fc2ブログ
2024 0112345678910111213141516171819202122232425262728292024 03
月別アーカイブ  [ 2024年02月 ] 

新たなる大豆の在庫

あの作戦は失敗だった。
このブログをお読みの皆さんにおきましては「なんのこっちゃ」であろう。
すごーくうっすら登場させたあの作戦のことだ。

1月29日『強制お土産』でいつもの居酒屋の臨時バイトAりが、
どこかのお土産でわらび餅を買って来てくれたことを書いた。
2月2日『ノンノン生活』では、残ったきな粉を消費するために、
餅を買ってきたことをそれとなく紹介している。
2月5日『タランモン』では、「きな粉餅を食べなくては」と、
まだそれが食べられていないことをほのめかした。

それをやっと日曜の朝食に食べたのだ。
考えてみればあほうな作戦だ。
ダイエットだシェイプアップだと言いながら、
わずかなタンパク質をもったいながって、糖質のカタマリを買うなんて。
とはいえ、餅は好物なのだ。

ちづるが買ってきたのは10個入りの丸餅。
残ったら今年まだ食べていないダイコンおろし餅をするとしよう。
で、ともかく、オーブントースターで焼いてみた。
しばらくすると普通に膨らんできたのだが、
案外表面がカサカサのままで、きな粉がくっつくようには見えない。

実家では、焼いた餅を塩湯につけてきな粉をまぶしていた。
そうするかとちづるに訊いたら、めんどくさいらしく拒否された。
なので、そんなにねとねとではない餅を電子レンジにかけた。
こうしたらぶわ~っとふくらんで粉に絡むようになるだろう。

膨らんだ餅を皿に取り、きな粉を全部かけてみた。
なのに不思議なぐらいくっつかない。
このきな粉を砂時計にしたいぐらい、サラサラと落ちてしまう。
きな粉餅とはつきたての餅でなくてはできないものなのだ。
仕方ないので餅をかじってはスプーンできな粉をすくって食べる方式になった。

ここでもう一つの問題が浮上した。
きな粉に味がついていないのだ。
あの甘みはわらび餅の方についていたらしい。
こうなるときな粉は、障害物レースの飴探しの粉に等しい。
もちろん、餅6個と大量のきな粉は残った。

いっしょにこのわらび餅をもらったМえにどうしたか訊いてみた。

「もったいないけど捨てたよ。使い道ないもん」

なるほど、最初にそうするべきだった。
だが、わらび餅の箱から皿に移してしまった限りはもう捨てられない。
その後、きな粉は別の保存容器に移され、私が朝の牛乳に混ぜて飲んでいる。
餅に動きはまだない。






↑黒蜜買おうかとちょっと思ったクリックしてね。




こな
スポンサーサイト



[ 2024/02/07 06:55 ] | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム