ 編集]
まぁむさん>
毎年誰かがけんか腰です。
集合時間の風景はまるで百姓一揆のよう、
作業中は強制労働、
解散後、家に帰る村人の姿はゾンビのようです。

おれ~>
来週も、再来週もドブ掃除なのだ。
2005/09/11(日) 22:54 | URL | こみ #-[ 編集]
>百姓一揆
!Σ( ̄□ ̄;)

なんか凄まじいものを感じますね・・・・

こみさんとこって
そんなにドブがたくさん存在するの???

作業が終わったら日当代わりに飲み物とか出ませんの?
2005/09/13(火) 12:18 | URL | まぁむ(^_-)-☆ #FXbBe/Mw[ 編集]
作業の途中でジュースが出ます。
ドブが多いというよりも、消防団の放水が長いんです。
「平等」にするため、不必要なところまで放水している状態です。
古くからの農家と、新しい入居者の食い違いかな~。
まぁむさんに結果発表することだけを楽しみに出陣することにします。
2005/09/14(水) 22:31 | URL | こみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/107-4e62df9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック