fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

ラジオ体操の前に

今週は月曜にベストを着て徒歩出勤した。
これが暑くて結構汗をかき、会社に着いてから中のシャツを洗った。
3枚着て歩くのはもはや無理だと反省した。

火曜は小雨がぱらついたり、荷物があったりで車出勤。
水曜からはまた徒歩出勤にした。
気温はむしろ月曜より高いぐらいに感じられる。
ベストは廃止だ。

ただ、月曜の経験で中にシャツは着た方がいいと思った。
汗を吸わせて会社で洗濯というパターンは具合がいい。
ただしその上に着るトレーナーは薄いものにした。
長袖Tシャツと言っていいだろう。
というか、トレーナーと長袖Tシャツの違いって何なんだ。


ともかく、水曜はノースリーブの上に長袖Tシャツで徒歩出勤。
家を出たときはちょっと肌寒く感じたが、すぐに体は温まった。
会社に着いたら脱いで、体を拭いてTシャツを着る。
ノースリーブは水洗いして干しておく。
天気がいいからお昼までには乾いている。

木曜はちょっと気温が下がったようだ。
風が強かったせいかもしれない。
昼休みに本を読んでウトウトしてたらちょっと寒い感じがした。
なので、昼休み明けに乾いていたノースリーブを中に着た。
それでちょうどいいぐらいの感じだ。

金曜は鼻声になっていた。
木曜のお昼が良くなかったのかもしれない。
でも、徒歩出勤だ。
汗をかいたら鼻声も治るはずだ。

汗はかいたが鼻声は治らなかった。
でも、ノースリーブは汗だくだから洗って干した。
それを昼休み前に着たので、うとうとしても寒くなかった。
帰りはヤクルトを背負って帰ったから、よけい汗をかいた。


さて、それにしても今より気温が高くなったらどうしよう。
汗被害がノースリーブだけで済まなくなるに違いない。
シャツ一枚で徒歩通勤し、着替えを持って行くしかないか。
しかし、汗問題は上半身だけでは納まらない。
現に今も、腰のところに吸水性の高い紙を挟んだりしている。

いっそ車出勤して、帰りに畑で1時間ほど汗をかくのはどうだろう。
日も長くなってきたことだし、仕事の後なら衣類がどうなってもいい。
ただ、それはしなくなるような気がする。
徒歩出勤が続くのは、一歩家を出てしまったら、もう歩くしかないからだ。

確か毎年同じ事で悩んでいるはずなのだが、去年はどうしていたのだったっけ。






↑ちょっと体重減ったしクリックしてね。




裸
スポンサーサイト



[ 2024/04/20 07:11 ] ワシのこと | TB(0) | CM(2)

わかっているに決まってる

「靴をそろえて脱げ」とか「明かりはこまめに消せ」など、
ちづるに怒られることはいくつもあるのだが、
一番厳しく言われるのが「冷蔵庫はすぐに閉めろ」だ。
当然私もそうするべきだと思っているので、
買ってきたものをしまっていて「ピピッ」と鳴られると不愉快だ。

それはもちろん中の冷気を逃がさないようにという理由だ。
と考えたとき、連続で2回3回開けることになるのであれば、
多少時間がかかっても1回で済ませた方がいいとも思う。
車の中が高温になっていたらドアを開け閉めして中の空気を出す。
あれと同じ理屈だ。

例えば、開封済みのパックからコップに牛乳を注ぐとしよう。
戸を開けて牛乳とコップを取り出して一度閉め、
牛乳を注いでからまた戸を開けてしまうのであれば、
戸を開けてそこで牛乳を注いで戸を閉めた方がいいと思うのだ。
数秒であれば、ばっさばっさと開け閉めするよりいいではないか。

となると、問題は開けている時間だ。
二度開けるなら一度で済ませた方がいい秒数があるはずだ。
誰かが実験をして、データを公開して欲しい。
それまでは、自分の勘に頼るしかないのだ。


で、朝の出勤前だ。
会社に持って行くのに冷蔵庫から取り出すのは、
血圧に効くヤクルト『プレティア』と豆乳と魚肉ソーセージだ。
豆乳と魚肉ソーセージを取る時間はほぼゼロと考えていい。
問題は、プレティオが7本パックのままでいる時だ。

パリッとセロハンを破って一本取りだすだけ、
と思うのだが、それがそうはいかない。
底の張り合わせ部をはがそうと思うのだが、指が引っかからない。
しばらくチャレンジしてうまくいかないので手に取って見る。
しかし冷蔵庫の照明では私の老眼が見分けてくれない。

本当は端っこから取りたいのだが、端はセロハンが張っている。
ゆるい二つ目三つ目を摂ることにしてセロハンを破ることに成功。
しかしセロハンの角が引っかかって一個だけが取れない。
キィッとなって引っ張ると、いきなり分解して数個が下に落ちる。
それを拾おうとしゃがんだら、冷蔵庫が、「ピピッ」

そしてちづるに気付かれて𠮟られることになる。
この時の「ピピッ」は私に対する「長いですよ」という注意ではない。
ちづるに「奥さん、こいつまた長く開けてますぜ」とチクっているのだ。
やはりこの音は不愉快だ。





↑漬物が見つからないときもあるクリックしてね。





冷蔵庫
[ 2024/04/19 07:01 ] 世間話 | TB(0) | CM(2)

ワシの中の経理部

おこづかい帳をつけ始めてから3週間がたった。
なんで一か月経ってから報告しないのか。
すでに残が厳しくなってきたからだ。
惨状を目の当たりにするのは辛いが、やってみたら得るものがあった。

このようなものをつける前からはっきりわかっていた支出がいくつかある。
まずは毎週金曜に会社に来るヤクルトとパンだ。
ヤクルトさんで買うのは、プレティアとミルミルと豆乳で1814円。
ちづるがミルミルをあまり飲まなくて買わないと、1118円だ。
パンはだいたい8~900円ぐらい使っている。
今月は一回お休みがあったから助かった。

で、おこづかいをもらってすぐの支出を忘れていてダメージを受けた。
みそか寄席代、2200円だ。
一旦家計で立て替え払いをしてもらっているからうっかりしていた。
なにしろ私にとって2200円といえば、1ノミニイク以上だ。

実は今月は、1ノミニイクが高騰している。
いつもの居酒屋3回で1万円ぐらい使ってしまった。
一回は焼酎のボトルをおろした日、もう一回がこの火曜だ。
昨日のネタに書いたが、Kちゃんの分をおごってしまった。
と言っても、あっちの常連、こっちの常連が飲み物をおごるから、
残りを私が払っただけだ。

それよりも痛いのが、Мえの誕生日プレゼントだ。
紹介したレロレロなカードゲームが1800円ほど。
それを入れるのにふさわしいゆかいな布袋が800円ぐらいだった。
「これはウケる」と思ったらつい買っちゃうのだ。

Мえの誕生日よりも、もっと切実な支出が畑関連だ。
なんといっても夏野菜前の農繁期。
種に堆肥に草刈り機の混合で、4千円ちかくかかってしまった。
これはまだまだ来月も、肥料に苗に支柱にとお金がかかる。

で、現在の残が5千円ほどになってしまった。
金曜日はあと2回来る。
ミルミルを買わなかったとしておよそ4000円。
それとは別に、毎月最終火曜日に来るパンがあるのだ。
前回はおこづかいをもらう二日前だったからここに入っていない。

これでほぼピッタリ使い切りだ。
しかし今回、本を『Tarzan』1冊しか買っていない。
そして、4月いっぱいの本屋さんのポイント5倍券がある。
先月も3月いっぱい券でまとめ買いしたから今月の支出がないのだ。

それよりなにより、あと今月に飲みに行かずに済むのか。
忘れている定額支出はほかにないのか。
あー、破り捨てたい。






↑収入の見込みがないのでクリックしてね。




赤字
[ 2024/04/18 07:02 ] 納得できん | TB(0) | CM(3)

リルロロリラララ

なんだかちょっと天気が不安定な予報だったのと、
会社に置いてある暖房やひざ掛けを家に持ち帰りたかったので、
仮眠をたっぷりとって車で出勤した。
おかげで朝一から汗をかかなくて済んだし、
昼休みは車で読書できて幸せだった。

夕方にはいったん帰宅。
Мえの誕生日プレゼントを持っていつもの居酒屋に行く。
カウンターには常連が一人だけ。
人のいないうちにモノを渡しておく。

ちらほらお客さんが来始めたころ、Kちゃんが登場。
Kちゃんもこの店のバイトなのだが、
シフトの都合でめったにМえとは会えない。
で、会社帰りにМえに入籍のお祝いをしにきたのだそうだ。

彼女は車だったのだが、常連が代行運転で帰ることを勧めて、
いっしょに一杯飲むことになった。
Мえも店が空いているうちに食事を摂ることになり、
カウンターにバイト二人が並んで座るという珍しい事態になった。

やがてお客さんが何組か来て、帰って行った。
常連もいなくなり、店には女将さんとオーナー、
Мえ、Kちゃん、私というメンバーが残った。
ここでМえが、私のあげたプレゼントを開封した。

私があげたのは『レロレロ酒場』というカードゲームだ。
ラ行のみで書かれたメニューを読み上げて、それが何かを当てるらしい。
らしい、というのは、買った私もあまり把握していなかったのだ。

例) 『ラリラリララロ』は『だし巻き玉子』

という遊びが始まった。
Мえが読み上げてあとのみんなが考える。

『レララレ』はカンタン『えだまめ』だ。
『リラロロリルレ』は間の『ロ』が『の』だとわかるが、
なかなか『イカの沖漬け』だとはわからない。
さて『ラルロリッロンルレ』はなんでしょう。

で、結局カードを全部読んでしまった。
お客さんがいないので早めに閉店。
Kちゃんは車を置いてМえに送ってもらうことになり、
私も便乗させてもらった。

さて、今日は昨日のお礼やらなんやらでLINEが飛び交うであろう。
全部ラ行で。






↑案外盛り上がってよかったクリックしてね。




ラ行
[ 2024/04/17 06:58 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(6)

コロモに問題あり

さて、月曜日だ。
出勤するのにちょっと迷いがある。
この土日の気温を考えたら、先週と同じいでたちで良いものか。
昼間は暑くなるかもしれないが、出勤時間はまだ少し涼しい。

まず、中のシャツはノースリーブにした。
その上にトレーナー。
仕事中はこの格好でもいいだろう。
しかし、徒歩出勤にはポケットが欲しい。
とりあえず、上着は二択だ。

先週と同じ作業服は長袖だが、背中にメッシュ部があって風を通す。
もう一つ、ポケットの多いベストは風を通さないが、袖がない。
よし、変化を持たせてベストにしよう。
あと、帽子は速乾性の布帽子だ。


やはり体が暖まるのが早い。
風通しが良くなる田んぼ地域に行く前、住宅地域で暑くなってきた。
田んぼの直線でいつもすれ違うおじいさんも上着を脱いでいた。
ああ、ベストを脱いでリュックに入れたいが、ちょっとかさばる。

会社に着いたときにはかなりの汗をかいていた。
リュックをおろし、ベストを脱ぎ、トレーナーを脱いで体を拭く。
もっと薄いトレーナーにすればよかった。
中のノースリーブは洗ってしまおう。

とりあえず水道で水洗いをして干しておいた。
こいつが汗を吸ってくれたおかげで、トレーナーに被害は少ない。
脇の下にちょっと印が付いたぐらいだ。
これ一枚で仕事をしてても風邪をひくようなことはないだろう。


10時にバナナを食べた。
いつもならコーヒーを淹れて、ハイカカオチョコを一枚食べる。
でもまだ暑くてコーヒーを飲む気になれない。
とりあえずマグカップに作って冷ましておこう。

お昼に半分残っていたコーヒーを飲み干し、オートミールを作る。
午前中にストーブや延長コードを片付けたから暖房は無しだ。
もう寒くはないのだが、うとうとしたら涼しくなった気がした。
干してあったノースリーブは乾いている。
こいつを着ようか、リュックに入れてしまうか。

また帰りに汗をかくだろうから、中に着た。
もう落ち着いているので、袖をまくれば暑くはない。
でもやはり、徒歩で家に着いた頃にはまたホットな状態だ。
ジャージをかたづけて、短パンを出して穿いた。
ううむ、第二次衣替えの季節らしい。

薄くて涼しくてポケットのあるベストが欲しい。






↑車出勤ならちょうどいいのではないかクリックしてね。




夏的
[ 2024/04/16 07:00 ] 世間話 | TB(0) | CM(2)

午前も午後も

日曜日だが、普段通りに起きる。
7時に朝食、ちづるは8時から公園の草取り当番だ。
私が仮眠していると、9時20分ごろにちづるが帰ってきた。
「あと15分したら起こして」とお願いする。
私は畑の草取りだ。

9時35分に起こされて、歯を磨きひげを剃りトイレに行き着替えたら、
予定より遅い時間になってしまった。
車は隣の畑の脇に停めさせてもらう。
いつもの駐車スペースの草を刈りたいからだ。

道具はクワと、ホーという先端が三角の道具だ。
これで地表を削って草を取る、予定だった。
しかし、これらでは全然草に歯が立たない。
昨日来たときこんなに草生えてたっけ?

というわけで急遽予定変更。
いったん家に草刈り機を取りに戻り、ホームセンターで燃料を買う。
おかげでますます時間は遅くなった。
車は近くの家の影に停めさせてもらう。
混合ガソリンを日の当たるところに置いておけない気温なのだ。

最初に車を停めたお隣の畑の脇から草を刈り始める。
この畑は叔母さんの畑なのだ。
叔父さんが亡くなってから耕作していないので、
いとこがときどきトラクターで耕しに来ている。
周りの草ぐらいは私がやらねば申し訳ない。

あと、ジャガイモの畝や畑周りの草をホーで削り、昼前に終了。
帰宅後、コメダ珈琲で昼食。
家に戻って今度は庭の草取りだ。
去年砂利の下に防草シートを二重に敷いたのに、
スギナはそこに無理やり生えてきている。

ちづるは花壇の草を取りなんかの種を蒔いていた。
先週、気温が足りないと思って蒔かなかったゴーヤと大シシトウも、
この温度ならいいと思ってポットに蒔いた。
これで3時になり、家に入ってアイスクリームを食べた。
夏みたいだ。

ちづるは仮眠、私は部屋で本を読む。
本を読み終わると同時に5時のサイレンが聞こえてきた。
この日はちづるといつものでない居酒屋に飲みに行く。

んで、まあ、最終的に寝落ちするのであった。






↑天気が良くてよかったクリックしてね。




暑かった
[ 2024/04/15 06:54 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)

午前と午後と

9時過ぎに仮眠から目覚め、歯を磨きひげを剃り、そのように着替えて、
畑に行く。

天気は文句なし、気温はブリブリ上昇。
顔にUⅤカットの液体を塗って、長袖で出発。
いやいや、じわじわ暑い日になりそうだ。

この日の予定はカンタン。
ずっと冬、ダイコンの後を天地返ししたところに、
前日に買っておいた牛糞堆肥を撒いて耕すのみ。
うおおおお~

天地返しはしてあるものの、土のダマは残っている。
それらを砕きながら、草を取りながら進んでいく。
おっと、とはいえ、端っこから順に進んでいくわけではない。
クワを使って土をほぐすときは手前に引き寄せる。
だから、土地の真ん中から、どんどん外側に向かって耕していく。

えらいもので、体が慣れてきているらしい。
右と左を交互に使うことで休む時間を失くして作業を続ける。
この後、肥料混ぜ込みの時と畝立ての時に耕すから完全でなくていい。
自分のええ調子で耕して、11時半ごろ終了した。

働き

帰宅して慌てて体を拭いて着替えて出発。
この日のお昼は、墓参りの時だけ行く中華料理店の予定。
ちづるが、鉄板焼きそばを気に入ってしまったのだ。
私が頼んだのは唐揚げ定食。
なんと、メニューの写真では4個の唐揚げが8個も乗っている。

ちづるに一個おすそ分けしたが、それでもまだ大量。
しかも、ごはんは少なく、ラーメンがある。
がんばって全部食べたけど、あとで胸が焼けて大変、
となるかと思ったけど、気持ちよくお腹いっぱい。
酢の気の出汁がかかっていたからかもしれない。


その後、県庁所在地の巨大なショッピングセンターに行き、
Мえの誕生日のプレゼントを探す。
週明け、月曜が誕生日で、火曜が居酒屋のバイトだからそこが狙い。
そして、彼女はこの誕生日に入籍するのだ。
ふざけたプレゼントをしたいではないか。

ショッピングセンターを2軒ハシゴしてプレゼントが決定した。
スーパーで食品を買って帰宅したら5時半近く。
そのまま仮眠したら、目覚めたのは7時半だった。

疲れていたのだなあ。






↑今日の午前は草取りクリックしてね。




立ち寝
[ 2024/04/14 06:41 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(3)

出ていきがちなの

金曜日、天気は良いが車で出勤することにした。
会社帰りに、明日畑に撒く堆肥を買いに行こうと思ったのだ。
ちょうどヤクルトさんとパン屋さんが来る日だから都合がいい。
いろいろ背負って歩くのは重いだけではなく、
そろそろ生ものが心配な気温になってきている。

いつも通り10時頃にヤクルトさんがやってきた。
過去二回、残りがあったのでミルミルを遠慮したのだが、
今回はミルミル、プレティア、豆乳のフルセットだ。
が、今回はいつものヤクルトさんだけでなくもう一人いる。
新人研修か?

と思いきや、なかなかのベテランらしい。
むしろいつものヤクルトさんが指示を受けている感じだ。
だから普段の買い物以外に、あれやこれや進められてしまった。
ちづるが払うなら買ってやる、と言いたかったが我慢した。


昼休みになったのにパン屋さんが来ない。
ED子さんに「パン屋さん来ないねえ」と話しかけたら、
「今日はご不幸があって来られないそうです」と教えてくれた。
わざわざ電話をくれたらしい。

というわけで、私のお昼は魚肉ソーセージとオートミールになった。
その後本を読みながら大豆を食べるから空腹感はあまりない。
すると2時ごろ、そのパン屋さんの別の人がいつもの車で来てくれた。
のだが、私はすでにちづるに「パン屋来ず」と連絡してしまった後だ。
他のみんなが買っているから、私はスルーさせてもらおう。


仕事の後、ATMでお金をおろしてホームセンターに行った。
まだ肥料を撒くには早いので、一番安い牛糞堆肥だけ4袋買った。
これで明日の朝は直で畑に行ける。
安心して帰宅した。

まず、やっておかなければならないことがある。
先日始めたことをここにも書いたが、お小遣い帳を記入しなければならない。
健康ノートと違って書く時間が決まってないので、
忘れないうちにすぐ書かないと忘れてしまう。

ええと、ホームセンターでは1315円のレシートをもらった。
ヤクルトさんは…確か…18〇4円だった。
4円はハンパをちょうど出したのだし、なじみのある数字だから間違いない。
のだが、〇のところ、十円単位が思い出せない。
3週間前にミルミルを買ったときには、まだ小遣い帳は始めてなかった。

残金から足し引きすればわかるはずではないか。
と思う人もいるかもしれないが、そうはいかない。
お小遣いが赤字になっていないかどうかを調べるつもりで始めたので、
サイフに残金があるうちに小遣い3万円から引き算を始めたのだ。
残金がいくらだったか、なんて覚えているはずがない。

だったら〇十円ぐらいいいかー
こないだの居酒屋の支払いもあやしいし。





↑パンとヤクルトが重荷クリックしてね。





大事なもの
[ 2024/04/13 07:01 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

体内時計は目に見えない

朝起きるためのアラームは目覚まし時計とスマホの二つを使う。
最初に目覚ましが5時35分に鳴り、5分おきのスヌーズだ。
スマホは5時45分、別の音で体をびっくりさせようという技だ。
この方法だと「あと5分」寝ることができる。
実際に起きるのはその日の調子次第だ。

例えば、今朝は5時55分に起きた、というか55分まで寝ていた。
昨日酔っぱらってリビングで寝てしまい、シャワーをして寝たのが1時半。
しかも飲んだのが日本酒だったから起きにくかった。
布団から出て、トイレに行って、血圧を測るのが6時、という段取りだ。
その後、朝食や準備をして、7時半ごろ出勤前の仮眠に入る。


車で出勤する日の仮眠も起きるのがわかりやすい。
8時前にちづるのアラームが鳴って、テレビをNHKに変える。
その後朝ドラが始まって、オープニング曲が終わったら起きる。
つまり、ずっと音で起きる時間を確認しながら仮眠しているのだ。

それが、徒歩出勤の時は辛い。
起きるのは7時45分。
一応、情報番組を流しているが、日によって企画が違うので目安にならない。
なのでちょっと緊張しながら仮眠している。

仮眠にもレム睡眠・ノンレム睡眠みたいな違いがある。
仮眠に入ってすぐは、ちょっと深くというか、案外寝る。
まだ時間的余裕があるから気が緩んでいるのだろう。
ここから少し覚醒したとき、時間の感覚を失っている。
そして心配になる。

「もうそろそろ時間なのではないだろうか」

まだ時間があるのなら、そのつもりで安心して寝たい。
でも、もしまもなく起きなければならないなら、気構えをしておきたい。
なので少し目を開けて、テレビの片隅に出ている時間を見ようかと思う。

しかし、これで残りがわずかだったら、
「あー、それなら時間まで寝続けておけばよかった」と後悔する。
だって、わずかな仮眠時間を細切れにしてしまうことになったのだ。

かといって、そのまま目を閉じ続けていると不安で安眠できない。
だから理想は、そろそろ起きる時間かと思ってちょっと見てみたら、
なんとまだまだ寝ていられる時間だったわい、
なのだが、そんなことはありえない。
ああもう、一体どうしたらいいのだ。

そんなわけで、車で出勤できる雨の日が好きになってきている。






↑なので休日はすごく仮眠するのよクリックしてね。




寝てたい
[ 2024/04/12 06:57 ] 寝る | TB(0) | CM(2)

クイーンカンゲキ!

ウチの店の入り口左右にはいくつかのワゴンが置いてある。
レジ袋やガムテープ、市指定のゴミ袋などが陳列してあり、
そのうちのひとつが百円均一残り紙のワゴンだ。
サイズも色も厚さも形もまちまちな残り物をセロファンで包んである。
その中のメイン商品が〝メモ”だ。

このメモにはちょっとした一言が書いて貼ってある。
最初は「この包みの紙は糊付けされてますよ」的なことを書いていた。
それを毎回いろんな書き方をしているうちに脱線していき、
今やまったく意味のないことを書くようになっていた。

ところが、ここしばらく忙しくてこれを書けずにいた。
仕事が忙しいということは残り紙はたくさんできる。
そうなるとメモもたくさんつくることになる。
でも、忙しいからそんなものを書いてはいられない。
なにしろ、優先順位が最低の仕事だ、というか仕事なのか。

で、一言のないメモをしばらく百円ワゴンに並べていた。
するとありがたいことに、
「最近一言シールが無い」
「アレが楽しみだ」
「一言求む」
というお客さんがちらほら出てきたという。

事務所の女子から何度かそんなことを言われ、
先日時間ができたので、メモを作って一言を書いてみた。
14個できた。


さて、昨日のこと、そのうちのひとつを持ったおじいさんがレジに来て、
「これはどういう意味?」とスタッフに訊ねたそうだ。
そこに書いてあったのは、

『Yの悲劇』と『西城秀樹』は似ている

というものだ。
応対したのはED子さんだったのだが、彼女もわからなかったらしい。
そのおじいさんは「ふうむ」と考えた後、
「よし、これに敬意を表してもらっていこう」
と言ってそれを買って行ったそうだ。
買うんかい。

で、みなさんに伺いたい。
『Yの悲劇』と『西城秀樹』は、似てますよねー





↑説明するのは恥ずかしいからクリックしてね。





書きやすいから
[ 2024/04/11 06:57 ] 言葉遊び | TB(0) | CM(2)

3本の電話

隣の建物が無くなったら、こんなに風当たりが強くなったか、
と思っていたら、ともかく風の強い日だったようだ。
朝が雨だったので車で出勤、帰宅してちょっと悩む。
飲みに行こうかと思っていたのだが、この風、この寒さ。
しかしちづるにこう言われた。

「飲みに行くと言っていたからあーたのおかずないよ」

とぼとぼといつもの居酒屋に行ったが、やっぱりお客は少ない。
カウンターには常連が二人いたが、一人はすぐに帰ってしまった。
こういう日は、女将さんやバイトの女の子とじっくりお話ができる。


ある日、バイトのМえはとある書類を書いていた。
すると、自分ではわからないことが出てきたので妹に電話した。
彼女は困ると妹に訊くのだ。

「なあ、ウチにあるシャーペン、HB?」

妹はこう答えた。

「そんなん私が知っとるわけないやないか!」

そこでМえはそのシャーペンで試し書きしてみて、
もう一度妹に電話を掛けて訊いてみた。

「これこれこういう黒さなんやけど、これHB?」

妹はこう答えた。

「そんな説明でわかるわけないやないか!」

困ったМえはもう一度書類を読んでみた。
そしたら新たな事実が判明した。
Мえは妹に電話を掛けた。

「よく読んだら『訂正の時はHBで』って書いてあるから大丈夫やわ」

妹はこう答えた。

「よく読んでから訊け!」


この話を聞いて私は「訂正の時はHBで」というのも怪しいと思っている。





↑帰りはもっと寒かったクリックしてね。





余分
[ 2024/04/10 06:48 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(4)

ナ行で判明

朝、何度目かのアラームで起床。
普段よりちょっとダラダラした感じ。
ともかく寝床から出て、階下に降りて、トイレに行って、うがいをして、
体温と血圧を測って、ブログの更新にとりかかる。

む、音だ、もっと音だ、もっともっと音だ。
目覚ましのアラームを止め忘れていた。
あわてて二階の寝室にもどり、アラームを止める。
ちづるはいかにも穏やかに寝ている風を装っているが、
実は体内で怒りのマグマが煮えたぎっているのかもしれない。

それには関わらず、役割は果たした、という感じでとっとと降りてきた。
あわてて寝室まで走っただけエライ夫ではないか。
その後、私は黙ってどうでもいい文章と絵を制作する。
完成したことにしてパソコンを閉じ、スマホの電話でちづるを起こす。
その時に気付いた……ちょっと鼻声ではないか。

ちづるが起きてきて朝食だ。
体温が高いことはなかったけど、鼻声であることを鼻声で伝えた。
外はすでに雨。
車出勤だから長く仮眠ができる。
出勤までのこの仮眠で鼻声を直すつもりで毛布にくるまる。

朝ドラのオープニング曲が終わって仮眠終了。
やっぱり鼻声なので薬を飲むことにした。
私は風邪薬を飲もうかと思ったが、ちづるに花粉症の薬を勧められた。
そちらの方が安いからだと思う。

会社では小柄子ちゃんに鼻声のことを感づかれた。
しかし彼女も花粉症だと思っているようだ。
私もそうだと高をくくっていたのだが、のどがガサガサになってきた。
とはいえ、私と言えば元々ガサガサのがれき声なので気付かれない。
のど飴を含みながら仕事をしていた。

夕方になって、声がガサガサであることに小柄子ちゃんが気付いた。
とはいえ「ガサガサやな」と言われただけなのだ。
こんなことは三日に一回はあることだ。
でも、ちょっとだけ、風邪かもしれない、と考えた。

車出勤だったので、帰り道で歌を歌ってみた。
ううむ、ガサガサだが、選曲によっては味がある。
とはいえ、明日までには治したい。
夕食でなんとかしよう。

ちづるが、焼いた鶏肉とギョーザを用意していたが
勝手にショウガとネギの入ったとろろを作った。
そしてお酒は梅干し入りの焼酎お湯割りだ。
もし、風邪だったとしたらこれで治るはずだ。

長めにお風呂に入り、風邪薬を炭酸水で飲み、
のどシュッシュをしてヴィックス・ヴェポラッブを鼻の下に塗って、
マスクをして寝た。
今朝は鼻声ではない。






↑チューブじゃないショウガを使ったよクリックしてね。




鼻声
[ 2024/04/09 06:54 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

例年よりもちょっと早く

母の入所している施設に面会に行ってきた。
前回の予約は、前日に施設でコロナが出て中止になってしまった。
一旦そうなると、2週間ぐらいは様子を見なければならないらしい。
そんなわけでずいぶん久しぶりの顔見せだ。

ひょっとして忘れられてしまったのではないかと心配したが、
「覚えとるよ~」と言ってくれた。
私が誰で何という名前か理解しているかどうかはあやしいが、
私の顔と名前に覚えがあることは間違いなさそうだ。

帰りに実家に寄り、少し庭の草の始末をした。
頭をごちごちぶつけるので、テラスの物干しざおも片付けた。
去年刈った草は袋に入れて畑に持って行くことにした。
畑では、2月に植えたジャガイモがやっと芽を出し始めていた。
なにしろ車の窓を閉めていると暑いぐらいだ。


畑に行く前にダイソーに寄った。
野菜の種を買うためだ。
ホームセンターで種を買うとたっぷり余ってしまう。
ダイソーの種は量が少なく、2袋で100円だから都合がいい。
ピーマンと長ナスを買った。

次にホームセンターに行く。
ダイソーで手に入らなかった種を買うのだ。
大シシトウ、オクラ、キュウリ、ゴーヤを買った。
オクラ、キュウリ、ゴーヤはダイソーにもあったが、
これらはもうちょっと量が欲しかったのでこちらにした。


帰宅してアイスクリームを食べながら種を確認。
オクラは直播きだし、大シシトウやゴーヤはもっと暖かくなってから。
去年の残り種も結構あったので一緒に蒔いてしまおう。

蒔くのは6×6の連結トレイ。
第1のトレイにはダイソーのピーマンと長ナスを蒔く。
わからなくなると困るので『百均ピーマン』『百均長ナス』と札に書く。
第2トレイは『残やわらかピーマン』と『残中長ナス』だ。
並べるとちょっと心配だ。

第3トレイは残り種で『大葉』『バジル』『青じそ』
第4トレイは全部去年の『チマサンチュ』だ。
シソ類は花壇か鉢に植えて利用したい。
サンチュはあったから考えずに蒔いた。

さて、蒔いちゃったということは始まっちゃったということだ。
こいつらが植え時を迎えるまでに、畑をちゃんとしとかねばならない。
いつもならゴールデンウィークに蒔いていたのだが、
今年はゴールデンウィークに植え付けしたいと思っている。
これからは土日に雨が降りませんように。






↑実は苗を買うつもりでいますクリックしてね。




種蒔き
[ 2024/04/08 06:53 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(3)

煮物は煮て食え

朝起きて、窓から外を見たら地面がしっとり。
さっきまで雨が降っていた感じだ。
これでは畑作業はできないとあきらめた。
で、朝食後に横になったら11時まで仮眠してしまった。

お昼は2週間ほどお休みしていた中華料理店へ。
スーパーで食品を買って帰宅。
自分の部屋で読みかけの本を読み終わり、そのまま仮眠。
気がついたら3時半だった。

ぜんぜん目標歩数に足りないので、ちづるを誘って散歩に行った。
近くの堤防の桜が満開だ。
堤防と河原の公園をぐるっと回って帰ったら5時前。
夕食後、酔っぱらって寝てしまい、目覚めたら深夜3時だった。


こんな一日で何を書くことがあろうか。
もしかけることがあったとしたら、これぐらいか。

先日、冷蔵庫で眠っていた切り干し大根を煮たと書いた。
本当はゴボウと煮ようと思ってたのに、ダイコンが多すぎたという話だ。
あの切り干し大根は、保存容器二つ分になっていた。
毎日食べてはいたが、そんなに大量に消費するものでもない。
やっと保存容器のひとつの底が見えてきたぐらいだった。

しかしこのペースでは痛んでしまうような気がする。
一度火を通したい。
そうだ、ゴボウを追加して煮直そう。
と思ったのが、花見散歩から帰って夕食までの間だ。

まず、残っていたゴボウを太さぐらいの長さに切った。
理想は爪楊枝で食べられるおつまみだ。
食後にまだ飲みたいとき、ポテトチップなんかに頼っては不健康だ。
だから油も塩分も少ない健康おつまみが欲しかったのだ。

だから一旦味付けをしてあるダイコンにしょうゆを足すわけにはいかない。
下ゆでしたゴボウと、ダイコンを鍋に入れ、かぶるぐらいの水を足す。
つまり、ダイコンに浸み込んでいる味をゴボウに移そうという算段だ。
ちなみに、自作の切り干し大根はかりんとうぐらいのサイズだったので、
ゴボウと同じぐらいの大きさに切った。

沸騰する前にふと思いつき、乾燥昆布を入れた。
沸騰してから刻んだアゲを追加した。
あとは水分が無くなるまで煮るだけだ。
新しい本を読み始め、区切りに来るたびに鍋の様子を見る。

1章を読み終えたころ、水分がほぼなくなったので火を止めた。
ちょうどいい時間だったのでそのまま夕食にすることにした。
まずはこれの味見だ。
うん、薄くて健康的だ。
ちづるからも「食べられる」というお墨付きをいただいた。

ただ、飽きていた味のものの量が増えたという感じは否めない。






↑買ってきたこってり肝煮も食べたけどクリックしてね。




煮物
[ 2024/04/07 07:14 ] | TB(0) | CM(2)

のーと言えなかったワシ

どうして私の残り僅かな銀行残高は減っていくのか。
それはカンタン、もらうお小遣いより使っているからだ。
しかし私は思い当たる節がない。
ヤクルト、パン、本、あとはたまに飲みに行くだけなのに。
これはちょっと確かめてみなくてはならない。

よし、お小遣い帳をつけてみよう、と一念発起して百均に行ってみた。
しかし現金を使わなくなっているからか、とても品数が少ない。
あっても謎の項目だらけの複雑怪奇なものばかりだ。
ひょっとしたら、今はお小遣い帳をつけるとしてもアプリなのかもしれない。

そもそも、残が減るのを確かめる為に散財をしていては本末転倒だ。
そういえば、昔の健康ノートは予定帳タイプを使っていた。
後ろの方の無地のところが余っているからそれを使おう。
お小遣い帳も動向を調べるだけで長く続けるつもりはないのだ。


てなことでザワザワしていたら、健康ノートの残りが少なくなっていた。
そういえば、去年も年間4冊使ったのだから3月で終わるはずだ。
新しいのを買わなくては。
でも、大丈夫、私が使っているキャンパスのA6タイプはわが店にある。

と思って仕事を終えるころに見に行ったら、いつものブルーのがない。
先日、メーカーの人まで来て大模様替えをしたのだが、
その時に淘汰されてしまったのかもしれない。
残っているピンクのは罫線の幅が広くて、1ページ3行も少ないのだ。

休みの日にホームセンターに行ってみた。
ブルーのもあるのだが、ウチの店より1割ほど高い。
しかもうちの店なら社員割引きが効くのだ。
次に行った書店の文具コーナーも見てみた。
さらに1割以上高い。

となるとやはり百均に行ってみなくてはならない。
キャンパスの一つ大きいサイズはあるが、A6だけない。
あ、別メーカーだが、A6で2冊百円のがある。
行はピンクと同じで3行少ないけれど、実はそれは全然問題ないのだ。
気持ち的にいつものブルーにしたかっただけなのだ。

私はその2冊セットを購入した。
一番の決め手は、その百均がスーパーの一角で、
食品といっしょに家計子さんに支払ってもらえたからだ。
4月からそのノートを、健康ノートとして使い始めた。
3行少ないが、むしろ1行が広くて書きやすい。

数日後、ちづるがそのノートを見て言った。

「これ、紙の枚数が8枚も少ないよ」

なんやと! 8枚と言ったら16日分。
2冊だったら一か月分も少ないことになるではないか。
4冊で1年分が納まらんやないかー!






↑A5のキャンパスは歌詞カード用に買ったのよクリックしてね。




パーセント
[ 2024/04/06 07:25 ] 納得できん | TB(0) | CM(2)

近くで見てました

職場のお隣の解体工事はかなり進んだ。
もはや、ブルーの3階建ての建物は跡形もない。
大きな松の木は切られ、その根っこも掘り起された。
その横にあった記念碑のような庭石はどこかに運ばれて行った。

しばらく前からは鉄骨の基礎を掘り起こす作業に掛かっていた。
この期間が一番音がやかましかったのではないだろうか。
それもそのはず、巨大なコンクリートの塊を掘り起こし、
ユンボの先端のパーツを削岩機取り換え、砕き続けていたのだ。

作業は私のイメージとは違っていた。
ともかく壊したらどこかにダンプで運んでいくと思っていたのだが。
なかなか細かい分別を現場でやっている。
建物があるうちは、ゴムや電線やガラス、金属を分けるのもわかるが、
基礎部分だけになってからも機械と人力で細かく仕分けている。

ともかくコンクリートの塊は砕けるだけ砕き、
中に入っている鉄筋はちゃんとそれだけで集めているのだ。
ユンボは大きいのが2台、先端をいろいろ取り換えて作業している。
1台はヤシガニのような恐ろしいはさみ、
もう一台は土砂をすくうバケットだ。

で、今日はそのバケットの秘密を知ってしまった。
ずっとガガガガ、ガガガガとやかましいと思っていたら、
バケットがメッシュ風になっていて、土を落としがれきだけを撤去していた。
つまりふるいを掛ける作業をしているのだ。

土地の隅っこ、以前外付けらせん階段のあったところは大きな穴だ。
鉄骨の基礎をコンクリートごと引っこ抜いたのだと思う。
おそらく、ふるいを掛けたがれきはどこかに運んでいき、
残った土で埋める予定なのだろう。
と、こんな報告や予測ができるのも細密に観察しているからだ。


さて、本日は新たな動きがあった。
建物でなく、駐車場の方にはウチとの境に腰ぐらいの高さの塀があった。
これが撤去された。
撤去って、こっそり持って行くわけではなく、ユンボのアームで粉砕だ。

コンクリートブロックや石的な塊はどんどんダンプが運んでいく。
だから、がれきや土に分けられた山がいくつかと、金属用コンテナ、
それだけが残っている感じになっている。
腰の高さの塀が無くなっただけでも、視界の広さがずいぶん変わった。

駐車場はアスファルトが剥され始めた。
マンホールがあったが、その穴はどう処理されるのだろう。
会社帰りにはときどき前の歩道橋に上ってみる。
ああ、ここは間もなく空き地になってしまうのだなあ。

そうなると、これから夏にかけて、草が生えるだろうなあ。
店の反対側みたいに、おばあちゃんが野菜を作って世話したりしないし。
今がチャンスなんだけどなあ。
ユンボで黒土でも入れてくれないかなあ。





↑ともかく静かになってもらいたいなあクリックしてね。





巨大化
[ 2024/04/05 06:56 ] 世間話 | TB(0) | CM(2)

ブルーがオレンジに

火曜日は久しぶりにいつもの居酒屋に飲みに行った。
カウンターに常連は一人。
あとは女将さんだけだが、カウンターも座敷も予約が多いようだ。
そのうちバイトのМえが来て、席もだんだん埋まっていった。
7時ごろには、ほぼ満席になっていた。

7時と言えば、いつもなら常連のスキンヘッド1号に電話を掛ける時間だ。
一人で家にいるはずの1号に「出て来なさい」とМえが命令するのだ。
しかし、この日はお客が多すぎて、Мえにそんな余裕はない。
なので私が代理で「満員だから来るな」とLINEを送った。


さて、1号が来るか来ないかとなると、ひとつ考えるべき要素がある。
つまり、1号が巨人ファン、店の女将さん夫婦が中日ファンということだ。
巨人が負けていると1号は来なかったりする。
逆にオーナーは、中日が負けていると女将さんを迎えに来るときしか来ない。
野球に興味のない私やバイトの女子たちは様子を見ている。

先日は巨人が勝ったということで、1号が店から電話を掛けたらしい。
「やかましわ」と言って切るオーナー。
ま、どうしても分が悪いのは、オーナーと女将さん
つまり、中日側なのだ。

「来るな」とは「来い」であるということを理解している1号。
ちゃんと来るから偉い。
だって、3対0で巨人が勝っていたのだから。
女将さんは忙しい仕事の間にチラッとテレビを観てイライラしていた。
オーナーは来る気配がない。

しかし、店が忙しくて女将さんがヘルプを要請した。
仕方なくやってきたオーナー。
その時中日は2点を取っていた。
私は忙しい女将さんに「1点返した」とか「今チャンス」とか伝えていた。


さて、私は野球に興味はないが、9時からのお笑い番組を観たかった。
なのでちょっと強引に「帰る」オーラを出していた。
それに便乗して1号もお勘定をした。
巨人と中日は3対3の同点になっていたのだ。

店を出たのが9時を過ぎいたのだから、番組開始には間に合わなかった。
ちづるが録画してくれてたので、他の特番を見てうだうだ時間を潰していた。
ぼんやりと11時からのニュースを見たら、中日が勝っているではないか。
これは1号に連絡を取らねばならない。

「そういえば野球ってどうなったっけ?」とLINEを送った。
「逆転負け」とだけ返ってきた。
次の日、そのことをМえにLINEで送ったら、

「私もニュース見て電話かけたら『殴ったろか』っていわれたー」

という返事だった。
いろいろと細かいことで忙しい。






↑同点になったら1号がテレビを鑑定団にしてくれたのよクリックしてね。




色違い
[ 2024/04/04 06:46 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(4)

スドバデ

私は出勤の日は、毎朝納豆を食べる。
ゆで卵を持って行く日はめひび納豆を、そうでない日は卵納豆だ。
納豆単独の粘度より、ごはんを混ぜてかき込みやすいからだ。
卵の時はたれは半分、めひびのときはそちらに味がついてるからたれは無しだ。
これでわかるように私は健康オタクだ。

だから私はもっと健康を取り入れたい。
なので納豆とみそ汁には黒酢を入れている。
黒酢はボトルからホットドッグ用ケチャップみたいな容器に移してあり、
先端の細い口から「ぴゅー」と出せるようになっている。
最近は慣れてきたので、入れる酢量が増えてきた。


その日の朝も私は酢を入れようとしていた。
ただその日の私は普段よりハイレベルにぼーっとしていたかもしれない。
先端の細いふたを取るつもりが、酢を入れるときに使う大きなふたを開けていた。
ネジを回す方向が同じなので、持ち方によってはゆるい方が回るのだ。
それに気づかず、私は「ぴゅー」のつもりで酢を入れた。

ラーメンにコショウを掛けようとして、内ブタが取れてドバっと出た、
なんて経験は誰でも一度ぐらいはあるだろう。
それの酢版だ。
コップの酢を掛けたのと同じ理屈だから、軽くヤクルト1本分ぐらいは入った。

この日はめひび納豆だった。
よーく混ぜてあったから個体と液体の中間ぐらいになっていた。
あわてて上に溜っている酢をほかの容器に移そうとしたが、
器を傾けるとめひびや納豆も積極的に出て来ようとする。
他の容器に移せた酢はほんの少しだった。

これが醤油だったら、塩分は健康に良くないので廃棄となっただろう。
しかし、相手は酢だ。
酢は摂り過ぎたらよくないと聞いたことがない。
まあ難があるとしたら酸っぱいことぐらいだろうか。
私はその酢を受け入れることにした。
少しだけ移せた分は、みそ汁に入れてしまおう。


あ~すっぱい。
こんなにすっぱいごはんを食べながら、なんでらっきょなど食わねばならんのか。
めひび納豆ごはんを平らげて、その器をすすぐのに入れたみそ汁もすっぱい。
ボーコーに刺激を与えるほどすっぱい。

そうそう、酢が体に良くない事例を一つだけ思い出した。
あまり大量に摂ると、胃酸過多と同じ状態になり、胃が荒れるのだ。
なので会社に着いた頃からなんだか胸焼けっぽい感じになっていた。
10時のおやつにゆで卵があってよかった。






↑朝は牛乳も飲んだけどクリックしてね。




ぐにゃり
[ 2024/04/03 06:43 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)

五分咲き春衣装

この冬は温いぞ温いぞと早くから言われていて確かに温くて、
それがいよいよ春が近づいてきたら急に寒くなり始め、
桜イベントのタイミングだけ狂わせたかと思ったら暑いぐらいになり、
おいちょっと落ち着け気温、と言いたい新年度。

先週末は,長袖ヒートテックにトレーナー、防寒ベスト、作業服。
さすがにレッグウォーマーとヤッケはいらなかったが、
天気が悪くて徒歩通勤ができなかったので冬仕様だった。
それが土日の畑は暑いぐらいで、着ていったベストを脱ぎ、
しかし、日曜の夜のみそか寄席は薄着だとちょっと寒い感じ。

ただ、月曜からの予報では20度を超えるところがあるというではないか。
天気もいいし衣替えをしなくてはいけない。
ということで、日曜の午後は押し入れの衣装ケースを出して大騒動だ。
面倒なので作業服も夏服に切り替えてしまった。


で、月曜の朝、温度計の数値はビックリするような数字で、
天気も上々、先週一度しかできなかった徒歩通勤に決まり。
朝食後の仮眠からは7時45分のアラームで起きる。
さて着換えだ。

肌着は半そで、靴下は薄いやつ、作業ズボンも夏物、
トレーナーはいっしょだがベストは無しで上着も薄いやつだ。
ニット帽は全部洗って仕舞ったので、速乾性の布の後ろで縛る被り物。
手ぬぐいも冬の柄の物はしまって、夏向けの物を出した。

注意しなければならないのはポケットに入れるものだ。
上着の胸ポケットには目薬とリップクリームとボールペン。
家の鍵はここ、折りたたみメガネはここ、ヘッドホンはここ。
そうそう、ベストをやめたからスマホのポケットがなくなった。
なのでベルトに着けるスマホケースを出さなくては。

リュックと食料袋の持ち物は今までといっしょ。
薄着になったけど、玄関を出ても寒くない。
むしろ会社に着いたときに汗だくになってないか心配だ。
あまりペースを上げずに歩くとしよう。
到着したときにはちょうどいいぐらいに体が暖まっている感じだった。


さて、では発表しよう。
この日の忘れ物は二つ。
お昼につまむ炒り大豆と読みかけの本でした。
うおお~、気温は高いが寂しい昼休み~





↑新人さんは4月15日からだそうでクリックしてね。





いつもの手法
[ 2024/04/02 06:51 ] ワシのこと | TB(0) | CM(4)

三歩進んで二歩下がる男

日曜の朝、とても暖かい。
とはいえまだ三月だからシャツの上に薄い長袖トレーナーを着る。
畑に行ったら汗をかくだろうが、食事に行くときは着替えよう。
タオルとお茶を持ち、準備は完成。
と思ったけど、昨日畑に着ていった畑用シャツを着ていく予定だった。
トレーナーを脱いで、畑用のボタンのシャツを着る。

タオルとお茶を持ち、玄関の鍵をかけ車に乗り込む。
エンジンがかからない。
車のキーを持ってなかった。
だとしたらなんで車に乗り込めたのだ。
ロックするのを忘れていた。
玄関の鍵を開けて車のキーを取りに行き、出発。


畑に行き、土曜の作業の続きをする。
畑の隅の土をほぐし、ふるいにかけて草の根っこを取り、
土と、根っこと、根っこ混じりのダマ土に分ける。
土は元の位置に戻し、根っこは干し、ダマ土は境目の土手に積む。
1時間半の作業で1メートルも進まず、夏野菜の植え付けまでに間に合うのか。

根っこ取り

帰宅後、食事に出かけ、スーパーで買い物をして帰宅。
昨日買ったゴボウと夜のおつまみ用に煮ようと思った干しダイコンを戻す。
数年前に残り物ダイコンを自宅で干し、長らく冷凍室に眠っていたやつだ。
水にさらしてから気付く。
今夜はみそか寄席ではないか。

午後、本を読み、うたた寝し、リビングに移動し、仮眠した。
笑点の時間に起き、仮夕食を食べ、笑点が終わったら出発だ。
みそか寄席はトイレに自由に行けないので緊張する。
ギリギリの時間に行っておいた。

みそか寄席が終わって、アンケートを書いて、トイレに行く。
あ、帽子がない、と思って片づけ中の会場に戻る。
片づけ中のスタッフさんに「すいませーん」とヘラヘラしながら逃げてくる。
桂文我さんおススメの桜のお飾りがあると聞いたのに慌てていて撮れず。
コンビニで買い物をして帰宅。

買ってきたもので一杯飲もうと思ったら、干しダイコンが戻してある。
ゴボウと煮ようと思っていたのだが、増えた大根にゴボウを入れる余地なし。
大根を単独で煮ながら、一杯飲む。
いっしょにみそか寄席に行った友人Fに、お飾りの写真を送ってもらう。

春の飾り

こうしてのどかに一日が、また三月が終わったとほっと息をつく。
ちづるからみそか寄席代と、コンビニで買ったTarzan代を請求される。






↑今日から新人が来るので緊張してますクリックしてね。




おわび
[ 2024/04/01 06:40 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム